1. TOP
  2. 歌謡曲
  3. 昭和の春の歌でゆっくりと春を感じてみませんか

昭和の春の歌でゆっくりと春を感じてみませんか

以前に昭和の春の歌について特集をしましたが、まだまだ昭和の春の名曲があるので再度特集をしてみます。

春という素敵な季節を満喫しながら、聴いてみたい曲をお伝えしていきましょう。

 

昭和の春の歌については、こちらの記事にも書いてあります。
>>>春になると思い出す!昭和の春の歌特集

 

ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ/松任谷由実

出典:http://img15.shop-pro.jp/PA01239/479/product/82810553.jpg?20141029162610


今回は松任谷由実の曲としてご紹介していきますが、この曲は原田知世への提供曲で主演ミュージカルの主題歌として作られました。

シングルについては1983年7月に原田知世がリリース、同年8月には松任谷由実自身がリリースしています。松任谷由実の19枚目のシングル。15枚目のオリジナルアルバムにも収録されている曲です。

小説のような魅力のある歌詞が印象的ですね。傷ついた日々も決して無駄なものではないと歌っているので、冬から春にかけて、まるで生まれ変われるように感じます。

大切な人への想いを心を込めて伝えているので、聴いていると心が温かくなる名曲。ゆっくりと歌詞が心に入ってくる、春を感じながら静かに聴いてみたい1曲ですね。

 

Rock’n Rouge/松田聖子

出典:https://img.discogs.com/MJYAcBOzkry3uEwd_SgRWFmf3gI=/fit-in/600×593/filters:strip_icc():format(jpeg):mode_rgb():quality(90)/discogs-images/R-3545538-1334695485.jpeg.jpg


松田聖子の16枚目のシングルです。松田聖子が出演したカネボウ化粧品の春のイメージソングになりました。作曲は呉田軽穂(松任谷由実)です。最初は少しかっこいい女性のようで、男性を冷静に見ている雰囲気。

そして PURE PURE LIPS~ からとても可愛い曲調になります。最初とイメージが変わるので、聴いている人にはとても楽しめる曲かもしれません。

PURE PURE LIPS~のところからの可愛らしさが松田聖子に合っていて、思わず見とれてしまうような魅力があります。

ちょっとロック調の始まり方なので、ノリの良い曲なのかなと思うのですが、段々と流れが変わっていくので、引き込まれやすいと感じる人も。

PURE PURE LIPS~のところからが特に春らしいですね。花びら色の春に向けてふわふわと心が浮かんでいくような…。女性の色々な面を見せてくれる曲でしょう。

 

想い出がいっぱい/H2O

出典:https://image.middle-edge.jp/medium/10383feb-ba42-41c3-940a-92cfd1dab6f9.jpg?1468952131


H2Oの5枚目のシングルです。中学や高校の音楽の授業や合唱コンクールに使われることも多く、幅広い世代に好かれている名曲です。アニメのエンディング曲としても使われています。

H2Oにとっては初めてオリコンシングルチャートに入った作品。グループの知名度を上げる曲になりました。

青春を感じさせる魅力ある曲で、聴いている人がそれぞれの想いを心に浮かべることのできる曲だと思います。

卒業の曲とも言えますが、未来を歩んでいく春の曲のイメージも強いですね。これから先もずっと歌い継がれていく、爽やかさの中にも見守る優しさを感じる曲ではないでしょうか。

 

う、ふ、ふ、ふ/EPO

出典:http://jack-diary.mitelog.jp/afmm/images/2010/04/03/epo.jpg


EPOの5枚目のシングルです。資生堂化粧品のキャンペーンCMソングとして使用されました。歌手デビューをして初めてのオリコンTOP10入りを果たしたのです。

EPO自身の最大のヒット曲でもあります。リリースしてからは様々な場面でこの曲が使用されていたので、聴いたことがある人はとても多いですよね。

春を感じさせてくれるウキウキ感のある曲なので、毎年春には聴きたくなる人が多いかもしれません。

聴きながら春を感じて街中を歩きたくなる!と思う曲です。女性が綺麗になりたい、そして綺麗になるための曲のように感じます。

涙を武器にかえて の歌詞からも綺麗になっていく女性を想像させてくれるでしょう。自分の中に はやりを持つのが今のオシャレという歌詞に、なるほどと思う人もいるのではないでしょうか。

