1. TOP
  2. 歌謡曲
  3. あなたの十八番はなんですか?~昭和のカラオケ名曲大集合!~

あなたの十八番はなんですか?~昭和のカラオケ名曲大集合!~

心に沁みる歌が多かった昭和の時代。普段何気なく口ずさんでしまう曲には、昭和時代の曲が多いと感じています。もちろん、カラオケで歌う歌も“昭和の名曲”が中心!昭和生まれの方なら、この気持ち、わかってくださるのではないでしょうか。

そこで、皆さんに質問です。カラオケではどんな曲が十八番(じゅうはちばん/おはこ)ですか? ちなみに、今は“おはこ”って言わないそうですね。若い人の中には、「じゅうはちばん」や「おはこ」の意味がわからない人も多いと聞いて、ちょっとびっくりしましたが、昭和生まれの私たちは、この十八番の曲を結構大事にしていて、いざという時には歌えるように準備している人も多いのだとか。

でも「いつも同じ曲になってしまう…」「どんな曲があったか最近忘れてしまった…」という方のために、よく歌われる昭和の名曲をピックアップしました。

今回ご紹介するのは、こちらの年代別カラオケランキングで表示された曲の中から、昭和にリリースされたものだけをピックアップ!
(JOYSOUND.com https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/age)

このサイトは、生まれた年を入れると、その年に生まれた人が歌うカラオケ曲のランキング(全499曲の順位)がわかるというもの。今回は、現在、70歳、60歳、50歳、40歳の4つの年代を入力して調査、男女総合のランキング、および発売年をご紹介します。

みなさんの十八番はピックアップした中に入っているでしょうか?ちょっと開拓してみたい!最近歌っていない…、という方は、次回のカラオケの選択肢に入れていただけたら嬉しいです。

 

 

1970年代の曲でカラオケでよく歌われているのは…この曲!こちらの記事もご覧ください。

>>>1970年代の曲はカラオケでよく歌われている!名曲揃いの1970年代



【70歳(1947年/昭和22年生まれ)の方がよく歌う歌ランキング!】

http://blog.xuite.net/tihiro102/twblog/120396333-%E9%85%92%E3%82%88%2F%E5%90%89%E3%80%80%E5%B9%BE%E4%B8%89(%E6%AD%8C%E8%A9%9E%E3%80%81%E4%B8%AD%E8%AD%AF)


<No.1>酒よ(吉幾三)1988年

<No.2>津軽海峡・冬景色(石川さゆり)1977年

<No.3>北の旅人(石原裕次郎)1987年

<No.4>夢追い酒(渥美二郎)1978年

<No.5>みだれ髪(美空ひばり)1987年

<No.6>宗右衛門町ブルース(平和勝次とダークホース)1972年

<No.7>さざんかの宿(大川栄策)1982年

<No.8>つぐない(テレサ・テン)1979年

<No.9>ふたりの大阪(都はるみ/宮崎雅)1981年

<No.10>赤いハンカチ(石原裕次郎)1962年


その他、くちなしの花(渡哲也)、古城(三橋美智也)、湖愁(松島アキラ)、居酒屋(五木ひろし/木の実ナナ)、天城越え(石川さゆり)と続きます。


カラオケトップ10検索結果の中で、昭和の歌が占める割合は、100%。1962年~1988年発売のヒット曲が、昭和発売のものだけに絞ったトップ10に入りました。これからは現在70歳の方が15歳から41歳のときにヒットした曲です。特に、30歳~40歳の働き盛りにヒットした曲が多くなっていますね。

50代前半の私も全て知っている曲で7曲は歌えますので、年は少しだけ離れているかもしれませんが、一緒に楽しめること間違いなしです。



【60歳(1957年/昭和32年生まれ)の方がよく歌う歌ランキング!】


http://shopping.yahoo.co.jp/matome/article?id=30312

<No.1>桃色吐息(高橋真梨子)1984年

<No.2>天城越え(石川さゆり)1986年

<No.3>津軽海峡・冬景色(石川さゆり)1977年

<No.4>雨の御堂筋(欧陽菲菲)1971年

<No.5>なごり雪(イルカ)1975年

<No.6>夢の途中(来生たかお)1981年

<No.7>大空と大地の中で(松山千春)1977年

<No.8>つぐない(テレサ・テン)1979年

<No.9>異邦人(久保田早紀)1979年

<No.10>セーラー服と機関銃“夢の途中”(薬師丸ひろ子)1981年

for you…(高橋真梨子)、さらば恋人(堺正章)、酒よ(吉幾三)と続きます。


カラオケトップ10検索結果の中で、昭和の歌が占める割合は、60%でした。昭和だけに絞ったトップ10には、1971年~1986年発売の曲が入っており、60歳の方が14歳~29歳のころヒットした曲が多くなっています。



