1. TOP
  2. アニメ
  3. 鉄腕アトムは昭和を代表するスーパーキャラクター

鉄腕アトムは昭和を代表するスーパーキャラクター

「鉄腕アトム」は御存じ漫画の神様と言われる手塚治虫の代表作の一つです。

1951年に連載された「アトム大使」のキャラクターから生まれた「鉄腕アトム」は1952年~1968年にかけて漫画雑誌「少年」に連載され、1963年にテレビアニメ化(第1作モノクロ版)、国産初の本格テレビアニメでした。1980年には第2作(昭和カラー版)が制作されました。

子供の頃人気があり憧れていた「鉄腕アトム」を思い起こしてみましょう。

 

ドカベンについては、こちらの記事に書いてあります。
>>>「ドカベン」は魅力あふれる多彩なキャラの宝庫!あなたが好きだったのは?

 

あらすじとアトム誕生

「鉄腕アトム」は、人間の感情を持った少年型ロボットのアトムが原子力(のちに核融合)を動力に、10万馬力のパワーで活躍する物語。

科学省長官の天馬博士は息子の飛雄(とびお)を交通事故で亡くしてしまいます。天馬博士は科学省の英知を結集して飛雄そっくりのロボットを製作し、最初は息子のように可愛がりますが、成長しないロボットの飛雄に愛情が冷めロボットサーカスに売り払ってしまうのです。

そのサーカスでロボットの飛雄はアトムという名前をつけられ働かされるようになります。お茶の水博士が、科学省長官に新たに就任しロボットに人と同等の権利を与えるために尽力した結果、アトムは自由を得てお茶の水博士のもとへ引き取られます。

お茶の水博士がプレゼントした両親のロボットと一緒に、生活してアトムは小学校へ通い始めます。

ひとたび事件が発生すると、アトムはその正義感とパワーで勇敢に悪と戦い、数々の事件を解決していくのです。

 

アトムの凄い7つの威力

出典:http://tezukaosamu.net/special/atom/images/07_03.png

アトムは「7つの威力」という凄い能力を持っています。漫画やアニメの作品や時期によって少し設定が変更されていますが、代表的なものを挙げてみましょう。当時子供ながらワクワクするものばかりでした。

 

(1)電子頭脳

超難問も瞬時に計算でき、善い人と悪い人を見分ける力があり、難しい装置の操作もお手のもの。記憶能力も優れている電子頭脳は、当時桁外れのスーパーコンピューターです。

 

(2)人工声帯

地球上のほとんどの言葉を話し、宇宙人との会話も可能な人工声帯を持っています。この能力も電子頭脳があってこそなのでしょう。

 

(3)聴力1000倍

聴力を1000倍にアップすることができます。悪者たち策略を聞きつけたり、敵の襲撃を察知したり、遠く離れた人を捜し出したりすることができるので、色々な場面においてで役立つことが多いです。

 

(4)サーチライトの目

暗闇での行動には欠かせない機能です。戦闘中には目くらましにもなり、見たものを記録することもできます。

 

(5)10万馬力

10万馬力のとてつもないパワーと優れた頭脳に、優しく豊かな心を併せ持ったアトムは最強で最高に素晴らしいロボットです。

 

(6)足のジェットエンジン

アトムが足からジェットの炎を噴射して空を飛ぶ姿は、これぞアトムというかっこよさですよね。宇宙ではロケットエンジンに切り替えてマッハ20で飛ぶことが可能です。

 

(7)お尻から出るマシンガン

お尻からマシンガンが出て攻撃するという、とてもユニークな武器です。1分間に何百発も発射できるのが特徴。お茶の水博士が追加改造した機能でもあります。

 

お茶の水博士

出典:http://blog-imgs-87.fc2.com/k/o/j/kojimori/mig.jpg

アトムと言えば、一緒にお茶の水博士をイメージする人も多いのではないでしょうか。大きな鼻に、側頭部の玉のようなボサボサ髪がトレードマーク。一度見たら忘れないとてもインパクトがあるキャラクターですね。

