1. TOP
  2. 歌謡曲
  3. 昭和の歌謡曲で大人の恋愛をふと感じさせる曲とは

昭和の歌謡曲で大人の恋愛をふと感じさせる曲とは

昭和の歌謡曲には、大人の恋愛を感じさせるようなものがあります。大人の恋愛に憧れていたような時代を思い出すと、とても懐かしいですが、今聴くからこそ更にその良さが分かり、胸に来るものがあるのかもしれません。

大人の恋愛を感じさせる曲は、あなたにとってはどのような曲ですか。

 

昭和のヒット曲については、こちらの記事に書いてあります。
>>>昭和のヒット曲で思い出すのはどんな曲ですか?(1970年代特集)

 

桃色吐息/高橋真梨子

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31qbvBu%2BvAL.jpg


高橋真梨子の10枚目のシングルです。カメリアのCMソングとして浸透して、現在でも代表曲のひとつと言われています。大人の世界を感じさせる雰囲気は、歌詞からくるだけではなくて、曲の異国情緒あふれるところから来ているのかもしれません。

妖艶という言葉がとても合う曲です。高橋真梨子の歌唱力は素晴らしいものですから、こういう難しい雰囲気の曲も、とても心に響くものになるのでしょう。

桃色吐息という言葉自体が、大人の恋愛をイメージさせるものですよね。更に歌詞の中に愛する人の面影が出てきます。この女性は恋愛をしていることが歌詞から伝わってきます。

でも今を憂う気持ちもあるのです。だからこそ今がとても素敵なものに輝くとも言えるでしょう。

 

セクシャルバイオレットNo.1/桑名正博

出典:http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/10/26/kuwana.jpg


桑名正博の4枚目のシングルです。ソロ歌手として再デビューした桑名正博の代表曲。カネボウのキャンペーンCMソングとして起用されました。この頃の音楽シーンでは、化粧品のCMソングに起用された曲は、どれもヒットする傾向がありました。

この曲もCMソングとして起用されてから、かなりヒットして桑名正博を一躍有名にしたのです。目の前の女性の情景、男性の熱い思いがカッコ良く綴られています。

情熱の朱(あか)と哀愁の青を混ぜながら、夢の世界へ…。想像をするだけでも、ここには大人の恋愛がありますよね。桑名正博が歌うことにより、この曲が更に魅力的なものになっています。現在もカラオケでこの曲は必ず歌う!という人は多く、とても人気のある曲です。

 

みずいろの雨/八神純子

出典:http://past-orange.com/po_sp/wp-content/uploads/2016/06/yagamijunko_mizuironoame.jpg


八神純子の5枚目のシングルです。歌詞については、八神純子が原宿の歩道橋を歩いている時に思い付いたもの。

イントロから、とてもドラマチックな曲です。八神純子の美しい高音が心地良さを感じるような曲でもありますよね。大人の女性が恋愛をして、もう忘れなければいけない相手への思いが伝わってきます。

みずいろの雨がただ冷たく降り続くだけではなくて、肩を抱くように降っている情景が心に浮かんできます。そして、あとかたもなく流されて行く愛のかたち の歌詞にこの愛を見送る気持ちも含まれているように感じて、切なさが更に強くなるように思います。

降り続くの の後に音が段々と上がっていくところが、この歌の最大の特徴でもあり、難しさでもあるでしょう。でも八神純子は、これを胸の高鳴りや淋しさが募っていくかのように美しく表現しているように感じます。

ひらがなで表現することにより、更にこの曲の言葉の魅力が表現されていて、思いを込めて歌いたくなる、大人の恋愛の曲だと思う人も多いでしょう。

 

ジプシークイーン/中森明菜

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71oOzxNMDvL._SY355_.jpg


中森明菜の15枚目のシングルです。エキゾチックな曲でもあるのですが、とこにも行く場所の無いさまよう女性の心理が歌われています。

燃える愛の途中で終わった二人のことを、心の中で深く思う女性の気持ちが綴られています。歌詞のそれぞれが本当に美しく、大人の恋愛を感じる曲。

生まれる前の星座で愛し合ったけれど、ひとつの時代だけで失ってしまった。でも次の星座でまた会えるまで、私は化石になってもいい…。まるでひとつの小説を読んでいるような美しい愛の物語のように思います。

中森明菜にとても合う歌詞や曲のように思い、何度聴いてもとても印象深いですね。サビに向かうまでの雰囲気もドラマチックで印象的。愛する人を思いながら聴いてみるのもいいように感じます。

 

あんた/やしきたかじん

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-29-b3/muller5850ch/folder/224443/27/2773727/img_0


やしきたかじんと一人目の妻との想いをベースに作られている曲です。その後に妻が亡くなり、やしきたかじんは人前ではこの曲を歌わなくなりました。

初めてこの曲を聴いた時は、涙が止まりませんでした。思いが深くてとても温かいものがあるように思えたからです。やしきたかじんのファンの中にも、この曲が一番好きだと言う人はとても多いです。

愛する男性に向けて語りかけるように気持ちを伝える女性。でも言いたいことがあまりにも多くて涙も枯れてもう出てこない。きっと表現できないくらいの深い愛情が女性の中にあると歌を聴いていて感じますよね。

でも、愛する相手だからこそ見守っていたい思いもあるのでしょう。男はいいよね 子供ののままでいられて の歌詞も女として強くいるしかないという複雑な思いを感じるのですが、やはり最後の、女で良かった あんたに出逢えたからね という言葉に、胸が震えるのを感じます。

たくさん大人の恋愛を感じさせる歌詞があるのですが、やはりここが一番心に響く歌詞で、何度もこの曲を聴きたくなる理由なのかもしれません。

 

TAXI/鈴木聖美 with Rats&Star

出典:http://img11.shop-pro.jp/PA01289/251/product/111099436.jpg?cmsp_timestamp=20161216134822


鈴木聖美 with Rats&Starの3枚目のシングルです。アルバムからの2枚名のリカットシングル。鈴木聖美がメインボーカルで、ラッツ&スターがバックコーラスの曲です。

現在でもカラオケでよく歌われている曲ですが、本当に深さを感じる曲だと思います。こういう大人の女性になりたい…と聴いて思った女性は多いのではないでしょうか。

TAXIに手を上げたところからストーリーが始まっていて、さよならした人に会えるような思いを持ちながら胸の高鳴りを感じる女性の熱い心。

ときめいてしまう自分はいるけれど、思い出を燃やし尽くしたら友情が残るはず…こう思いたい気持ちがあるのか、それとも思いたくないけれど、思うしかないと感じるのかは、色々な想像ができる曲だと思います。

でも大人の恋愛と聞いて、この曲を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。それはとても深くて熱い思いが歌われているからでもあるでしょう。

 

昭和の歌謡曲で大人の恋愛を感じる時間

昭和の歌謡曲を聞くことで、大人の恋愛を思い切り感じてみるのも、とても素敵な時間ではないでしょうか。

初めて聴いた頃よりも大人になったからこそ、曲の魅力が更に分かることもあるかもしれません。時代を経てその曲が違うように感じたとしても、魅力ある曲であることに変わりはないのでしょう。

 

・ff(フォルティシモ)/HOUND DOG
・DESIRE-情熱-/中森明菜
・ボヘミアン/葛城ユキ
などについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

>>>80年代の曲をカラオケで歌うなら…盛り上がるのはこの曲!

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 80年代のバンドについて引き続き特集します!

  • 昭和の失恋ソングの中で1970年代のものを特集しました

  • 70年代の名曲は数多い…あなたにとっての思い出の曲とは

  • 80年代のラブソング…忘れたくない名曲特集