1. TOP
  2. 歌謡曲
  3. 昭和のフォークソングは海外から日本へ~反戦とライブ名曲集

昭和のフォークソングは海外から日本へ~反戦とライブ名曲集

フォークソングには昭和を代表する名曲が数多くあります。GやCやCmといったギターのコードを覚えてよく歌いましたね。ところがテレビで聞くことができない曲もあり、兄や姉たちのレコードをこっそり聴いていた人も多いのではないでょうか?

戦争と平和を淡々と綴ったフォークソングの名曲を思い起こしてみました。

 

昭和のフォークソングについては次の記事に書いてあります。

>>>昭和ソングは懐かしく優しく心に残る

 

それは反戦から始まった~海外のフォークソング

https://pixabay.com/ja/%E8%BB%8D%E4%BA%8B-%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%88%A6%E4%BA%89-%E5%85%B5%E5%A3%AB-%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%81%BB%E3%81%93%E3%82%8A-1966-%E7%B1%B3%E9%99%B8%E8%BB%8D-1348281/
出典:https://pixabay.com/ja/%E5%85%B5%E5%A3%AB-%E8%BB%8D-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E4%BA%BA-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%A0-%E6%88%A6%E4%BA%89-197797/

フォークソングとは大衆による民謡や童謡のような音楽です。しかし、60年代のフォークソングは若者たちの反戦歌として爆発的に歌われました。

発端は1960年~1975年にアメリカが起こしたベトナム戦争。テレビははじめてリアルタイムで、戦争を茶の間に映し出しました。若者たちの多くが衝撃をうけ、抗議デモを起こすとともに反戦フォークの波が世界へと熱く広がっていきました。

 

ボブ・ディラン


出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2012/10/26/03/02/bob-dylan-63158_960_720.jpg

2016年にノーベル平和賞の発表で脚光を浴び世界中が驚きましたね。ディランは、受賞を受けるか否かで二転三転。結果的に受賞しました。ところでこのデュランですが、実は、賞の女神もディランのファンなのかと思うほどの人なのです。

まず、グラミー賞やアカデミー賞、大統領自由勲章などなど。数えきれないほどの賞を受けています。「フォークの貴公子」と呼ばれながら、ロックの殿堂入りを果たしてもいます。

本人は自分の歌詞を勝手に解釈され、アメリカ公民権運動や反戦運動の象徴とされたことにうんざりだと語っているようです。「答えは風の中にある」いつまでも聞いていたい歌ばかり。代表曲:「風にふかれて」1963年

 

ピーター・ポール&マリー


出典:https://youtu.be/dTkdUFFW6nc

ピーター・ポール&マリーは、1960年代を代表するアメリカのフォークグループです。ピーター・ヤーロウ、ノエル・ポール・ストゥーキーと マリー・トラヴァーのトリオ。ベトナム戦争への反戦メッセージを全世界に歌で送り出しました。通称PP&M(ピーピーエム)。

代表曲:1962年にピート・シーガーの曲「花はどこへ行った」。1964年にはボブ・ディラン の「風に吹かれて」を反戦歌として積極的に歌い、ともに世界中で大ヒットさせました。

1963年、レニー・リプトンの歌詞に曲をつけ「パフ」をリリース。日本ではかわいい恐竜の童謡として歌われており、由紀さおりも「ピンク・マルティーニ」との共演で毎回、日本語で歌い大好評の曲です。代表曲:500マイル離れてなど多数。

 

ジョン・レノン(元ビートルズ)


https://cdn.pixabay.com/photo/2014/10/30/08/49/the-beatles-509069_960_720.jpg

「平和をわれらに」は、1969年にジョン・レノンがプラスティック・オノ・バンド名義で発表したソロ・デビュー曲です。ベトナム戦争反戦歌として、また平和のメッセージソングとしてヒットしました。

ジョンとヨーコは反戦と平和を音楽のパフォーマンス映像で配信。その影響力の大きさを懸念するFBIとの不穏な噂もありました。今もクリスマスに歌われるハッピー・クリスマスが反戦歌であり、世界平和を祈る曲なのだと知らない人は多いようです。

代表曲:イマジン(1971年) ハッピー・クリスマス (戦争は終った)ジョン・レノン&オノ・ヨーコ(1971年)

 

日本における反戦フォークソング


出典:https://pixabay.com/ja/%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%B3%E7%95%91-%E6%B2%96%E7%B8%84-%E5%A4%8F-568665/

ベトナム戦争のおきた1960年。同盟国の日本は岸信介首相のもと新安保が発行されました。これに反発した大学生による学生運動がおこり、政府の機動隊とぶつかり合っていました。

この運動で特徴だったのが男性の長髪です。アメリカで徴兵を拒否するシンボルでした。「ヘアー」というミュージカルの上演が、反戦・反政府=髪をきらない(長髪)という図式とヒッピーをうみました。

そこから言えば、日本の若者の長髪は外見的には単なる流行の要素が強いかもしれません。しかし、当時、男性が額に髪を垂らしたり、肩まで髪を伸ばすなどありえないことでした。長髪・ギター・よれよれジーンズ。グループサウンズはできないけど、フォークならできた男のファッションでした。

大学生を中心に学生集会に出かけ、みんなで社会や政治を熱く語り、歌う。それが60年代はじめの日本の反戦フォークでした。

 

