1. TOP
  2. アニメ
  3. ど根性ガエルは躍動感溢れるアニメ!ピョン吉&ひろしの友情が熱かった!

ど根性ガエルは躍動感溢れるアニメ!ピョン吉&ひろしの友情が熱かった!

ど根性ガエルは週刊少年ジャンプで1970年から6年間連載されました。テレビアニメ化したのは、1972年。

普通なら起こらない出来事の中、日常生活とも結びつけられていた内容がとても印象的。今回はど根性ガエルの魅力についてお伝えしていきましょう。

 

ハクション大魔王については、こちらの記事に書いてあります。
>>>ハクション大魔王には夢が溢れていた!アクビちゃんも大人気!

 

ど根性ガエルのあらすじ

カエルのピョン吉が原っぱにいたら、地元の中学生のひろしが石につまずいて倒れてつぶれてしまうはずが…。ピョン吉はひろしのTシャツに張り付いいのです。そして、平面ガエルとしてこれから生きていくことに。

本来なら考えられないですが、生命力を感じてピョン吉を応援したい気持ちになった人も多いのでは。その他多くの登場人物が魅力的なアニメですが、中には恋愛や友情、そして人情に関連する場面も。目が離せないアニメでしたね。

 

ひろし&ピョン吉について

ど根性ガエルと言えば、思い出すのはひろしとピョン吉とのやりとりですよね。ではひろしとピョン吉、それぞれの性格や特徴について見ていきましょう。

 

貝塚ひろし(ひろし)

出典:http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/t/mitokohmon02/2015081712285022d.jpg

ひろしはこの物語の主人公です。なんとなくイメージでは、ピョン吉が主人公のように思いますが、実はひろしが主人公。ひろしは元気であわてんぼうの中学生2年生です。

勉強が苦手で授業を真面目に聞かなかったり遅刻が多かったり。でも喧嘩となると、番長のゴリライモ並の強さを持っています。好きな食べ物はお寿司です。大きなサングラスをかけているのが印象的ですが、これは幼なじみのくに子にもらった大切なもの。

 

ピョン吉

出典:http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/t/mitokohmon02/20150817152517f93.jpg

ひろしにつぶされても、根性でひろしのTシャツに張り付いて生き続けています。言葉もしゃべるようになる成長には、本当に感動しました。

いつもひろしはピョン吉のシャツを着ていますが、理由としてはこのシャツがひろしにとって一張羅であることも関係しています。

結果として、ひろしとはいつも行動をよくしています。蛇がとても苦手ですが噛みつく力がとても強くて、喧嘩をした時にはその強さに驚く人もいたはず。

ひろしのために勇敢に戦ったピョン吉の姿もありました。洗濯機で洗われると目を回してしまうので、洗濯板とたらいで手洗いをしてもらっています。

 

ひろしのクラスメイト

出典:https://s1-ssl.dmcdn.net/MUEgB/1280×720-wQr.jpg

ひろしのクラスメイトで目立つのは吉沢京子(京子ちゃん)。ひろしのガールフレンドで、ヒロインでもあります。明るくて活発な美少女。時々ひろしと喧嘩をしますが、元々は仲良しです。

両親ともに、ひろしをボーイフレンドとして認めてくれています。五利良イモ太郎(ゴリライモ)の存在も、目立ちますよね。ひろしたちと同じ中学の1年先輩なので中学3年生です。

ガキ大将ですが、実はゴリライモも京子が好きという設定。ひろしとはライバルではありますが、喧嘩友達の雰囲気で、ひろしの喧嘩に対して助太刀をしてくれることもあります。稼業の魚屋を手伝い、猫を可愛がる一面も。

 

梅さんの存在

出典:http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/t/mitokohmon02/20150817123447790.jpg

梅さんは、佐川梅三郎という名前で寿司屋の若い職人です。勤めている寿司屋の旦那とはしょっちゅう喧嘩をしていますが、ヨシ子先生に一目惚れをして、授業中に教室の窓からヨシコ先生を眺めている場面も。

大きなアゴが男らしさを感じさせますよね。ケガをしそうな場面はたくさんあるのですが、結果として無傷な時もある、とても強靭な肉体の持ち主です。南先生とのヨシコ先生をめぐる争いも印象的でした。

終盤ではヨシコ先生との恋を成就させて、2年間寿司屋のハワイ店を立ち上げるために渡米します。とても努力家で魅力のある人物です。

 

ヨシコ先生はどんな先生?

