1. TOP
  2. 昭和その他
  3. 50年代のアメリカファッションで皆が夢中になったもの

50年代のアメリカファッションで皆が夢中になったもの

50年代のアメリカファッションといっても、すぐにピンとくるものがないと思いますが、古きよきアメリカを感じさせる素敵なファッションって、考えるとたくさんあるんです。海外の流行は日本ですぐに取り入れられていますが、インターネットがない時代は映画や雑誌から海外の流行などをキャッチしていましたよね。

50年代のアメリカはとくに後半になるとトースターや洗濯機、掃除機などの家電が次々と登場し、大きな高級車を乗り回す人が増えるなど、日本のバブルような豊かさで生活する人も多かったようですね。そんな50年代のアメリカではファッションはどんな流行りがあったのでしょうか。

 

昭和のファッションについては、こちらの記事に書いてあります。
>>>昭和のファッションって思わず吹き出す?!懐かしいオシャレを振り返ってみよう

 

ペンシルドレスでお出かけ

出典:https://i.pinimg.com/736x/7a/97/fd/7a97fdfcfa542247061c7eb081d312e1–sofia-loren-sophia-loren-style.jpg


ハンドバックとパンプスがマストアイテムの 50年代のアメリカのファッション。とてもクラシカルで女性らしいスタイルがメインになっていました。

昔の映画を見るとお母さんたちは素敵なワンピースを着てお出かけをしていますよね。ペンシルドレスと呼ばれるワンピースが流行した50年代のアメリカ。スカートがタイトになっていて全身がすっきり見えるデザインは、スタイルがよいアメリカ人女性にとてもお似合いです。

鉛筆のように細い、ということから名づけられたといわれていますが、日本では結婚式などのフォーマルな場所で着ることもあります。

ちょっと知的で大人っぽいペンシルドレスには、必ずハンドバックとパンプスがセットに。オシャレの基本形のような人気スタイルが50年代アメリカのファッションで女性に達に人気がありました。

 

ペチコートでスカートをふくっらさせる

出典:https://i.skyrock.net/1078/7361078/pics/119982253.jpg


ロックンロール映画を見ると、女性達が必ず履いているふんわりしたスカート。ひざ丈ぐらいの長さでダンスをするとスカートがゆらゆら揺れるふくらみがポイント。これは50年代アメリカファッションの定番で、ペチコートを何枚も重ねてスカートをふんわりさせていたという秘密があります。

日本でも80年代ごろにペチコートが流行した時期がありましたよね。日本ではアメリカファッションと違い、ボリュームを出すのでなくスカートの下からレースを見せて楽しむのがブームでした。ふんわりスカートでポニーテルの女の子といえば、アメリカ青春映画の代表的なスタイルかもしれません。

 

ボタンダウンのノースリーブブラウス

出典:http://coltenleonard.yolasite.com/resources/woman%20clothing%203.jpg


トップスで定番だったのがノースリーブのボタンダウンのブラウス。ふんわりしたスカートの上にはすっきり見えるブラウスがバランスよくコーデされていました。

ノースリーブブラウスは白やパステルカラー、またはストライプ柄が定番でスカートとバランスを組み合わせ、デザインと色を楽しむのが人気。もちろんシャツはスカートのなかにいれて、ウエストまわりがすっきりしています。

夏になるとへルターネックタイプのシャツもとても人気。50年代はちょっぴり肌を出して女性らしさをアピールしていたのでしょうね。今の時代のアメリカンファッションと比較すると、とても清楚でシンプルな感じがします。

 

オシャレな若者に流行りのシューズ

出典:https://1.bp.blogspot.com/-XD1NclwhYgY/Vt-dQBf4LeI/AAAAAAAAR0E/QIGqzt1_tCY/s1600/Saddle%2BShoes%2Bin%2BTheir%2BHighest%2BPopularity%2BPeriod%2B%25283%2529.jpg


