1. TOP
  2. 昭和その他
  3. 昭和のお菓子で「よく食べたけど最近見ないなぁ」と思う懐かしいもの

昭和のお菓子で「よく食べたけど最近見ないなぁ」と思う懐かしいもの

昭和のお菓子で「あの頃はよく食べたけれど、いつの間にか見なくなった」と思うものってありますよね。そういうお菓子を集めてみましたので、懐かしんでいただけると嬉しいです。

 

懐かしのチョコレート特集は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

>>>懐かしい!チョコレートはいつでも夢を与えてくれたお菓子

 

パピー/江崎グリコ

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-59-42/y_sirais/folder/256033/07/27769107/img_1_m?1454423085

おまけつきのお菓子で人気があったのがパピーです。ピンク色のハート型のコーンパフをイチゴ味のキャンディでコーティングしてありました。お菓子だけでも美味しくて魅力的でしたが、おまけについては女の子用と男の子用があり、集めるのに夢中になった子供たちも多かったです。

男の子用にはロボットのパピーくんが色々な乗り物に変身するもの。そして女の子用にはきかせえ人形のパピーちゃん。色々な衣装を着せ替えて遊べるので、これもとても人気がありました。

パピーのお菓子を食べながら、おまけで遊べるという2度おいしくて楽しいお菓子でしたね。

 

カリンチョ/森永製菓

出典:http://shin.moo.jp/wp-content/uploads/2014/10/karin.jpeg

少し香ばしいプレッツエルをチョコレートで包んだ、軽い食感が印象的なのがカリンチョ。

名前が可愛いということや、味が甘過ぎないところが魅力で子供たちから愛されたお菓子です。

カリンチョといえば、CMを思い出す人も多いのでは。なぜお菓子のCMなのにマッチョな男性が登場するんだろう…と、とても不思議な気持ちでした。でもこのマッチョな男性の踊りが人気を集めて、CMで使われた曲もレコード化されることに。

このレコードの名前が「ムキムキマン体操」です。頭に羽飾りをつけてマッチョな筋肉を動かしながら踊っていました。カリンチョと聞くと、このCMを同時に思い出す人も多いのではないでしょうか。

 

ぬ~ぼ~/森永製菓

出典:https://image.middle-edge.jp/medium/ba8ba0ce-8a81-4578-bbf5-5b5aec47c963.jpg?1489560772

モナカの生地の中にエアインチョコを挟んだお菓子です。商品のキャラクターも商品名と同じく「ぬ~ぼ~」。

キャラクターとしても親しまれていたので、このお菓子もとても好かれました。このキャラクターには思いが込められていたのです。

「のんびり、ゆったり、心のゆとり」というコンセプト以外にも、人々が見失いそうになる思いやりの心は「ぬ~ぼ~」によって思い出してもらいたいもの。こう考えると確かにこのキャラクターを見て、気持ちが穏やかになったように思います。見ているだけでとても可愛くてほんわかしますよね。

優しくて温かみ溢れるキャラクターです。このキャラクターを見ながら食べるお菓子の味を、今でも懐かしく思い出します。

 

さくさく小判/ロッテ

出典:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/photo/000/002/713/939/2713939/p5.jpg?ct=84b4cf3d1678

甘塩の味がとても美味しいお菓子でした。この味はなかなかない!と思い、好きでしたがいつの間にか見なくなったように思います。

パッケージのおじいさんが、かぐや姫的な雰囲気で和のテイストでした。これを見ると、どことなく昔話を見ているような気持ちになり、懐かしさを感じながら食べていました。

ネーミングもバッチリと思うようなお菓子だったので、よく買いに行ったのを覚えています。また食べてみたいなぁと思うお菓子のひとつです。

 

ポポロン/明治製菓

出典:https://i.ytimg.com/vi/9zB32QNvpKQ/hqdefault.jpg

小さなシュークリーム?と思うようなお菓子です。シュー生地にチョコレートが入っていてとても美味しい味でした。

小学生や中学生の子供たちから、特に人気があったお菓子です。ポポロンと言えば忘れられないのはCMですよね。「ポポロンロンロンロンポポロンロン 明治ポポロン」のフレーズがテレビを見ていて、とても印象的でした。

