1. TOP
  2. 歌謡曲
  3. 70年代の名曲で今も心にある大切な曲特集

70年代の名曲で今も心にある大切な曲特集

70年代の名曲について、今までに色々とお伝えしてきました。でも他にも多くの名曲が心にあるので、今回再び特集させていただこうと思います。

当時に聴いた時とは、また違った気持ちで聴ける曲もあるかもしれません。

 

70年代の名曲については、こちらの記事にも書いてあります。
>>>70年代の名曲は数多い…あなたにとっての思い出の曲とは

 

いい日旅立ち/山口百恵

出典:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fnagasaki-ya.com%2F33%2Fimages%2Fitem%2F51%2F21%2F53675121-1.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r


山口百恵の24枚目のシングルです。そしてこの曲を使った日本国有鉄道によるキャンペーンのキャッチコピーでもあるもの。

累計売上は100万枚を記録して、山口百恵自身の最大のヒット曲になりました。オリコン集計では53.6万枚なので、横須賀ストーリーに次ぐ2番目になっています。

タイトルから結婚式や卒業式などに歌われることも多いのですが、谷村新司は「歌詞をよく見てください」と述べていて、この曲が祝いの席に歌うような曲ではないと伝えています。

一人で旅に出る女性の心には深い思いがあります。歌詞がとても美しいので日本の情緒が溢れているようにも感じて、懐かしさや愛おしさが伝わってきますよね。

父や母という言葉が歌詞に出てくるので、更に深みを増すのかもしれないと曲を聴いていて思います。

 

路地裏の少年/浜田省吾

出典:http://img16.shop-pro.jp/PA01096/366/product/21575355.jpg?20100820175021


浜田省吾のデビューシングルです。この曲には多くのバージョンが存在しています。ファーストアルバムと同時に発売されました。

浜田省吾が16歳から22歳、浪人時代から神奈川大学在学中、そして横浜に住んでいた頃を歌っています。

23歳の誕生日の前日に書かれた曲のため、ラストが「22歳」になっています。浜田省吾が実際に感じた思いが歌詞に綴られているため、とてもリアルに心に響く曲に。

少しずつ年月を重ねていく中、様々な経験をしていく男性の姿が浮かび、胸に迫るような深さを感じました。

色々な経験をしながら人は成長していく、その中で多くのことを学んでいくのかもしれないと思わせてくれる、浜田省吾の熱くて切ない歌声。魅力を感じて、何度も繰り返し聴いている曲です。

 

化粧/中島みゆき

出典:https://vignette.wikia.nocookie.net/lyricwiki/images/5/5b/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D_-_%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%A8%E4%BA%91%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C.jpg/revision/latest?cb=20070511040439


アルバム「愛していると云ってくれ」に収録されている曲です。化粧は特別な思い入れのあるもの。

普段はどうでもいいと思っていたとしても、特別な日には綺麗になるために化粧をしたい。この思いはとても深いものなのでしょう。

流れるな涙 心でとまれ という歌詞から自分の中で抑えきれない思いが溢れている中、なんとか保とうとしている、女性の気持ちを感じます。

化粧をするのは、こんなことなら別れなければよかったと、最後に愛する人から思われたい。この気持ちも、とても女性らしくそして切ないものですね。

情景が浮かんでくる中で、ひとつの愛を終わらせようとしている、でも心が追いつかないような辛さを感じます。

愛してほしいと思っていても、愛してもらえるつもりでいたとしても、これも愛し方なんだと思いながら、行き場のない思いを自分にぶつける女性の心が伝わってきます。

 

