1. TOP
  2. 昭和その他
  3. 懐かしいコスメは万能選手!椿油の歴史と驚きの使い方

懐かしいコスメは万能選手!椿油の歴史と驚きの使い方

懐かしいコスメは今でも愛用者が多く、おばあちゃんから孫の時代まで続くロングセラー商品がたくさんあります。そんな懐かしいコスメのなかでも忘れてはいけないのが「椿油」。

油って聞くとべたついて使うのがちょっと嫌な人もいるかもしれませんが、昭和の美人たちが愛用した椿油には色々な効果や使い方があります。今だに愛用者がたくさんいるのは一体なぜでしょうか。懐かしいコスメを代表する椿油のあれこれについて見ていきましょう。

 

懐かしい化粧品については、こちらの記事に書いてあります。

>>>懐かしい化粧品のどれを使った?今でも健在の人気アイテムも!

かなり古い!椿油のヒストリー

出典:https://womagazine.jp/wp-content/uploads/2016/10/s-s-2401027307505-1.jpg


椿油は続日本紀に「渤海国の使が帰るときにつばき油を贈った」との記述があることから、かなり古い時代から使われていたといわれています。太平洋戦争の時は椿油はなんとゼロ戦の燃料になっていたこともあるようで、スキンケアだけでなくあらゆる場面で重宝されていたようですね。

子供の頃、おばあちゃんやお母さんの化粧台に必ず置いてあった懐かしいコスメの椿油。小さな小瓶に入った黄金色の油は一体何に使うのかミステリーでした。主にヘアケアとして昔の女性が愛用していた椿油ですが、今はオイル系のコスメが当たり前に販売されている時代。椿油を使った美容法は時代の最先端を行ってたのかもしれませんね。

懐かしいコスメの代表的な存在ですが、とても用途が広く色々なコスメがあふれている今の時代、シンプルな素材の椿油はぜひ毎日の生活にプラスしたいアイテムなんです。

 

かづら清のつばき油使ったことある?

出典:http://pds.exblog.jp/pds/1/201004/25/25/b0111525_11152958.jpg


椿油のブランドで昭和の人気商品だったのがかづら清の「つばき油」。1974年に販売スタートし今でも現役で頑張っています。オーガニックコスメなんてオシャレな名前がついている時代、つばき油はまさしく天然原材料のコスメ。かづら清のつばき油は無香料、無着色、ノンアルコールなどとっても肌に優しい成分です。

お値段はちょっと高めですが、敏感肌の方には気になるアイテムですよね。懐かしいコスメは今の時代でも愛されているのはワケがあるから。このつばき油を作っているかづら清老舗は創業したのがなんと慶応元年。かんざしやくしなどの飾りを販売し、つばき油を使ったスキンケアグッズも今現在も色々と販売を行っています。

 

椿油の老舗といえば大島椿!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QF0BY574L.jpg


椿が有名な伊豆大島。こちらで自生する椿を使った油を販売したのが創業者の岡田春一。発売開始した昭和2年の物価はコロッケが6個前後で10銭の時代。このときに大島椿の椿油は40ml入りの小さなボトルでなんと30銭もした高級アイテムです。

でも昔はコスメにお金をかけたくてもかけられない人も多く、そんな人達のために椿油を普及させるため銅壺に椿油を入れて各家庭をまわって量り売りをしたそうです。それほどまで自信をもって発売した椿油は昭和の懐かしいコスメとしてどの家庭でも使われるように広まりましたが、油の扱いはちょっと苦手という人も少なくありませんでした。

昭和45年に大島椿は社名を「株式会社大島椿本舗」に変え昭和50年になると大島椿シャンプーも発売をスタートします。平成に入ってからはスキンケア商品や大島椿のヘアコロン、ヘアクリームなども販売を始めていますので、椿油グッズを愛用している方も多いかもしれませんね。

 

椿油で髪がツヤツヤ!

