1. TOP
  2. 昭和その他
  3. 昭和の健康法にトライ!これで長生きも夢じゃない!

昭和の健康法にトライ!これで長生きも夢じゃない!

昭和の健康法を今でも続けている元気な人達がたくさんいます。今の時代のように健康器具やダイエット商品が少なかった時代でも、昭和生まれは独自の健康法で長生きをしていますよね。

そこで注目したいのがラジオ体操。工場勤務の労働者が外に集まり仕事開始とともに、ラジオ体操している風景は何とも昭和っぽいのですが、今の時代にも引き継がれているこのラジオ体操。昭和の健康法の代表ともいえる基礎運動を振り返ってみましょう。

 

昭和の健康法ラジオ体操の魅力については次の記事にも詳しく書いてあります。

>>>もうバカにできない!400種類もの筋肉を動かす「ラジオ体操」~昭和の健康法が今、新しい!~

 

ブーム再燃!朝からモチベーションが高くなるラジオ体操のすべて

出典:http://www.megurokuminami2.net/gyouji/20120807taisou02.jpg

学校の体育の時間、何度もやらされたラジオ体操は日本人なら誰でも知っていますよね。あの音楽が流れると自然反射で体が動きそうになることもあります。そんな昭和の健康法って知ってみると実は色々と意外な発見があるのです。

 

ラジオ体操が始まったのは昭和26年

出典:http://www.hfukuda.info/image/slet1926-1m.jpg

ラジオ体操は当時チェコスロバキアで行っていたソコール運動という全国民が一斉に行う体操を元に、簡易保険局が国民健康増進のために決定したものです。ラジオ体操の全国放送が始まったのはなんと昭和4年。あのお馴染みの音楽「ラジオ体操の歌」は昭和6年に発表されました。

その翌年昭和7年には青年向けとして旧ラジオ体操第二が作られ、全国体操の会も同時期に始まっています。このころは参加人員は2593万人。健康維持のために多くの人の興味を集めラジオ体操が始まります。

終戦後に作られた「新ラジオ体操」はちょっと動きが難しいこともありなんと1年で放送を中止。現在のラジオ体操が誕生したのは昭和26年、夏休みに色々な地方を巡回する「夏期巡回ラジオ体操」が開始されたのが昭和28年のことです。

なんとなく繰り返していた昭和の健康法は実はとても長い歴史があり、色々な試行錯誤で現在の体操が完成しているんですね。

 

ウォーキングとラジオ体操は同じ運動量

出典:http://aiz-web.com/blog/wp-content/uploads/2015/04/0116.jpg

ラジオ体操は激しい運動前に行うストレッチ的な存在ですが、昭和を代表する健康法は実はダイエットにもなるのです。今みたいにアレコレダイエットグッズがなかった昭和の時代も、もちろん肥満で悩んでいた人はたくさんいたでしょう。そんな時に減量を助けてくれるのがラジオ体操なのです。

皆さんもご存知の第一と第二の体操を続けて行ると消費カロリーは約25~35kcalになり、これはウォーキングするのと同じぐらいの運動量になるといわれています。

近年ラジオ体操ブームが再燃して、子供だけでなく大人も色々な目的で毎日ラジオ体操に励んでいます。ジムで激しいトレーニングなんかしなくても、家で簡単にできる昭和の健康法、ダイエットしたい人にピッタリなのです。ラジオ体操は3回連続してやると1日に必要な運動量がこなせるともいわれていますよ。

 

冷え性の人は絶対にやるべし!

出典:http://zi-gen.com/wp-content/uploads/2015/07/39a34e20f96cde7251a29cbb81a77c00-620×383.jpg

女性にとても多い冷え性ですが、放置しておくと不妊症の原因になるなど、とても怖い症状なんです。そんな冷え性も昭和の健康法を続ければ改善できるというのだから嬉しいですよね。ラジオ体操は血行やリンパの流れが活性化するため、手足の先端がいつも冷たい人にはとても良いメリットになりますよ。

とても基礎的な体操なんですが、全身の筋肉をバランスよく使うため収縮するごとに血管も活発に動くようになります。朝のラジオ体操は体の一日のスタートにもなっているので、寒い冬の間ついつい布団から出られない時も、頑張ってラジオ体操すると体がポカポカになるなんてこともありますね。

高齢者向けの運動だと思っている人が多いのですが、この昭和の健康法は幅広い年齢層で、各年代になにかしらメリットがある高性能な魅力があります。

 

腰が痛い!そんな人はラジオ体操で解消できるって本当?

