1. TOP
  2. 人物
  3. 70年代から輝いてるハリウッド女優ダイアン・レインの昔と今!

70年代から輝いてるハリウッド女優ダイアン・レインの昔と今!

70年代のハリウッド女優さんのなかでは若手としてスタートしたダイアン・レイン。青春映画には必ず出演していた人気女優さんで、日本の映画雑誌の表紙もよく飾っていましたね。

70年代の女優さんは大物スターが多いなか、ダイアン・レインやジョディ・フォスターなどの若い女優さんが続々注目を浴びはじめた時期です。

テレビの映画番組の吹き替えで最初に観た懐かしい恋愛映画。涼しげな眼差しがとても印象的で当時すぐに大ファンになった記憶があります。

そこで早速ですが、子役から活躍している70年代のハリウッド女優、ダイアン・レインの昔と今を見ていきましょう。

 

50年代のハリウッド女優については、こちらの記事に書いてあります。
>>>50年代のハリウッドでとてもポピュラーだった女優さん大集合!

 

生い立ちについて

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41r7VtJbocL.jpg


1965年1月22日、ニューヨーク生まれ。母親のコリーン・ファリングトンはナイトクラブのシンガーでプレイボーイの雑誌にも登場するモデルさん。

父親のバートン・レインは演技指導者として活躍しながら、ニューヨークでタクシードライバーをして生計を立てていました。

ダイアンが13歳の時に両親が別居。養育権を父親が獲得してからは一緒に暮らしはじめ、ニューヨークのホテルを転々と渡りあるくような生活をしたといわれています。

移動はもちろん父親が運転するタクシー。ダイアンが15歳になると、いよいよ父親からも独立宣言をしてロスアンゼルスに向かって旅立ちます。

しかし15歳という年齢では、世の中もわからずすぐにニューヨークに住む友達の家に転がり込むことに。ここでは家賃を払いながら慎ましく生活を続けます。

そんな矢先に母親に強制的にジョージア州に連れていかれてしまったダイアン。父親とともに法廷で母親と戦うことに。結局ジョージア州に行ってから6週間後に父親のいるニューヨークに戻るという、落ち着かない時代があったようですね。

 

女優としてのスタート

出典:http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00V4DYO36&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=asphotogalle-22


70年代にハリウッド女優として活躍をする前、ダイアンは舞台役者の祖母の影響を受けて6歳の頃からニューヨークのラ・ママ・エクスペリメンタルシアター・クラブというところでプロとして演技を始めます。

ダイアンが12歳の時に、「The Cherry Orchard」という作品でメリル・ストリープと競演しています。このころ、ダイアンはハンターカレッジハイスクールに入学し勉強を始めますが、忙しい仕事のスケジュールのため、単位を取るのが大変だったとか。

そしていよいよ主役となるのが1979年制作された「リトル・ロマンス」でローレンス・オリヴィエの相手役として抜擢されてデビューします。この映画デビューと同時期に、ブロードウェイのランナウェイという劇の出演も依頼されたのですが、このお話は断ってハリウッドデビューをしています。

 

フランシス・フォード・コッポラとの出会い

出典:https://stat.ameba.jp/user_images/20110625/01/omoidashi-movs/79/34/j/o0370026611310910838.jpg?caw=800


70年代にハリウッド女優として活躍をスタートしたダイアンは、子役から大人の女優へと見事に変わっていきます。最初のデビュー作品、リトル・ロマンスでの演技がとても評価されて、当時は世界的にメディアに登場するほど話題の人になっていました。

この頃に知り合うのが、映画監督のコッポラ。80年代になると青春映画を次々にヒットさせていましたよね。彼の作品には必ずと言ってよいほど出演してことは皆さん記憶にあるでしょう。

80年代の作品では、「幸福のチェッカー」「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」「ストリート・オブ・ファイヤー」「コットンクラブ」「愛は危険な香り」などがあります。

青春映画ではマット・ディロンとの共演がとても多く、この二人はプライベートで付き合ってるのでは?なんて疑ったこともありました。

 

ハリウッドから姿を消してしまった時期

出典:http://www.movieactors.com/photos-stars/diane-lane-cotton10.jpg


コットン・クラブがあまりよい結果でなかったこともあり、この映画の後はメディアに登場することが急に減ってしまいます。70年代のハリウッド女優も一気に登りつめたものの、失敗作品がひとつあるだけで致命的になってしまうのでしょうか。

ダイアンはハリウッドからも姿を消し、一体どこに行ったんだろうと不思議に思ったファンも多いはず。この時期はジョージア州に住む母親の元で一緒に暮らし、親子関係を回復するために大切な時間を過ごしていたようです。

 

再ブームの到来!

出典:http://www.givetake.com/wp-content/uploads/2013/12/Unfaithful.jpg


数年ぐらい前からダイアン・レインが登場する映画が増えたと思った人は多いでしょう。女優業にカムバックしてもしばらくは低迷したままでしたが、2000年になったころからテレビドラマや映画で再び注目されるようになります。

70年代のハリウッド女優としてデビューしてから20年以上経ち、久しぶりに見たダイアン・レインが相変わらず若くて美しいのには当時とても驚きました。

2002年の映画「運命の女」ではリチャード・ギアの妻を演じ不倫相手が殺されてしまうというサスペンスが大ヒット。

この作品で全米映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞。さらに第75回のアカデミー賞主演女優賞とゴールデングローブ賞の候補としても選ばれます。

 

プライベートでは恋多き女性

出典:https://www.cinemacafe.net/imgs/thumb_h1/91194.jpg


ロックバンドのジョン・ボン・ジョヴィと交際したり、俳優のクリストファー・ランバートと結婚するなど、プライベートではとても恋多い女性。綺麗なので仕方がないか、とファンもあきらめがつくでしょう。

クリストファー・ランバートとは1988年に結婚し1994年に離婚しています。二人の間には娘が一人。2004年には俳優ジョッシュ・ブローリンと再婚しましたが、2013年に離婚の手続きを開始しています。

 

今は何している?

出典:https://pbs.twimg.com/media/DQmmTMcXkAAKfp6.jpg


最近では「マン・オブ・スティール」や「バットマンVSスーパーマン」「ボンジュール、アン」「ジャスティスリーグ」などヒット作品にたて続けに出演して活躍しています。

70年代にハリウッド女優としてデビューした美少女のダイアンも今ではもう50代。メディアの前に登場するたびにファンがため息をつくほど若くて美しいのは女性として憧れてしまいますね。娘のエレオノール・ランバートは母親似の美人さんで女優さんとして頑張っています。

 

70年代ハリウッド女優は今でもあのころの輝きを放っている!

ダイアン・レインは一時姿を見かけなくり、再びスクリーンで登場した時にはなんとも懐かしく胸がキュンとしました。いつまでも素敵な女性として映画ファンを楽しませてほしいですね。

 

ミシェル・ファイファー
ジョディ・フォスター
ウィノナ・ライダー
などについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!
>>>80年代のハリウッド女優みたいになりたい!あなたの憧れは誰ですか?

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の人気者ゴジラブームはすごかった|世界を股にかける怪獣の王様!

  • 昭和のコスメの思い出~バブル時代に流行った外国ブランド!

  • 昭和の歌手はパンチがあった!中尾ミエの幅広い活躍が素晴らしい!

  • 懐かしい景色はなんだかホッとする…昭和を思い出すこんな瞬間!