1. TOP
  2. 昭和その他
  3. どうしても欲しかった懐かしいキャラクターグッズ!昭和の大ヒットはどれが好き?

どうしても欲しかった懐かしいキャラクターグッズ!昭和の大ヒットはどれが好き?

懐かしいキャラクターでまず思いつくものってありますか。キャラグッツは今では洋服や文具、お菓子をはじめあらゆる商品として市場に出回っています。昭和の頃は大好きなキャラクターの種類って意外と限られていたので、学校の文房具用品が同じキャラで染まってしまった時なんかもありましたよね。

では昭和時代が懐かしいキャラクターにはどんなものがあったのか、早速ご紹介していきましょう。

 

80年代のキャラクターについての詳しい記事はコチラです。

>>>80年代のキャラクターは可愛くて魅力的☆当時はグッズも大人気!

 

ダッコちゃん

出典:http://blog-imgs-65.fc2.com/p/o/c/pocolka3/CAMCIYFD.jpg

昭和35年に発売されたダッコちゃんは、ビニール製の人形で空気で膨らませて使います。今の時代ならどこかでおまけでもらえそうな人形ですが、当時はダッコちゃんを腕につけて歩くのが、とてもオシャレなステータスになってました。

ビーチで腕にダッコちゃんをつけている若い女性、銀座をダッコちゃんと一緒にショッピングしているカップルなど、デパートでは売り切れが続出して大ブレイクした懐かしいキャラクターです。ダッコちゃん本体だけでなくプリントされたTシャツなども便乗し、さらに販売元のタカラはダッコちゃんマークを社標にするなど。

しかし1988年にはダッコちゃんは黒人差別では?との意見から販売が中止されました。

 

 サンリオ パティアンドジミー

出典:http://yaplog.jp/cv/yamu98/img/50/img20081024_p.gif 

どうしてもパティアンドジミーの筆箱が欲しくて町中を探した経験がありますが、とても懐かしいこのキャラはラブラブなアメリカカンザスシティに住むカップルという設定です。

初めて登場したのが1974年、同じ年にはあのハローキティやハニーアンドマッティなどもサンリオからスタートしています。翌年の1975年になるとマイメロディ、いちごの王様、ビジーライダースなども登場し、1970年代はサンリオが話題集めるきっかけになるキャラが色々でてきた時です。

パティアンドジミーは現在でもlineのスタンプなどで人気があり、昔懐かしい子供の頃を忘れられない大人に愛されています。

 

サンリオ ザ・ホードビルデュオ

出典:AQMBBAcFBAQMAwcFAAABAgMABBEhBQYSMQcTIkFRYXEUMoGRoUJSscEjYpPRFRYzQ1NUcpKistLwNILCFyRjdIOU8SVkc8Ph/8QAGgEBAAMBAQEAAAAAAAAAAAAAAAIDBAEFBv/EAC8RAAIBAgUCBAQHAQAAAA

1980年代はサンリオの全盛期。女の子なら競い合ってサンリオグッツを集めたと思います。サンリオの懐かしいキャラは実に種類が豊富ですが、男の子と女の子の二人が並んでいるザ・ボードビルデュオは1983年に誕生しました。

プロフィールをご紹介しますと、ニューヨーク在住の男の子エディト女の子のエミィはお誕生日が一緒の幼馴染。エディは冒険が大好きでブロードウェイを目指すエミィは将来舞台に立つことを夢みています。ちなみにこの二人の誕生日は1月25日。

サンリオキャラでは意外と珍しい男女のペアということもあり、サンリオキャラであるとは気が付かなかった人も多いと思います。

 

ピンクパンサー

出典:http://d3ef4v2vwabma7.cloudfront.net/thumbnail/large/cnprogram/cn_program_img_pc_1277784885.jpg

子供の頃流行ったゴム人形でピンクパンサーの長い手足をぐるぐる巻きにした思い出があります。ピンク色の一見可愛いカラーが色々な商品として人気が出ましたよね。

そもそもピンクパンサーは1964年の実写映画の前に、オープニングのアニメとして登場したことがキャラ人気の始まりになりました。国内では1977年に当時の東京12チャンネルでアニメが放送され、ピンクパンサーのちょっと意地悪な性格が思い出に残っています。

ピンクパンサーの誕生日は1964年4月11日、性別はオスで好きな色はピンク色でいたずらが大好きという性格の持ち主。こんなプロフィールがあったことご存じでしたか?

