1. TOP
  2. 遊び
  3. ファミコンソフト「コナミワイワイワールド」は昭和のゲームの豪華コラボ!

ファミコンソフト「コナミワイワイワールド」は昭和のゲームの豪華コラボ!

ファミコンソフトの「コナミワイワイワールド」をご存知でしょうか。リアルタイムで遊んだ筆者が是非ご紹介したいソフトです。今回はコナミワイワイワールドの魅力をお伝えします。

 

グラディウスについては次の記事に書いてあります。

>>>グラディウスは昭和のシューティングゲームの名作!

 

コナミワイワイワールドとは?

http://yellowpaper2.pa.land.to/yellow-paper/game/yyworld.html


この作品は1988年1月14日にコナミから発売されました。主人公はコナミマンとコナミレディですが、なんといってもこのソフトの一番の魅力は色々なゲームの主人公がコラボして一緒に戦えるという所にあります。

基本的には横スクロールのアクションゲームですが、シューティングのステージがあったり謎解き要素があったり、キャラクターの特性を活かさないと先に進めない所があります。

単純にテクニックを駆使するだけではなく頭を使わないと進めない場面があるのも面白い部分だと思います。

各ステージにヒーローが囚われているので救出していくのですが、例えばゴエモンのステージだとゴエモンで実際に使われているような雰囲気のステージや音楽が流れるのでやっていてテンションが上がります。

各ゲームの主人公であるヒーロー達を救出していくという設定もワクワクしました。

コナミゲーム内でのコラボという事もあり、世界観や操作性が上手く統一されていてかなり楽しめたのを覚えています。

 

今ではキングオブファイターズやスマッシュブラザーズのようにコラボ系のゲームは珍しくないですが、当時はそのようなゲームはほとんどなく衝撃的でした。

1つのゲームの中で様々なゲームの主人公を操作できるということもあり、お得感があるゲームだと思いました。

 

 

コナミワイワイワールドに出てくるヒーロー

https://www.youtube.com/watch?v=po65dVEa9qo


コナミワイワイワールドでは、主人公のコナミマンとコナミレディの他にもたくさんのヒーローが出てきます。コナミワイワイワールドに出てくる主人公以外のヒーローについて解説していきます。どのヒーローも昭和のゲームを代表するような個性的なヒーローばかりで人気ソフトの主人公が勢揃いしています。

 

がんばれゴエモン!からくり道中の「ゴエモン」

http://yozda.exblog.jp/22767683/


ゴエモンもよく遊んだゲームの1つです。江戸時代を舞台に走り回って敵を倒すアクションゲームという感じですね。ファミコンだけではなく、スーパーファミコンでもよく遊んでいた記憶があります。コナミを代表する人気シリーズのソフトです。

 

悪魔城ドラキュラの「シモン」

http://www.daily-gamer.com/hard/fc/43.html


ムチを使って戦う格好いい感じのヒーローです。悪魔城ドラキュラという作品自体はあまり当時遊んだ事がなかったので、筆者にとってシモンはコナミワイワイワールドでの印象が強いです。ステージは子供だった筆者には少し怖い感じに見えました。ムチの扱いが少し難しかったように思います。

 

月風魔伝の「フウマ」

http://salyut.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/index.html


フウマを救出するステージは地獄です。おどろおどろしい感じがするステージです。よく考えてみると、コナミの作品は結構グロテスクめな表現が多かったように思います。それが格好いいんですけどね。

 

グーニーズの「マイキー」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm20281586


言わずと知れたグーニーズのマイキーです。映画のグーニーズは当時凄く好きだったので何度も見ました。もちろんファミコンソフトも遊びましたが、クリアした覚えはありません。ファミコンソフトは難しかったように思います。グーニーズ2も出ました。コナミワイワイワールドは色々なゲームの世界観を楽しめるし、難しいステージだけではなく、比較的簡単なステージもあるので上手く気分転換しながらやれたのでクリア出来たんだと思います。

 

グラディウスの「モアイ」

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yamasai/ko-konawai/moai-st.htm


グラディウスのモアイはまさかの採用ですよね。当時、コナミのゲームには結構モアイが出てきました。グラディウスでは敵として出て来るモアイを操作出来るというのは凄い発想です。こういう思い切りがある所、好きです。

 

グラディウスの「ビックバイパー」

https://www25.atwiki.jp/famicomall/pages/878.html


グラディウスもよくやったゲームです。「上上下下左右左右BA」という隠しコマンドはあまりにも有名です。ビックバイパーはグラディウスだけではなく沙羅曼蛇にも登場しますね。コナミのソフトはグロテスクな感じの表現があると先程書きましたが、沙羅曼蛇は衝撃的でした。脳みそに目玉と手が生えたようなボスがいたり、全体的になんともいえない世界観なんです。グラディウスも沙羅曼蛇も面白いです。

 

キングコング2の「キングコング」

http://blogs.yahoo.co.jp/tsu1550/37204726.html


キングコング2は友達の家で遊んだ思い出があります。こうして考えてみると当時は映画がゲームになっているパターン多いですね。実際映画がゲームになるとどんな感じになるのか気になるし、逆にゲームきっかけで映画を見るという流れも考えられます。いい流れが出来ていると思いました。

 

ツインビーの「ツインビー」

http://blog.livedoor.jp/goodgames/archives/8101386.html


ツインビーもよく遊びました。縦スクロールのシューティングゲームです。ベルを撃ちまくって欲しい色に変化させてパワーアップさせていくのが楽しかったです。

コナミワイワイワールドはアクションゲームだけではなくシューティングゲームのステージもあるのでそこも面白いです。縦スクロールのシューティングは、横スクロールのシューティングとはまた違った面白さがあります。

上から俯瞰したような視点のツインビー、グラディウスのような横スクロール、どちらも遊べるコナミワイワイワールドは今から考えてもお得なゲームだと思います。

 

またやりたくなる昭和の名作ゲーム

http://blog.livedoor.jp/goodgames/archives/6841942.html


コナミワイワイワールドは今でもやりたくなるゲームです。今までたくさんのゲームをやってきましたが、10年以上経っても覚えていてまたやりたいと思えるゲームというのは限られます。

昭和の時代にやったゲームを今やるとどんな感じになるのか気になります。まだ小学生だった自分がクリア出来なかったゲームは、今やるとクリア出来るのか。。

コナミワイワイワールドはクリア出来たゲームですが、当時遊んでいたゲームでまだクリア出来ていない物もたくさんあります。

ありえないような難易度の伝説のゲームもたくさんありますよね。そんな中で、簡単すぎず難しすぎず遊べたコナミワイワイワールドだからこそ思い出の中で名作として残っているのだと思います。

WiiUにはバーチャルコンソールという昔のゲームを購入して遊べる機能がありますが、たまにはそういうものを活用して昔のゲームを遊んでみるのもいいかもしれませんね。

 

スーパーマリオブラザーズ3が懐かしい!詳しくはこちらの記事へ!

>>>懐かしいファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ3」は名作ソフト!

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

てつてつ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

  • “ロッチ”偽物ビックリマンに子供が泣いた!?80年代の駄菓子屋付近で見かけた”コスモス”の嘘のようで本当の話

  • 愛しく懐かしい日々!昭和80年代生まれの筆者が過ごした子供時代

  • 昭和後期の子供が夢中になった懐かしいおもちゃ”ミニ四駆”