1. TOP
  2. CM
  3. 懐かしいCMソングと言えば何を思い出しますか?もう一度聴いてみたいあの曲

懐かしいCMソングと言えば何を思い出しますか?もう一度聴いてみたいあの曲

懐かしいCMソングは、子供の頃に聴いたからなのかとてもよく覚えていますよね。なぜこの曲なんだろう?と思いながらも、商品が欲しくなってしまうような曲。今回は懐かしいCMソングをいくつかご紹介していきましょう。

 

懐かしい昭和のCMについては、こちらの記事に書いてあります。

>>>懐かしい昭和のCMでタイムトリップしてみない?

丸大ハンバーグ/丸大食品

出典:http://ka-mato-ru.sub.jp/top/wp-content/uploads/2016/01/%E7%84%A1999999%E9%A1%8C.png


まるで不思議な呪文のように忘れられないフレーズ。「ハイリハイリフレハイリホー」と聴くと、これはどういう意味があるんだろう?と不思議な気持ちになりましたよね。

巨人が出てきて「大きくなれよ」と言うのですが、これがとてもメルヘンでした。丸大ハンバーグを食べると、本当に大きくなれそうな気持ちになりました。しっかり覚えられないフレーズを、替え歌のようにして遊んだ時代もありました。

入れ入れ風呂~のように歌っている子供たちもいましたよね。とにかくこのCMが浸透していたのだと思います。この頃ではこういった特撮はとても新鮮でしたよね。いるはずのない巨人が、とてもインパクトがあったのを覚えています。

 

積水ハウス

出典:http://www.fukui-hp.com/wp-content/themes/fhp/img/cm/cm_sekisui.png


優しい気持ちになれるような素敵な曲です。まさかオリジナルだなんて!と思った人もいるかもしれません。家は自分にとってとても大切なもの。この大切さを感じさせてくれるような歌詞ですね。

季節と共に、住んでいる人と共に家も生きているというように思わせる歌詞です。この曲を聴いて積水ハウスにしよう!と思った人も多いのではないでしょうか。ハウスメーカーで家を建てるのなら、このように歌が印象的なものを選びたい気持ちも。

どのメーカーがいいのか分からないと悩んだ時に、頭の中にこのCMが流れて「積水ハウスに決めた!」と思った家族もいるかもしれません。CMソングはとても威力のあるものですね。

 

CHELSEA(チェルシー)/株式会社明治

出典:https://i.ytimg.com/vi/1G7Ayhy4h_k/hqdefault.jpg


「チェルシーの唄」は、とても記憶に残りやすい曲でした。たくさんのアーティストがカバーしていることでも有名です。小さな幸せの大切さを思い出させてくれるような歌詞が、心に響きます。

この曲を聴くと、やはりチェルシーを買いに行きたくなりますよね。女の子たちが出ているCMが特に印象的です。とても可愛くて綺麗な雰囲気でした。チェルシーの曲と共に、この女の子たちもチェルシーのイメージとピッタリ。

あなたにもチェルシーあげたいと外国の女の子が言うのですが、これを真似して言い合っていたような時代もありました。スーパーに行くと、この声がなぜか頭に浮かんできてチェルシーが欲しくなったり。CMのパワーは本当にすごいなとその頃感じました。

優しい広がりを感じる、とても素敵な曲です。チェルシーの唄を録音した、歴代アーティストの様々なバージョンをもっと聴いてみたくなる名曲ですね。

 

ぽん酢しょうゆ/キッコーマン

出典:http://livedoor.blogimg.jp/gq1023/imgs/d/6/d6c271a9.jpg


しあわせって何だっけ何だっけ~と明石さんまの曲が流れるのですが「ぽん酢しょうゆのあるうちさ」のように歌詞が変わっているので、子供の頃に「そうか…ぽん酢しょうゆがあると幸せになれるのかも」と思ったりしました。

明石家さんまの代表曲として「しあわせって何だっけ」が1986年に発売されています。原曲は変ホ長調ですが、CMではヘ長調になっています。両方を聴き比べると、違いを感じて楽しいかもしれませんね。