出典:http://beauty.yumeyakata.com/hairstyle/r_style/004.jpg


懐かしいコスメの姿がどんどん消えていくなか、椿油はいまでも定番アイテムですよね。昭和の美人さんがヘアケアとして愛用した理由は、オイルの効果で髪がツヤツヤになる為。パサついた時や乾燥しているときはシャンプー後に椿油を髪になじませてからドライヤーをかけるとしっとりして、熱のダメージから守ってくれる効果もあるんです。

昭和は今の時代みたいなヘアケアグッズが色々ありませんから、椿油を使っていた人はとても多かったと思いますよ。椿油の良い点は植物性でさらっとしているので伸びが良く、髪につける時も1~2滴程度で十分。お値段が高いので節約して使いたくなりますが、コスパは意外といいかもしれません。

髪の毛に使うだけでなく昔から椿油は頭皮ケアとしても人気がありました。かゆみや頭皮の乾燥が気になる時はオイルを2滴ほど手に取りスカルプマッサージ。髪がふさふさの昭和美人になれそうですね。

 

ボディケアにも抜群の保湿効果あり!

出典:http://img02.shop-pro.jp/PA01123/246/etc/body_img2.jpg?2138


懐かしいコスメの機能性は今の時代ではなかなかお目にかかれません。椿油は髪につけるもの、と思っている人が多いようですがスキンケアにも抜群の効果を発揮します。椿油は天然由来のオイルなので肌にすっと浸透してべたつきもそれほど気になりません。

顔の保湿、ボディケアにも使えますので椿油が一本あれば全身これでお手入れができる便利グッズなのです。そこで椿油のスキンケア技を少しご紹介しましょう。まずはクレンジング。椿油を手のひらに少量のせて顔全体に伸ばします。メイクを浮かせた後はティッシュオフして洗顔料で洗ったら完了です。

そしてオイルパックとしても使えますので、洗顔後の綺麗な肌にオイルを伸ばしそのまま10分ほど放置してオイルを拭き取り洗顔。さらに気になる毛穴の汚れなんかも椿油のマッサージで綺麗になりますのでぜひトライしてくださいね。

 

健康にもよし!椿油は食用でもOK

出典https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fkinarino.jp%2Fsystem%2Fpress_eye_catches%2F000%2F003%2F506%2Fe1398971f47a692d650a4075ecb4dcf8187335b1.jpg%3F1407721907&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r:


椿油はオレイン酸が豊富に含まれる健康食品。天ぷらや炒めもの料理などでも使える便利アイテムです。酸化しないオイルといわれていますので、アンチエイジングとして食事にプラスするのもよいでしょう。ドレッシングに数的合わせて使うのが一番簡単で香りも良くていいかもしれませんね。

こんな椿油ですが高級なのでたっぷり使うのはちょっと抵抗になりますよね。椿の種をたくさん集めて自分で油を精製することもできるようですが、貴重な椿油は老舗ブランドの商品を購入するのが手っ取り早いでしょう。椿油って1㎏の種から100㏄ほどの油しかとれないそうですよ。だからこそ値段が高く貴重なコスメ。昭和の美人がこよなく愛した理由も納得ですね。

 

懐かしいコスメの椿油を早速使いこなしてみよう!

椿油は肌にも髪にもよい機能的なスキンケア商品。昭和の女性のツヤツヤ肌や髪はきっと椿油のおかげなのかもしれませんね。チャンスがあったらぜひ一度使ってみてください。

 

・シャワラン
・バスボン
・ティモテ
などについては、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

>>>懐かしい…シャンプーも時代と共に変化アリ?香り弾けた昭和のシャンプー

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 懐かしいバンドのベイ・シティ・ローラーズに夢中になったあの頃!

  • 懐かしいアイスクリームのレディーボーデンはリッチなおやつ!

  • 懐かしいアニメ!80年代の海外の人気キャラクターが楽しかった!

  • 懐かしいゲーム機!任天堂のファミリーコンピュータに夢中になったあの頃!