出典:http://www.sangosmile.com/wp-content/uploads/2015/02/Fotolia_77433927_Subscription_Monthly_M-1024×683.jpg

子供の頃、夏休みになると近所の公園でラジオ体操を毎朝やった経験がありませんか。カードを持っていくと係りの人がハンコを押して、夏休みの最後には鉛筆やノートなどのプレゼントがもらえましたよね。そのご褒美が目当てで夏休みの間欠かさず公園に通った人は多いと思います。

そんなラジオ体操は全身の関節や筋肉を使うので体が柔軟になる効果があります。腰痛や肩こりになる硬直した筋肉をほぐしてあげる為にもとても効果があり、ちょっとした整体に通っているようなものなのです。ラジオ体操ってたったの3分間程度の運動ですが、実に内容が濃く真面目にやると色々な効果があります。

昭和の健康法として現在まで続いているのは、そんな優れた運動の組み合わせのおかげかもしれませんよね。仕事の途中でも短時間でできる運動は肩こり予防にぜひどうぞ。

 

いつまでも若い肌の人って実はラジオ体操のおかげ?

出典:http://sappho.jp/wp/wp-content/themes/bihada-juku/img/top/main_img.jpg

ラジオ体操を昔から続けている昭和生まれの人ってとても元気でお肌もツヤツヤ。全身を使う運動は内臓機能も活発にしてくれるので便秘の予防改善にもなるといわれていますよ。高齢者でも毎朝ラジオ体操をして足腰しっかりしている元気な方がたくさんいます。

体が柔軟になりリンパの流れも活発になると、もちろん肌の状態も健康になり老化予防になるのです。いつまでも若々しい肌を維持したいならば、若い人も早速昭和の健康法を始めるといいかもしれませんね。毎日の積み重ねが何よりも大切です。

若い人ならば代謝量も筋肉量も多いので、今から始めればきっと周りよりもパフォーマンス力がよくなるかも。アンチエイジングのためにはコツコツと毎日頑張って続けましょうね。

 

脳の働きがアップして仕事効率も上がる可能性あり

出典:http://cloud.jet-walk.jp/4leafclover/wp-content/uploads/2015/07/4dffd6776e8c42f7d550beaccde1b678.jpg

仕事前にラジオ体操をすると体の神経から脳に情報が伝達され、脳が色々な情報を整理するために活発に働くようになります。ラジオ体操のそれぞれの動きは、各部位を柔軟にしたり筋肉を使うなどひとつひとつに意味が込められています。

正しく体を動かし体の痛みや筋肉の動きを瞬時に理解するため、脳機能がアップするメリットがありますよ。朝眠い時になんとなく一日をスタートさせるより、ラジオ体操で気分をすっきりさせてみませんか。きっと脳も目が覚めて仕事効率がぐんとアップする効果が期待できます。

 

やらなきゃ損!昭和の健康法は良いことづくし!

ラジオ体操なんてちょっとダサい、なんて思っていた人も今日からはちょっと興味がわいてくるかもしれませんね。体育の時間の前にだらだら体を動かしていたあの頃。大人になってからちょっと見方を変えるとラジオ体操は抜群のメリットだらけの昭和の健康法なんです。

 

昭和の子供たちはラジオ体操を楽しんでいた!この記事に詳しく書いてあるので、読んでみてくださいね。

>>>昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

 

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のdiscoシーンは刺激を求める人のたまり場!!

  • 70年代のファッション映画ってとても素敵でエキセントリック!

  • 昭和の服といえばギンガムチェックが超イカしてたのはなぜ?

  • 昭和の風景でノスタルジックな世界に行ってみよう!今でも残るレトロな場所