1. TOP
  2. 人物
  3. 80年代の男性アイドルにときめいた女性も多かったのでは

80年代の男性アイドルにときめいた女性も多かったのでは

80年代には男性アイドルがたくさん登場しました。女性から見て、〇〇くんかっこいい!とドキドキしたようなアイドルもいたはずです。

では80年代にデビューした男性アイドルについて、ご紹介していきましょう!

 

80年代の女性アイドルについての記事は次に書いてあります。

>>>80年代のアイドルは素敵な女性が次々デビュー!80年代の人気アイドルについて

 

田原俊彦

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com/t/a/d/tadahikostar/20140630.jpg


1980年に、たのきんトリオの一人としてデビューしました。「哀愁でいと」がデビュー曲です。トシちゃん の愛称でとても親しまれていました。ドラマの金八先生に出演していた時の田原俊彦の人気はとてもすごくファンレターの数が月に18万通あった時も。

ブロマイドの売上が1982年には男性部門でトップでした。「哀愁でいと」から、オリコンシングルの連続TOP10入り37作の記録を持っています。ザ・ベストテンでは最多出場記録を持っています。

田原俊彦と言えば、「ラジオびんびん物語」「教師びんびん物語」での俳優としての活躍も印象的ですよね。

 

近藤真彦

出典:http://johnnys.jocee.jp/assets/images/matome/85d137d7dc6da0f32a02/d5ea45f893a6897e54ad214ccfc0d436.jpg?t=1453648495


たのきんトリオの一人として有名になりました。愛称はマッチです。「スニーカーぶる〜す」がデビュー曲。この曲は映画の主題歌でもありました。

ソロデビューをしてから、歌番組にも出演回数が増えていきました。1987年の日本レコード大賞では、「愚か者」で大賞を受賞。

近藤真彦といえば、ドライバーとしての一面も有名です。1984年に富士フレッシュマンレース第二戦に日産・マーチで参戦しました。そこから、レーサーの星野一義のもとでレース活動を始めて、全日本F3選手権に参戦したのです。

最近でもテレビに出ていて大人のセクシーさを感じさせてくれて、デビュー当時のマッチとはまた違う魅力がありますよね。

 

野村義男

出典:https://im3-a.mbokimg.dena.ne.jp/2/7/966/475451966.4.jpg


たのきんトリオの一人です。愛称はヨッちゃん。姉の影響で小学校5年生からフォークギターを始めました。

野村義男は1983年にアルバム「待たせてSorry」でソロデビューしました。同年、THE GOOD-BYEというバンドのボーカル&ギターとして1983年9月1日に「気まぐれOne Way Boy」でデビューしました。15枚のシングルと9枚のアルバムを発表した後に1990年には活動休止に。

野村義男バンドを1988年に結成したり、その他のアーティストのバックバンドでギターを弾いたり、アーティストと組んでギターを弾いたりしています。浜崎あゆみのバックバンドで、ギターを弾く姿が特に印象的ですよね。

 

シブがき隊

出典:http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/49/0000275949/27/imgad27ef20zik7zj.jpeg


布川敏和、本木雅弘、薬丸裕英により結成されたアイドルグループです。1981年にドラマ「2年B組仙八先生」に出演した3名で、シブがき隊を結成することに。1982年に「NAI・NAI 16(シックスティーン)」で歌手デビューをしました。同期には花の82年組と呼ばれた女性アイドルがたくさんいたのです。

名前の由来は「シブい〝ガキ″」を意味しています。1981年に雑誌セブンティーンの一般公募で「シブがきトリオ」に決定した後まもなく、「シブがき隊」に改められました。その当時「イモ欽トリオ」や「うなずきトリオ」が既に人気だったので隊」を選んだそうです。

紅白歌合戦にも5回出場しています。最初に出場した時の曲は「100%…SOかもね!」でした。映画にも4作品出演しています。CMなどでもよく、シブがき隊の姿を見た覚えがあります。

友達同士でも「誰が一番かっこいいと思う?」と話すことが多かったです。1番人気はモックンでしたが、ヤックンファン同士が新たに友達になるような場面もありました。

 

チェッカーズ

出典:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150719%2F59%2F5715009%2F0%2F418x450x32bbd30120223991ae0b1088.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r


男性7人により構成されたポップスバンドです。最初は藤井郁弥と武内享でグループを結成しました。その後、ヤマハのコンテストにて受賞し、徳永善也と藤井直之の卒業を待ってからと、デビューの話を保留にしました。

1983年に上京して、ヤマハ音楽振興会の寮にて生活をしはじめました。「ギザギザハートの子守唄」でデビュー。

翌年には「涙のリクエスト」がヒットしました。オリコンチャートやランキング番組の中には、この曲と「ギザギザハートの子守唄」「哀しくてジェラシー」の3曲が同時にランクインすることも。