スーパーに行ってポポロンを見つけると、このCMが頭に流れて自然にポポロンを選んでしまうぐらいに、インパクトがありましたよね。このCMの効果やポポロン自体の美味しさもあり、とてもヒットしたお菓子です。

 

つくんこ/森永製菓

出典:http://nazzooi.info/80_foods/new_images/tsukunko.jpg

香ばしいステックの先にチョコレートが付いているお菓子。とても可愛くて好きでした。きのこの山、たけの子の里と同じくらいに、つくんこをよく食べていました。でもいつの間にか、つくんこだけ姿を消してしまい、淋しいなぁと。

「森のどんぐり」「すぎのこ村」などのお菓子も明治製菓から販売されてきましたので、そのシリーズ的なものだったのかもしれません。つくんこも「もーりながーつーくんこー」と言うフレーズが頭に残っています。

こういうフレーズがあったからこそ、お菓子に対して子供たちが親近感がわいて「これ欲しい!」と強く思うようになったのでしょう。この頃には当然のように口ずさんでいたフレーズが今ではとても懐かしいです。

 

コメッコ/江崎グリコ

出典:http://4.bp.blogspot.com/_lYxmpyRLgJo/TGQMwIU9CzI/AAAAAAAAAPQ/9GvhvkxCRWA/s1600/005.JPG

生地を薄くのばして焼き上げたライススナックです。サクサクとした食感も良いですが、味がとても美味しかったですね。少し子供には濃いくらいかな?と思いましたが、少し食べただけでも、満たされたような気持ちになるお菓子でした。

ホタテ醤油味と聞くと新鮮さもあり、少しおとなっぽいイメージがしたのを覚えています。今は以前のパッケージとは違っていますが、以前の箱型が懐かしいです。1973年から愛されてきたお菓子なので、リニューアルしたコメッコを懐かしさから買って食べた人も多いのでは。

コメッコの名前も、可愛くて昭和の雰囲気がしていいですよね。お米を使っているんだとすぐに分かるような名前。お菓子好きな人ではなくても、一度は食べたことのあるお菓子のように思います。

 

霧の浮舟/ロッテ

出典:https://www.lotte.co.jp/products/catalogue/choco/product_file_lotte/product_file/SD_1208170007.jpg?_size=1

エアインチョコレートとしては、このお菓子も懐かしいですね。ネーミングもお洒落で人気がありました。発売されて25年間ロングセラーを続けたお菓子です。生産終了後には、後継としてエアーズというお菓子が発売されました。

チョコレート好きな人なら、様々なチョコレートの種類を食べた経験があると思いますが、チョコレートの種類のひとつとして外せないのが、エアインチョコレート。独特の溶け方や口の中での食感は一度食べると忘れられないもの。

そのエアインチョコレートとして、思い浮かぶのはやはり霧の浮舟ですね。とても不思議で1列食べる前に、じーっと見ていた思い出があります。泡のような雰囲気もして「中身はこうなっているんだ!」と、とても新鮮でした。

 

昭和のお菓子にまた出会える?出会える時がくるかもしれない

昭和のお菓子にまた出会える機会も訪れるかもしれません。でも子供の頃に食べたあの思い出は、あの時のまま大切に覚えておきたいですね。

昭和のお菓子といえば、もっと昔のものを思い出す人も多いでしょう。自分にとって「昭和に食べたお菓子といえば…」と時には思い出してみるのも、楽しいものですね。

 

・よっちゃんいか
・モロッコヨーグル
・サイコロキャラメル
などの詳しい内容はこちらをチェック!

>>>昭和の駄菓子が懐かしい!今でもたまに見る昭和の駄菓子たち

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mayu

mayu

ライター歴8年です。
昭和だからこその魅力を少しでもお伝えできればいいなと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のラブソングで胸が熱くなる曲について

  • 80年代の失恋ソングで時に癒される名曲とは

  • うる星やつらの魅力的な登場人物!あなたは誰が好きですか?

  • エースをねらえ!の岡ひろみとお蝶夫人が魅力的で好きだった!