【50歳(1967年/昭和42年生まれ)の方がよく歌う歌ランキング!】


http://blog.livedoor.jp/radicase787/archives/2011-08.html

<No.1>セーラー服と機関銃“夢の途中”(薬師丸ひろ子)1981年

<No.2>フレンズ(レベッカ)1985年

<No.3>異邦人(久保田早紀)1979年

<No.4>スローモーション(中森明菜)1982年

<No.5>I LOVE YOU(尾崎豊)1983年/アルバム

<No.6>いい日旅立ち(山口百恵)1978年

<No.7>赤いスイートピー(松田聖子)1982年

<No.8>津軽海峡・冬景色(石川さゆり)1977年

<No.9>贈る言葉(海援隊)1979年

<No.10>オリビアを聴きながら(杏里)1978年

その他、セカンド・ラブ(中森明菜)、天城越え(石川さゆり)、あの日にかえりたい(松任谷由実)なごり雪(イルカ)旅立ち(松山千春)と続きます。


カラオケトップ10検索結果の中で、昭和の歌が占める割合は、50%でした。昭和に絞ったトップ10には、1977年~1985年発売の曲が入っており、50歳の方が10歳~18歳のときのヒット曲が多くなっています。



【40歳(1977年/昭和52年生まれ)の方がよく歌う歌ランキング!】


http://iloveprincess2.higoyomi.com/princess2/albumart.html

<No.1>M(PRINCESS PRINCESS)1989年
※Diamondsのカップリング曲でした。

<No.2>I LOVE YOU(尾崎豊)1983年/アルバム

<No.3>タッチ(岩崎良美)1985年

<No.4>未来予想図II(DREAMS COME TRUE)1989年

<No.5>津軽海峡・冬景色(石川さゆり)1977年

<No.6>天城越え(石川さゆり)1986年

<No.7>なごり雪(イルカ)1975年

<No.8>贈る言葉(海援隊)1979年

<No.9>つぐない(テレサ・テン)1979年

<No.10>ラヴ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲)1980年

その他、いい日旅立ち(山口百恵)、恋におちて―Fall in love―(小林明子)、時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)、ロンリー・チャップリン(鈴木雅之&鈴木聖美)などが続きます。


カラオケトップ10検索結果の中で、昭和の歌が占める割合は、0%でした。昭和の曲で最初に登場したのが24位の「M(PRINCESS PRINCESS)」。現在40歳くらいの方(ちょうど昭和の最後10年間だけを過ごした人)は、やはり平成の曲をよく歌っているようですね。
また、昭和の曲だけを見ると、1975年~1989年の曲が多く、生まれる前~12歳ごろにヒットした曲が多くなっています。


【まとめ】

昭和の名曲カラオケトップ10いかがでしたか?
70歳、60際、50歳は、カラオケで昭和の名曲を好んで歌っていることがわかりましたが、やはり青春時代を過ごした昭和の歌には深い思いがこもっているのでしょう。しかし、昭和52年生まれの40歳になると、トップ10の中に昭和の曲は1曲も入っていませんでした。昭和の時代を過ごしたのは10歳くらいまでですから、当然といえば当然ですね。これからは、昭和のよき歌とともに、平成に生まれた名曲も引き継がれていくことでしょう。

また、複数の年代で登場した曲がいくつかあることもわかりました。
特に、「津軽海峡・冬景色」は全ての年でトップ10に入っており、「つぐない」は50歳を除き全ての年に登場しています。


http://blogs.yahoo.co.jp/sphkz639/24108494.html


http://blogs.yahoo.co.jp/paperfuel/28475745.html

★なごり雪(イルカ)1975年
★津軽海峡・冬景色(石川さゆり)1977年
★いい日旅立ち/山口百恵 1978年
★つぐない(テレサ・テン)1979年
★贈る言葉(海援隊)1979年
★異邦人(久保田早紀)1979年
★セーラー服と機関銃“夢の途中”(薬師丸ひろ子)1981年
★I LOVE YOU(尾崎豊)1983年/アルバム
★天城越え(石川さゆり)1986年

今回調べてみた結果、よく歌われる昭和の歌は、年代に関係なく1977年~1986年のヒット曲で多くなっています。その理由としては、この10年間がいわゆる歌謡全盛期であったこと、ただ純粋に心に残る“いい歌”が多かったことなどが考えられます。全体的に見ると、どれもじっくりと歌い込んで聴かせるタイプの曲ばかり。女性の曲が多いですが、これらの曲は、まさに後世にまで引き継がれるカラオケ曲の名曲中の名曲といえるのではないでしょうか。

歌は世代を超えてコミュニケーションを深めるきっかけをつくってくれるもの。これらの曲を、知っているけれど名曲すぎてまだ歌ったことがない!という人も、次回はちょっと歌ってみませんか?ちょうどこれからの時期、新入社員と一緒に飲みに行く機会にぜひ、いかがでしょうか。今後も昭和生まれがカラオケでこれらの曲を歌うことで、それを聞いた次の年代が引き継いでいってくれるといいですね。

 

 

三年目の浮気や男と女のラブゲームなどの昭和のデュエットはこちらの記事でご紹介しています!

>>>昭和のデュエットを歌えば2人の心が近くなる♪

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kyouka

kyouka

ライター歴15年。
東京オリンピックが開催された昭和39年生まれの女性フリーライターです。
昭和生まれの方々、そしてスマホ時代の若い世代にも”昭和”の魅力を伝えていきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「1970年代を代表する美人」誰を思い浮かべますか?~美しすぎた昭和の女優たち~

  • 『懐かしい給食』を食べたくなった人必見♪~あのメニューを味わえる場所へ!全国各地で味わえる通販も~

  • あなたの十八番はなんですか?~昭和のカラオケ名曲大集合!~

  • 昭和の香りが思いっきり漂う【商店街】~レトロ感満載の町並みにお連れします~