明るくてポップな雰囲気の中に、実は深さを感じる歌詞もある不思議な曲でもありますね。

 

春の予感 -I’ve been mellow-/南沙織

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ef-7e/vw_vento_vw/folder/1559029/23/53236123/img_1?1335461752


通算25枚目のシングルです。資生堂のキャンペーンソングに使用された曲で、作詞作曲は尾崎亜美。

春の魅力を感じることのできる、とても素敵な曲です。南沙織の魅力と女性らしい曲の内容がとても合っていますね。

春に誘われたわけじゃない という女性としての強い気持ちも感じる曲です。素直に好きな人の胸に飛びこみたい、春が背中をそっと押してくれるのかもしれません。

優しく包み込むような曲でもあるので、甘く穏やかな春を感じることも出来そうですね。

 

花の首飾り/ザ・タイガース

出典:http://www.tapthepop.net/wp/wp-content/uploads/2015/02/8bb2bb5f42f804af74773455bc2631fc.jpg


ザ・タイガースの5枚目のシングルです。最初は「銀河のロマンス」をA面にしてB面の曲として発売されました。

その後、こちらの曲の人気が上昇したので「花の首飾り」をA面にして再発売したのです。オリコンチャートでは、両A面表記になっています。

ザ・タイガースの曲の中では最大のヒット曲になりました。ザ・タイガースと聞くと、この曲を最初に思い出す人は多いかもしれません。この曲は多くのアーティストにカバーされています。

カバーされた回数は合計70回以上と言われているため、やはり多くの人に好かれて人気のある曲だと納得が出来ますよね。

 

薔薇の鎖/西城秀樹

出典:http://orikarapoponta.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_23d/orikarapoponta/E89694E89687E381AEE98E96.jpg


西城秀樹の8枚目のシングルです。雑誌で募集した歌詞を原案にして、たかたかしが作詞を担当、作曲は鈴木邦彦です。

オリコンで最高3位、100位以内に18週にてランクインされた曲。これまでにバラードが続いていた中で、激しい曲だったのでファンとしてはとても新鮮な気持ちになりました。

スタンドマイクを使ったアクションが、とてもかっこよくて更にファンが増えたのではないでしょうか。

西城秀樹がキラキラと輝いていて、思わず見とれてしまう人も多かったのでは。とても短い曲の中、こんなに魅せてくれるなんて西城秀樹はやっぱり素晴らしい!と思う人は多いと思います。

 

パレードがやってくる/安全地帯

出典:https://i.ytimg.com/vi/dUPxr5kRCFU/hqdefault.jpg


安全地帯の5枚目のアルバムの中の曲です。この『安全地帯V』というアルバムは、オリジナルアルバムの中で最も多い収録曲数のもの。

とても元気になれる温かい曲です。玉置浩二の歌声には、本当に包まれるように癒されると感じます。この曲は癒しと元気を与えてくれるので、春にパワーが欲しい!と思う人には最適でしょう。

 

昭和の春の歌に包まれてみよう

春だからと言ってすぐには元気になれない…。そう思う気持ちの中で、昭和の春の歌は優しく包んでくれるものも多いです。

季節についていけない気持ちになる時があっても、自分のペースを大切にしながら好きな曲を聴いて日々を歩いていければ。

そして好きな曲を見つけられたら、この出会いは人との出会いのように素敵なものになるかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 80年代の失恋ソングで時に癒される名曲とは

  • うる星やつらの魅力的な登場人物!あなたは誰が好きですか?

  • エースをねらえ!の岡ひろみとお蝶夫人が魅力的で好きだった!

  • 昭和の歌番組といえば「ザ・ベストテン」どんな思い出がありますか?