 

スヌーピー

出典:https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/49696abfe3034bce97420a8fe0dd0d7b5bc004f5.52.1.8.2.jpg

いまだに健在の懐かしいキャラのスヌーピーは、1950年にアメリカの漫画「ピーナッツ」に登場した犬のキャラとしてブレークしました。スヌーピーはビーグル犬で耳が垂れているところがとても愛嬌がありますよね。

主人公のチャーリーブラウンが飼い主でスポーツや変装など色々こなすオールマイティな犬です。スヌーピーグッズは洋服や文房具などで昔とても人気がありましたが、今でもスヌーピーファンは多いですよね。主人公のチャーリーブラウンもあちこちでキャラとして商品化されています。

グッツキャラとして知っている人は多いようですが、実際にアニメでスヌーピーを見たことがある人は少ないですよね。今度はぜひキャラだけでなくアニメのストーリーも楽しんでみましょう。

 

佐藤製薬のサトちゃん

出典:http://img04.ti-da.net/usr/vine/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC.JPG

 

昔薬局の前に必ずおいてあったオレンジ色のサトちゃん像は佐藤薬局のマスコットとして1955年に登場しました。お店の前にいるサトちゃんは鼻がちょっと短めですが、当時は実物の像に近い長い鼻のキャラでした。

佐藤製薬のお知らせなどの印刷物にサトちゃんがキャラとしてプリントされたのがそもそもの始まり。昔は薬局の前に置かれていたので製薬会社というよりは薬局共通のマスコットなのかと勘違いした人もいると思います。キャラが出来上がった時に「サトちゃん」という名前はまだついていなく、同じ年に一般公募でサトちゃんという名前が決まったそうです。

そもそもなぜ像がマスコットになったのかというと、像は100歳まで生きる長寿の動物のため、健康をアピールするために選ばれたそうですよ。

 

タマ&フレンズ

出典:https://renote.s3.amazonaws.com/uploads/article_image/file/17772/woman_092_ip4a.jpg

1983年に誕生したタマ&フレンズはファンシーグッズのキャラクターとして文房具を始め色々な種類のグッズが大人気になった懐かしいキャラクターです。

その後テレビアニメ化もされて「うちのタマ知りませんか」のタイトル、通称うちタマはショートアニメが放送開始されるなど、いまだに根強い人気を持っているキャラクターです。

小学校の教育教材や信用金庫のマスコットとして使われるなど、とても生活のなかに馴染んでいるキャラクター。アニメが最初だと思っている方も多いと思いますが、タマ&フレンズは最初はファンシーグッズで始まったものだったのです。

 

昔流行った懐かしいキャラクターのグッズは今はどこに?!

子供の頃どうしても欲しくてねだったキャラグッツってたくさんありますよね。コレクションしたほど大好きだったキャラをはじめ、一瞬で飽きたもののなかにはあります。

懐かしいキャラを見ると、当時友達と盛り上がり色々とグッツ交換したことなどが懐かしくなりますね。昭和を感じるキャラは今だに健在で人気があるキティちゃんなどもあります。いつの間にか姿を消してしまった昔懐かしいキャラたちがいつか復活してくれると嬉しいですね。

 

昭和のアニメ特集については、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

>>>学校から帰ってきたらすぐに見ていた懐かしい昭和のアニメ特集!

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のdiscoシーンは刺激を求める人のたまり場!!

  • 70年代のファッション映画ってとても素敵でエキセントリック!

  • 昭和の服といえばギンガムチェックが超イカしてたのはなぜ?

  • 昭和の風景でノスタルジックな世界に行ってみよう!今でも残るレトロな場所