50年代のアメリカファッションは青春映画を見るとわかりますが、ほとんどの人が「サドルシューズ」と呼ばれるタイプの靴を愛用していました。革靴で白と黒のコントラストがありヒールがない靴。とてもはきやすそうなイメージで、この靴ならダンスするときにも激しくジャンプしてもOK。

ちなみにサドルシューズの値段は50年代のアメリカでは4ドル前後。400~500円前後の値段だったというのですから、時代の流れがわかりますよね。またオシャレな女性だお出かけするときはパンプスがいつの時代も欠かせないアイテム。

50年代のアメリカファッションで人気があったのは3㎝前後の太いヒールで、靴の先端が丸みを帯びているデザインが多かったようです。大人っぽいなかにもキュートなアクセントを入れていたんですね。

 

ブーティソックス

出典:https://2lth8w1uv77536l8d72pqh10-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/teenager-1948-pd1-450×530.jpg


足元をおしゃれにするアイテムで日本のファッションでも人気がある「ブーティソックス」。始まりは50年代のアメリカファッションで、サドルシューズやローヒールのパンプスとコーデして愛用されていました。

白で折り返して履くこのソックスはカジュアルなファッションのポイントで、ちょっとおしゃれするときには、ガーターベルトを使ったストッキングも人気。そこまでしたくないという時はパンティソックスで後ろにラインが真ん中に走っているパンティホースが当時は大人気でした。足元のオシャレはいつの時代も忘れてはいけませんね。

 

ワイドベルト

出典:https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/a2.datacaciques.com/17/01/10/544t6499u7esoh0r/e8c5b534ab7d2d79.jpg


日本のバブル時代に流行った太いベルト。チャンピオンベルトのように優越感を感じながら使った思い出がありますが、50年代のアメリカファッションではすでにベルトが大人気になっていました。

トップスはパンツやスカートにしっかり「イン」していた時代なので、仕上げにベルトできゅっとアクセント。バックルがなくフック式で止める太目のベルトが50年代の定番アイテムです。

この時代はワンピースを購入するとマッチしたベルトが一緒についてくるほど、一心同体になっているおしゃれグッズ。ヒョウ柄、無地、シルバーなどベルトだけをみても大変ファッショナブルがデザインが多いですね。

 

50年代のメイクのポイント

出典:http://image.glamourdaze.com/2012/05/1950s-lips-masterclassA.jpg


50年代のアメリカファッションで大切なのがメイク。この時代は女性のナチュラルビューティーを意識したメイクが流行りで、眉毛も自然の形を残したアーチ形が多かったようです。アイラインはウィングティップと呼ばれる目尻をシュッと上に描くテクニックが主流で口紅は赤がトレンドになっていました。

まつ毛は上だけを強調してたっぷり目にマスカラをつけるか、つけまつげでポイントをだすか。昔のアメリカのテレビドラマなどを見ると、皆さんアイメイクにかなり時間をかけていたような印象を受けますよね。「Besame」というアメリカのレトロブランドのコスメがあり、50年代に大変人気があったようです。

 

50年代のアメリカファッションは大人可愛いスタイル!

50年代のアメリカファッションで人気だったアイテムは、今の時代でもオシャレにプラスできそうなものがたくさんあります。ロックンロールを踊りたくなるような大人可愛いファッションは、古き良きアメリカの懐かしい風景によくマッチしていますね。

 

・70年代アメリカのファッション
・70年代のおもしろキッズおもちゃ
・70年代のスポーツ界での出来事

などについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!
>>>70年代のアメリカではこんなことが起こっていた!

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代は洋楽ロックの黄金期!今でも名曲といわれるオススメヒット曲

  • 70年代の怖い映画でなぜかまた観たくなる作品はどれ?

  • 懐かしいバンドのベイ・シティ・ローラーズに夢中になったあの頃!

  • 懐かしいアイスクリームのレディーボーデンはリッチなおやつ!