ロボットにも人権が必要という考えで「ロボットは人間の友達」と主張する科学省長官です。アトムの良き後見人で、アトムに人間の心や正義などを教育する「育ての親」的な存在です。生みの親と思っていた人もいると思いますが、生みの親は天馬博士なのです。

 

ウラン

出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggV2bn2WpMzo708MOknhMMpw—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1265458832

お茶の水博士がアトムの誕生日プレゼントに、妹として製作したロボット。アトムのような多くの能力はありませんが10万馬力のパワーを持ちます。おてんばな一面もありますが、兄想いの優しい性格なので、ウランのファンも多いのでは。

 

コバルト

出典:http://www.begets.co.jp/tvmanga/feature/hayako/img/p_uran.gif

原作ではお茶の水博士が作ったアトムの同型機の弟ロボットで、アニメ第1作では天馬博士がアトムの前に作っていて科学省の倉庫から見つかった兄ロボットなのです。

アトムと同じ設計のはずなのですが、アトムより少し背が高くて痩せ型でちょっとボーッとした表情をしているところが特徴的です。アトムの精巧さと対比してアトムを際立たせるためのキャラクターなのでしょう。

アトムと共通な部品がほとんどであり、アトムが故障して修理が必要なときにコバルトは自身の部品を提供するなど、献身的なところが好きでした。

 

ヒゲオヤジ(伴俊作:ばんしゅんさく)

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/10/bd/c85c3d4423c6a8580dff64d07c59dd0e.jpg

お茶の水小学校の教師でアトムたちの担任でアトムの良き理解者。垂れ下がった白く立派な口髭がトレードマーク。ヒゲオヤジは手塚治虫の作品にたびたび登場する名物キャラクターでもあるのです。

 

地球を救ったアトムの最終回は感動的

太陽の活動が異常になる暴走を起し、地球の気温が急激に上昇し始める危機に瀕してしまいます。アトムは地球を救うために、太陽の活動を抑える核融合抑制装置カプセルのロケットを抱えて太陽に突っ込んでいきます。

アトムが地球を救うという感動的な最終回でしたが、このシーンには可哀想だと言う声も多く、子供たちには衝撃的な最終回でもありました。

「アトム死なないで!」などとても反響が大きく、アトムの継続を要望する手紙や電話がテレビ局などに多く寄せられました。

 

主題歌も有名な鉄腕アトム

出典:http://image01.wiki.livedoor.jp/e/3/ebatan3/b5635bca49d9940f.jpg

「空をこえて ラララ 星のかなた♪ ゆくぞ アトム ジェットのかぎり♪ 心やさし ラララ 科学の子♪ 10万馬力だ 鉄腕アトム♪」

昭和を知る人は何度となく口ずさんだり、聞き覚えのある曲だと思います。運動会などイベントを盛り上げる応援曲としても流れたりしていました。野球の応援曲としても甲子園などでよく耳にしますね。

 

現在のロボット技術の発展に貢献

「鉄腕アトム」の漫画を読んだり、アニメを見て育った多くの子供たちがアトムに憧れ、ロボットに興味を持ちロボット技術者や学者になることを夢見たことでしょう。

現在のロボット技術の発展に貢献してきたともいえる「鉄腕アトム」、今から65年以上も前にこの作品を描いた手塚治虫は本当に凄いですね。

 

キャプテン翼については、こちらの記事を読んでみてくださいね!
>>>キャプテン翼は漫画とアニメで世界的に有名

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

アキラ

昭和を長く生きてきたので、皆さんと一緒に昭和を懐かしめたら嬉しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の即席カレールウはカレーを国民食にした大ヒット商品

  • 昭和のアニソンで男性がよく歌う曲を特集しました

  • 70年代に一世を風靡した「スーパーカーブーム」お気に入りの名車は?

  • プロゴルファー猿はゴルフの魅力を子供たちに伝えた作品