1. TOP
  2. 昭和その他
  3. 懐かしい時代!テレビが出はじめの日本ってこんな様子だった!

懐かしい時代!テレビが出はじめの日本ってこんな様子だった!

私たちの生活に欠かせないテレビですが、当たり前のように存在しているテレビも、初めて登場してからテレビ放送は60年が経過しました。ということは今の高齢者のなかには初めてテレビが登場した日のことを覚えている人はたくさんいるということですよね。

今や最新テクノロジーで3D映像を始め画質や音質もかなり進化したテレビ。では早速ですが昭和のテレビ史について勉強していきたいと思います。

懐かしい昭和の時代に!一緒にタイムスリップしてみませんか?

>>>懐かしい昭和にタイムスリップ!~レトロな時代が今よみがえる~

 

テレビが初めて販売された日

出典:http://www.hummingheads.co.jp/reports/images/series04_television02_02.png

今の薄型テレビを比較すると、昭和のブラウン管テレビはまるでひとつの家具のような存在感がありました。さらに昔にさかのぼると、テレビはモノクロで家庭に1台なんて贅沢はまったくありえない高級品でしたね。

テレビ放送は販売される前からNHKで実験放送などを行っていましたが、一般に初めて販売されたのは1953年のこと。シャープが国産第一号となるテレビを販売しました。このときのテレビの値段は17万5千円。超高級品で今みたいにボーナスにテレビを買い替え!なんて気軽なものではなかったようです。

 

テレビができたのはこんな時代

出典:http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_oldnews/syo118-photo1888.jpg

懐かしいのはテレビだけでなくて、この時代には「三種の神器」なんて呼ばれる今では当たり前の家電が販売されはじめた背景もあります。テレビの販売前に売り出されたものがナショナルの電気洗濯機。初めての洗濯機にはなんと脱水機能がついていないというのですから、ちょっと不便な気もしますよね。

そしてもうひとつの神器が冷蔵庫。これもナショナルから販売されたもので。1953年に初代の冷蔵庫が一般販売をスタートしています。昭和の子供の頃になんとなく覚えている人もいるかもしれませんが、昔の冷蔵庫って冷凍庫と扉が分かれていなく、冷蔵庫内の上のほうに冷凍ゾーンが少しある程度でしたよね。

これでは冷凍食品の買いだめもできない状態に。三種の神器が発売されて、1958年には東京タワーが完成。そして翌年は皇太子ご成婚のニュースなど、この年にはテレビは200万台普及したといわれています。

 

街頭テレビでみんながテレビをシェア

出典:http://rca.open.ed.jp/city-2001/his/60/img/photo019.jpg

テレビが出たての頃は、一般家庭が買えるような値段ではありませんでしたので、テレビを持っている家庭って超セレブでしたね。当時の物価から計算すると今の時代に高級車を買うようなノリ。そのためテレビは「街頭テレビ」として街中でみんなが自由にみられるように設置されていました。

設置されたのは街頭以外にもデパートや公園など、スポーツ番組やニュースなどを放送し、みんなで仲良くシェアしていました。テレビはシャープ以外にもその後ナショナルから発売され、17インチの白黒テレビが29万円。

現在の価格にすると760万円程度になります。テレビって絵が写る不思議な箱なんておじいちゃん達が話しているのを覚えていますが、今みたいに家でごろりと寝そべりながらテレビを見るには、相当時間がかかったのでしょうね。

 

テレビ放送の歴史

出典:http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/2/adf8ff84add8dbeff8e78b838d850d7d9ec4b4aa.26.2.2.2.jpg?thum=53

はじめはテスト放送的なものだけだったテレビも徐々に内容が濃くなり、あらゆるジャンルの放送が始まります。テレビ放送が開始されて3週間目にスタートしたのが人形劇。さらにそのあとには連ドラの「事件記者」という番組もスタートしています。

もちろん白黒放送。最初のテレビ放送はやはりNHKがメインでしたが、今でも放送が続く「今日の料理」は1957年からスタートして、「おかあさんといっしょ」は1959年からスタートして言える超歴史の古い番組なのです。

そしていよいよみんなが待っていたカラーテレビ。実は日本は世界でアメリカ、キューバに次ぐ早さでカラーテレビ放送を開始した国です。最初の頃は外国の映画や教育番組などカラーの番組は1日1時間程度と、とても貴重な時間でした。

 

懐かしいテレビ番組の思い出

出典:https://image.middle-edge.jp/medium/ab1a6cf2a639c1b1d68b18fe664ba49f.jpg?1470017636

懐かしいテレビ番組といったら何を思いだしますか。バラエティの基礎ともなるのが「8時だよ!全員集合」や「俺たちひょうきん族」がありました。ドリフはちびっこの大人気で数々の流行語も生まれ、かとちゃんの「ちょっとだけよ」は学校の休み時間にやっている男子もたくさんいましたね。

この番組のライバルになったのがたけちゃんマンとブラックデビル。おかしな戦いぶりは今のお笑いブームの基盤となっていますね。そして昭和はバラエティ番組が次々をスタートして、元気が出るテレビや夕やけニャンニャン、子供時代に欠かさず見ていたケンちゃんチャコちゃんシリーズなど。昭和を思い出す番組は数えきれないほどあります。

 

ビデオデッキの登場

出典:http://www012.upp.so-net.ne.jp/superotacky/Sony-Beta-SL6300.JPG

ビデオは昭和生まれの人にすると最先端の家電でしたが、今はすべてデジタルの時代。VHSテープすら売っているのを見つけるのは大変ですよね。懐かしいテレビの存在とは切り離せないのがビデオデッキ。初めて販売されてから40年経過しますが、とうとう生産終了してしまいました。

ビデオデッキは1976年に発売開始して、とてつもなく大きな機械は今見ると置く場所に困るほど。VHSテープは2時間録画が可能ですが、2時間なんて映画1本録画したらそれで終わりですよね。

それでもテレビ番組を録画できる技術は多くの人が感動をして、最初は高級家電として簡単には手に入りませんでした。

今でも我が家にビデオがやって来た日のことをよく覚えています。リモコンは線でつながっていた為、離れて操作ができませんでした。テレビのリモコンも初めは有線でしたよね。

 

懐かしいテレビ史は今のネット世代には通じない?

懐かしいテレビ番組や数少ないテレビ番組は、昭和の一番のエンターテイメントでしたね。家族団らんで見た楽しい番組や、放送が開始される前のテレビ画面。今や24時間放送が当たり前でしたが、昔は「砂の嵐」なんて言われる何も映っていないザーザーの画面が深夜見ることもできました。

こんなテレビで育った昭和時代は、インターネットにもなんとか追いつきながら、古いブラウン管のテレビを見ると幼少時代を思いだします。

テレビだけが楽しみだったあの頃、家族の絆を強める為にも大切なものになっていたのかもしれません。タブレットでどこでもテレビが見られる今の時代は、テレビはとても古い家電に見えているのかもしれません。

 

・足踏みミシン
・ちゃぶ台
などについての詳しい内容はこちらの記事をご覧くださいね!

>>>レトロ!昭和っぽい可愛いデザインの家具まとめ

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の懐かしいバンド~解散してしまったあの人達~

  • 昭和の名前だと年齢がわかる?当時流行った名前に心当たりある人集まれ!

  • 昭和の人気者ゴジラブームはすごかった|世界を股にかける怪獣の王様!

  • 昭和のコスメの思い出~バブル時代に流行った外国ブランド!