ヨシコ先生は、山中ヨシコという名前で、ひろし達の中学生の女性教師です。美人でスタイルも良いので、生徒にも大人気。

梅さんからの熱烈なアタックを受けながらも心を決められずにいましたが、梅さんの温かい人柄や男らしさに段々と惹かれていきます。南先生からも好かれていましたが、ヨシコ先生は梅さんを選んだのです。

原作としては、梅さんと結ばれることを想定した終わり方をしています。今思えばとてもお似合いの二人ですね。

 

ひろしのお母さんはどんな人?

出典:http://corobuzz.com/wp-content/uploads/2015/08/dg1.jpg

ひろしのお母さんは、仕立屋の仕事をしながら、女手ひとつでひろしを育てています。厳しいお母さんですが、とても明るくて優しい女性。ピョン吉の存在についても快く受け入れてくれる包容力を感じました。

 

主題歌を聴けばすぐに分かる人も!

出典:http://www.nax.ne.jp/~rider/analog/boxrecord/dokonjyougaeru.jpg

ど根性ガエルの主題歌は、ピョコン ペタン ピッタンコ のフレーズが新鮮だったあの曲です。

ピョン吉の普段の生活をイメージさせる歌詞ですね。とても明るくて元気の出るメロディなので、これを聴いて「今から始まる!」とワクワクした人は多いでしょう。第53回から、オープニングに使用された映像が変更されました。

エンディングテーマについては、(第1回~6回、78回、90回)は「ど根性でヤンス」。(第27回~第46回、第91回~最終回)は「ど根性ガエル音頭」、(第47回~第77回)「ど根性ガエルマーチ」と、かなりバラエティに富んでいました。エンディングか変わっているたびに、嬉しい気持ちになったのを覚えています。

 

挿入歌も色々あった

実はよく耳にする挿入歌に使われていたのも、ど根性ガエルの魅力でした。例えば宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」や、森昌子の「せんせい」など。

他にも挿入歌に歌謡曲が使われているので、馴染みのあるアニメだと思ったのは子どもだけではなくて大人も同じだったかもしれません。

 

最終回はどんな感じ?

アニメでの最終回は、ドタバタした感じでまだまだこれから話が続くような終わり方でした。チャリティーの時に、ピョン吉がお金を飲み込んでひろしが出させようとします。

これが最終回?と思うような雰囲気でしたが、原作ではもっと深いラストだったのです。原作ではピョン吉は、同じ平面ガエルのビッキーちゃんと結婚をして、たくさんのおたまじゃくしと暮らしています。

とても深いラストですので、原作とアニメとのラストの違いを見てみるのも面白いはず。

 

ど根性ガエルに根性をもらった人も!

ど根性ガエルは、ギャグマンガではありますが感動をする場面も多かったです。お互いを大切にし合う、ひろしとピョン吉の姿には学ぶところが多くありました。

そして、たくさんの人に囲まれながら成長していくひろしとピョン吉の姿に、毎回励まされた人もいたと思います。実際にピョン吉Tシャツやトレーナーを着ていた人も、この時代はとても多かったですよね。

 

オバケのQ太郎については、こちらの記事を読んでみてくださいね!
>>>オバケのQ太郎は今も変わらずお茶目で癒される可愛い存在!

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のラブソングで胸が熱くなる曲について

  • 80年代の失恋ソングで時に癒される名曲とは

  • うる星やつらの魅力的な登場人物!あなたは誰が好きですか?

  • エースをねらえ!の岡ひろみとお蝶夫人が魅力的で好きだった!