イムジン河:ザ・フォーク・クルセダーズ(1969年)


出典:https://youtu.be/XelkLDGMpGw

ザ・フォーク・クルセダーズこと「フォークル」。加藤和彦・北山修・はしだのりひこの三人組です。

1968年のデビュー曲は「帰って来たヨッパライ」。ほか「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」など北山が詞を書き、加藤が曲を制作していました。

「イムジン河」は、南北にわかれた北朝鮮と韓国を歌った原曲に、日本語の歌詞を松山猛がつけたものです。

 

さとうきび畑:森山良子(1969年)


出典:http://www.ryoko-moriyama.jp/

1966年に「今日の日はさようなら」でデビュー。同年「この広い野原いっぱい」が大ヒットしました。その後、1968年のアルバムに「さとうきび畑」をおさめ、注目されましたが7分と長くシングルカットされませんでした。

しっとりと澄んだ歌声は今も健在です。また「涙そうそう」の作詞者であり、森山直太郎の母でもあります。

 

自衛隊に入ろう:高田渡(1968年)


出典:https://youtu.be/8pBY_UOWOic

ピート・シーガーが1962年に発表した「アンドーラ」が原曲です。1969年4月発売『高田渡/五つの赤い風船』からシングルカット曲。

「自衛隊に入ろう」の歌詞は、自衛隊を風刺するもの。それにもかかわらず防衛庁(現防衛省)から自衛隊のPRソングとしてのオファーされたという漫画のような話があります。後に放送禁止歌になりました。

自衛隊を風刺?今では考えられないことですが、60年安保の頃の日本で自衛隊は、存在そのものを疑問視する声が圧倒的だったのです。

ほかにも、新谷のり子のフランシーヌの場合(1969年)やジローズの「戦争を知らない子供たち」などがあります。

 

昭和のフォークソングには裏がある?


出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/07/11/02/guitar-756326_960_720.jpg

反戦フォークソングがヒットした背景には、戦争以外にも、年功序列の制度や既存のルールに対する反発がありました。自分たちが動けば社会が変えられる!本気でそう信じていたようにも思えます。

テレビにでないフォーク歌手が多く、レコード大賞にノミネートもされないけれど、受賞者よりも売り上げている。そんなフォークソングもたくさんありました。

 

岡林信康


出典:https://youtu.be/B-JZ0JjbU4A

フォークの神様と言われました。「友よ」は反戦の時代は集会等で必ず歌われた曲でした。部落の差別を書いた「手紙」。東京の季節労働者の心を歌う「山谷ブルース」は、山谷のドヤ街に岡林自身が生活していて、その時に作った曲と言われています。

牧師の子供として生まれ同志社大学に入学するも、聖書を捨て東京の山谷へ。真面目一辺倒でもなく話術もたくみ。でもなんとなく今のシンガーソングライターと違うように思えます。代表曲「友よ」「チューリップのアップリケ」「私たちの望むものは」など多数。

声量のある澄んだ声は感動に値します。美空ひばりにも一目を置かれ交流もありました。

 

井上陽水


出典:https://youtu.be/GuHIw_16ZIA

アンドレカンドレという妙な名前。高下駄をはきアフロヘア。代表的なアルバムは1973年「氷の世界」で日本市場ミリオンセラー。代表曲「傘がない」・「東へ西へ」。中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」など他のアーティストへ楽曲提供も多数。

学生紛争がリンチ殺人で終焉。世の学生たちは無気力・無関心・無責任の三無主義世代へ突入しました。

世間のことより、自分の今が大事。(いくら権力にぶつかっても何も変えられないじゃないか)「傘がない」の歌詞は学生紛争後の、そんな虚無感が支配した時代を歌っていると評されています。

 

吉田拓郎


出典:https://youtu.be/ryutpbPwrz4

童顔でかわいい顔立ちから繰り出される強烈なジョーク。言葉の端々に「オレ様」節がさく裂のステージは大盛り上がりでした。当時は歌の良さよりも、拓郎その人が好きという人が多かった気がします。

テレビに出演しないにもかかわらず、レコードは飛ぶように売れるスーパースターでした。吉田拓郎が出た頃から、フォークの世界は大きく変貌しました。フォークの枠を越え、さまざまなジャンルの曲が歌われました。もし拓郎がいなければ今のJポップはないとまで言われています。

代表曲は「結婚しようよ」「旅の宿」。陽水と同じようにCMソングや他の歌手へ楽曲の提供もしていました。梓みちよの「メランコリー」ムッシュかまやつの「我が良き友よ」など。「襟裳岬」は森進一のイメージを一新させました。

 

いかがでしたか?

歌は個人の思い出であると同時に時代を反映するものです。今回、聞いた記憶は定かでなくても曲のタイトルに触れ、忘れていた時代のぬくもりを思い出すキッカケになると嬉しいです。

 

懐かしい昭和の時代をこちらの記事を読んで感じてみませんか。

>>>懐かしい昭和にタイムスリップ!~レトロな時代が今よみがえる~

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hasumi

hasumi

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

  • 懐かしい昭和の自動車!マイカーは夢とステータスだった

  • 懐かしいだけじゃない!昭和のイラストはかわいいの原点

  • 昭和のcm12選!懐かしいフレーズや音楽は当時の最先端だった