明石家さんまは、この頃特にカッコ良かったですよね。このCMはかなり鮮明に覚えていますが、今までぽん酢しょうゆの美味しさを分からなかった自分でも、これからはぽん酢しょうゆもいいな…と思ったりしました。

明石家さんまとこの曲が与える影響力は、とても強いものだったんですね。

 

青雲/株式会社 日本香堂

出典:http://ji-mo.jp/okap/wp-content/blogs.dir/104/wp292/uploads/6445c84b.jpg


綺麗な青い空に凧を飛ばせているCMですが、コーラスのような曲でかなりインパクトがありますよね。今も流れているCMですが、短い歌詞の中にもとても深いものを感じます。

子供の頃から見ていたCMがまだ今でも流れていると思うと、嬉しい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

懐かしいCMソングの中でも、心に浮かぶ人はとても多いと思います。CMを見た後になぜかとても心が安らぐような。とても映像と曲が合っているCMですよね。

 

わかめラーメン/エースコック株式会社

出典:http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/16/ah_wakame010.jpg


石立鉄男と新体操のお姉さんが出ているCMを覚えていますか。「わかめスキスキピチピチ~」と歌っている姿が印象的で、石立鉄男の「お前はどこのわかめじゃ?」のセリフも懐かしいですね。

わかめラーメンを食べてみたい!と思うような、とても明るくて楽しいCMでした。普段はあまりカップラーメンを食べませんでしたが、わかめラーメンと聞くと健康的なイメージがあり、食べたくなり買って食べました。

あっさりしていてとても食べやすくて、今でもとても好きです。この楽しいCMがあったからこそ、わかめラーメンを買ってみよう!と思えたので、かなり影響力のあるCMだったと思います。

 

スコーン/株式会社湖池屋

出典:https://prtimes.jp/api/movieim.php?t=youtube&url=www.youtube.com/watch?v=_GwA3ZlDvHE


ダンスをしている人たちが印象的なCMでした。「スコーンスコーンコイケヤスコーン」という言葉と共にダンスを踊るのですが、このメロディが頭から離れなくなり、スーパーに行くとこのお菓子が食べたくなってしまうのです。

ダンスと商品名を入れたリズムは、とても新鮮な気持ちになりましたよね。とても短いフレーズの中に、カリットサクットおいしいスコーン!と聞くと、かなり興味がわきました。ダラダラと商品名を言うよりも、ずっと効果的だと思います。

それを社交ダンスと合わせたことにより、このお菓子もCMもとても人気が出たそうです。

 

マクドナルド

出典:https://i.ytimg.com/vi/P_7CJLhKWig/hqdefault.jpg


「世界のことばマクドナルド~」とCMソングが流れていましたよね。おいしい笑顔 うれしい出会い のような幸せな言葉が歌詞に並んでいました。子供たちの笑顔により、この曲が更にマクドナルドの印象を良くしていたように思います。

この曲を聴くと「マクドナルドが食べたい」と思わせてくれるような、明るくて優しいメロディだったと思います。

 

懐かしいCMソングで新しい発見も!

CMはとても大切なものですよね。懐かしいCMソングがふと流れると、嬉しい気持ちになる時もあります。

昭和に見たCMの中で流れていたCMソングには、まだまだ魅力的なものがたくさんありました。これからも使われ続けていくような曲も多いのではないでしょうか。昔聴いたCMソングをもう一度聴きたい!と思い動画サイトで観る人も多いのでは。

 

・鉄骨飲料
・アクエリアスレモン
・はちみつレモン
などの詳しい内容はこちらをチェックしてみてくださいね!

>>>懐かしい!飲み物にまた出会える時が来るかも。これあった!飲み物集合

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 80年代のバンドについて引き続き特集します!

  • 昭和の失恋ソングの中で1970年代のものを特集しました

  • 70年代の名曲は数多い…あなたにとっての思い出の曲とは

  • 80年代のラブソング…忘れたくない名曲特集