ビューティフル・ネーム/ゴダイゴ

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61bpYIDlibL.jpg


この曲は1979年の「国際児童年」協賛歌でした。NHKのミニ番組「世界のこども」の挿入歌です。

そして、「みんなのうた」でも使用されていました。とても優しくて温かい曲ですよね。明るいテンポで、聴いている人の心を元気づけてくれるパワーがあります。

世界は広いということを、つい忘れてしまうような日々の中、この曲を聴いてみると視野が狭くなっている自分に、気がつく時があるかもしれません。

ゆっくりと、確実に広がっていくような曲調なので、聴いているといつのまにか曲に包まれているように思えてきて、心が温かくなれるように思います。

 

LOVE(抱きしめたい)/沢田研二

出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/027/427/41/N000/000/000/140038203470904450226.jpg


沢田研二の25枚目のシングルです。作詞は阿久悠で作曲は大野克夫。この曲で紅白歌合戦の大トリを務めました。

ポップス曲でのトリは極めて異例でしたが、沢田研二の人気とこの曲の魅力を強く感じると、なるほどと納得する気持ちになりますよね。

沢田研二が愛する女性への想いを心を込めて歌う中、情景が歌詞を聴いていて浮かんできます。

帰る場所のある女性を愛してしまった男性の思い、でも女性への愛情があるからこそ別れを選んだ男性の優しさ。

心が冷たく凍ってしまう、そんなさよならを感じながらも沢田研二だから出せる表現力と、美しさなのでは…と思う曲ですね。

 

想い出まくら/小坂恭子

出典:http://s2.dmcdn.net/h4jxf/1280×720-TCu.jpg


この曲は130万枚(オリコンでは85万枚)を越えるヒットになり、小坂恭子の代表曲に。シンガーソングライターとして、現在でもステージを中心に活躍したり他のシンガーへの楽曲提供をおこなったりしています。

煙草を通して、哀愁を感じさせる曲です。小さな癖までも思い出してしまうほど、忘れられない大切な男性。

楽しかった事を話してほしい 一緒に時間を過ごしてほしいと願う相手でも、今夜も一人で眠る女性の切ない思い。もう別れてしまった二人なのか、今会えないだけの二人なのか。色々な想像をする曲でもあります。会いたくても会えない夜は、とても長く感じるものでしょう。

想い出は時に辛いものでもあり、幸せを感じさせてくれるものでもありますよね。二人で過ごしてきた大切な想い出があれば、今日はゆっくり眠れると思う気持ち、それが切なく伝わってきます。

 

太陽がくれた季節/青い三角定規

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516–gimc4L._SY355_.jpg


青春ドラマの主題歌として採用されました。かなりのヒット曲となり日本レコード大賞の新人賞を受賞したのです。紅白歌合戦にも出場しました。

この曲は小学校や中学校の音楽教科書にも掲載されていて、世代を超えても小中学生たちから歌われている名曲です。

多くのアーティストからもカバーされていて愛されている曲のため、違う歌手のバージョンを聴いてみると、また違う世界を感じられるはずです。

青春という言葉が合う、とても素敵な曲ですね。一人ではなくて皆で走っていこう!という熱い思いが伝わってくる曲だと思います。

曲の雰囲気がドラマチックで魅力があるので、自然に心に楽曲が入ってくるのかもしれませんね。

 

70年代の名曲で色々なことを思い出す

70年代の名曲を聴けば、以前聴いていた頃の自分、そして今聴いている自分との違いを感じて懐かしいような、もうあの頃には戻れない切なさがあります。

でも素晴らしい曲は、色あせることなく心に残るものだと聴いていてあらためて思う気持ちも。

 

・人形の家/弘田三枝子
・飛んでイスタンブール/庄野真代
・酒と泪と男と女/河島英五
などについては、こちらの記事を読んでみてくださいね。
>>>昭和のヒット曲で、ふと聴きたくなる名曲は心の中に

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のラブソングで胸が熱くなる曲について

  • 80年代の失恋ソングで時に癒される名曲とは

  • うる星やつらの魅力的な登場人物!あなたは誰が好きですか?

  • エースをねらえ!の岡ひろみとお蝶夫人が魅力的で好きだった!