映画「CKERS IN TAN TAN たぬき」」に出演。シングル「ジュリアに傷心」がオリコンチャートで年間第1位になりました。ブロマイドの売上も年間売上実績として1位になったのです。

1986年以降は、それぞれのメンバーのソロ活動が並行して行われていきました。ここで更にチェッカーズや、メンバーの人気が高まっていったのでしょう。

チェッカーズの名前の由来は、当時よく聞いていた外国バンドは「C」で始まり「S」で終わる名前が多かったので、「C」で始まり「S」で終わる名前をメンバーで考えました。ここで決まったのが「チェッカーズ(CHECKERS)」というバンド名です。

チェック柄の衣装を着ていることが多かったので、それでチェッカーズと思う人が当時は多かったようです。

 

少年隊

出典:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141204%2F38%2F3037638%2F12%2F367x367x89b0956db2f9cada4c51944d.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r


リーダーは錦織一清。そしてメンバーは植草克秀と東山紀之です。グループ結構当初は田原俊彦や近藤真彦のバックダンサーとして出演していました。

その後、1985年にデビュー曲「仮面舞踏会」が発売されてからは「デカメロン伝説」「ダイヤモンド・アイズ」「バラードのように眠れ」「stripe blue」「君だけに」とヒット曲が続きました。

少年隊と言えば歌って踊れる爽やかさが印象的でした。曲も大人っぽいものがあり、オシャレでもあったので、女性たちはかなり熱くなり応援していましたよね。

 

男闘呼組

出典:http://static.pinky-media.jp/matome/file/parts/I0003738/832e788b8c28ca3e5fa74880daa6011d.jpg


成田昭次、高橋一也、岡本健一、前田耕陽の4人で編成されました。アイドルと言うのかバンドというのか、視聴者として微妙なところでした。

1984年に事務所で仲の良かった成田と高橋が「でたらめロックバンド」を結成しました。その後、雑誌マイアイドルの撮影で、成田と高橋と岡本の3名が「ジャニーズJr.」として参加しました。1985年にはこの3名に対して「東京」とグループ名が付けられたのです。

そこから色々な構成、編成を含めて結成されたのが男闘呼組。デビュー曲は「DAY BREAK」です。ヒット曲を続々と出していきました。今までのジャニーズアイドルの中でも男っぽさを表現していたのが、人気の理由かもしれません。

 

光GENJI

出典:http://makiya22.com/wp-content/uploads/2015/09/hikarugenji_R.jpg


1987年に「STAR LIGHT」でデビューしました。印象的だったのは、ローラースケートをはいて歌い踊る姿です。

元々のグループだった5人組の「GENJI」と内海光司、大沢樹生の2人による「光」の2つのグループが合体して、「光GENJI」になりました。

デビューしてすぐに人気が出たアイドルです。最後のスーパーアイドルと呼ばれるようにもなり、社会現象となりました。

メンバーそれぞれの個性が光っていて、楽曲もそれぞれ魅力的なものが多かったですよね。1988年に「パラダイス銀河」でレコード大賞を受賞しています。

 

SMAP

出典:http://pbs.twimg.com/media/CZA0b1YUsAA8i1T.jpg


1988年に結成されました。最初は6人でしたが、森且行が抜けてからは5人での活動に。スケートボーイズの中からグループ結成をしています。

結成当時の年齢は、それぞれ中居15歳、木村15歳、稲垣14歳、森14歳、草彅13歳、香取11歳でした。CDデビューまでのJr.内グループの期間が3年以上ありました。

その間にドラマや舞台、そしてテレビ番組に出演して人気を確立していったのです。グループ名は社長が「Sports Music Assemble People」からつけました。

 

80年代の男性アイドルで好きだったのは誰ですか?

好みのタイプは?と聞かれた時に「アイドルの〇〇くん!」と言う女性が多かったですよね。理想の男性が、80年代の男性アイドルの中にいた女性も多かったのでは。

アイドルは、いつの時代も夢を見せてくれるもの。この時代のアイドルもそうだったのかもしれないですね。

 

80年代のヒット曲が懐かしい!詳しい記事はこちらです!

>>>80年代のヒット曲は歌詞も曲も心に響くものが多かった!

 

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • エースをねらえ!の岡ひろみとお蝶夫人が魅力的で好きだった!

  • 昭和の歌番組といえば「ザ・ベストテン」どんな思い出がありますか?

  • 70年代の名曲で今も心にある大切な曲特集

  • 昭和の春の歌でゆっくりと春を感じてみませんか