1. TOP
  2. アニメ
  3. ピュンピュン丸のコメディセンスに脱帽!オツムのネジもゆるむ抱腹絶倒アニメの金字塔

ピュンピュン丸のコメディセンスに脱帽!オツムのネジもゆるむ抱腹絶倒アニメの金字塔

ピュンピュン丸

「ピュンピュン丸」は、昭和40年のはじめに子供時代を過ごした「昭和ラブ」な人たちにとって、絶対に忘れられないアニメです。
もう放送してから50年もの長い月日が経ってしまった「ピュンピュン丸」。
ただひたすらおもしろさだけを追求して作ったスラップスティックアニメ。こんなハチャメチャなアニメが昭和の日本にはあったのですよね。
埋もれていた記憶をこのページで一気に呼びさましましょう!

 

昭和の少女漫画については次の記事に詳しく書いてあります。

>>>昭和の少女漫画8選!ここから動き出した少女マンガの世界

 

ピュンピュン丸ってどんなアニメ?

いつから放送されていた?

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

「ピュンピュン丸」は昭和42年7月3日から9月18日までが第1期、昭和44年12月29日から3月30日まで続いた、合計26話のアニメ番組でした。

同じ頃に放送していたアニメやテレビ番組は、「リボンの騎士」「マッハゴーゴーゴー」「てなもんや三度笠」「ウルトラセブン」「アップダウンクイズ」などがありました。なつかしい番組ばかりですね!

忍者というと、スパイ活動や刺客として厳しい仕事にたずさわるプロ中のプロ。でも「ピュンピュン丸」は赤字続きの「なんでもOK事務所」に所属する少年忍者のドタバタコメディです。

常にテンションが高く能天気で、お約束のギャグがこれでもかこれでもかとやってきます。時代考証なんのその、戦闘機や怪獣、テレビ局やホテルなど、なんでもござれの精神で突っ走っていくところに脱帽です。

毎回くり出されるギャグの応酬にも、無心におなかを抱えて笑えて、子ども時代は本当に楽しかったです。

昭和の子どもたちの笑顔が無邪気なのは、無心で笑える「ピュンピュン丸」のような番組があったからなのかのしれませんね。

怪奇漫画家「つのだじろう」作のスラップスティックコメディ漫画

つのだじろう先生

出典:http://savers.jugem.jp/?eid=551

原作は、ご存じのつのだじろう先生。たくさんの作品がありますが、つのだ先生といったら「うしろの百太郎」「恐怖新聞」などのオカルトマンガが有名ですよね。

その先生がギャグ満載の「ピュンピュン丸」の原作者だというのは、驚きです。

原作は週刊少年キング連載だった「忍者あわて丸」というのだそうで、全6巻でネットショップで購入可能。ピュンピュン丸は白い装束を着ていました。アニメ化のタイミングで、原作も「ピュンピュン丸」に改題されたようですよ。

正式名称は「ピュンピュン丸」

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

「ピュンピュン丸」を「花のピュンピュン丸」と覚えていた人も多いのではないですか?

実はこれは新聞で使われた仮タイトル。本放送になっても手書きで「花の~」と表示していた地域もあるそうです。

印象的な主題歌は、なんと財津一郎さんが歌う

ピュンピュン丸

出典:http://www.drillspin.com/person/view/ARDSA0110877

印象的なとぼけた味わいの主題歌を歌ったのは、財津一郎さん。今でも芸能界で活躍されていますね。

ちょうどこの頃、「てなもんや三度笠」が全国的に人気になったため、彼に主題歌の白羽の矢が当たったのかもしれませんね。

彼の吉本新喜劇でのギャグ「キビシ~ッ!」なども、歌の中にしっかりと歌われていますね。

ちなみに、このとぼけた味わいの歌詞は、原作のつのだじろうさんによるもの。

エンディング曲は、当時子ども向けアニメ主題歌を総なめの人気歌手だった前川陽子さんが伸びやかに歌っていましたよ。

打ち切り決定の理由がスゴイ!

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

全26話のシリーズがなぜいったん12話で終わってしまったのか、子どもたちには人気だっただけに残念に思った人も多かったのでは?

これは、スポンサーがあまりにふざけすぎた内容にクレームをつけたからだったようです。

月曜日の午後7時半から8時というゴールデンタイムに放送するには、採算が合わないという決断があったのかも……。

とはいえ、その後全作品が放送されたのは、よかったですよね。

主要キャストの特徴と声優さんのご紹介

ピュンピュン丸

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

甲賀流の忍者で、ユニセックスのミニスカート丈の衣装とネズミのような耳付きの忍者装束が特徴です。

弟のチビ丸と一緒に赤字続きの「なんでもOK事務所」で働き、ときには町に出て「仕事やります」のプラカードを持って出ることも……。

野球忍法の使い手ですが。正当な乱闘シーンはあまりないので、強いかどうかわかりません。

敵対する伊賀忍者のさゆりに思いを寄せますが、それよりも積極的に言い寄られるのがケメ子。

チビ丸

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

幼いながらもピュンピュン丸と共に行動する弟。小柄で非力だけれど、すさまじい泣き声は破壊的な威力の持ち主。文字が巨大なかたまりになって表示されるのは、もしかしたらチビ丸が最初だったのでは?

お約束のギャグですが、そのたびに抱腹絶倒させられてしまいます。

舌ったらずの口調が特徴。「~だも(ん)」。若かりし頃の加藤みどりさんが声を担当。

当時はこのほかにも「魔法使いサリーちゃん」のよっちゃんや「ハクション大魔王」のカンちゃんの声など、子ども向けアニメの声でよく出ていました。

なんでもOK事務所所長

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

声優の八奈見乗児さんがキャラにピッタリの、ズッコケ所長。チャームポイントは、手のように自在に動く白いヒゲ。

赤字続きで困窮している事務所を経営しているものの、昼寝をしたり意外とのんきに暮らしています。意外とケメ子に高待遇。

よく出るレギュラー陣

ケメ子

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

ピュンピュン丸のことが大好きな少女ですが、嫉妬のあまりキツイことを言ったりやったりします。怪力の持ち主で、意外に母性本能があるところも。

さゆり

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

美人キャラの伊賀忍者らしく、ピンク色の装束を着ています。美人ぶりは、声優の白石冬美さんの声にピッタリ。

ピュンピュン丸のアピールにの最初はクールに対応していたものの、ときにはピュンピュン丸をめぐってライバル心を出すようになります。

風魔一族

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

レギュラーではないものの、戦闘機やロボットなどで「OK事務所」を邪魔するライバル的存在。資金力が高く、突貫工事ながらもいろいろなものを作れるなど、技術力も意外に高い?

頭領のフーマンや巨漢のダラポンのほか、アリャリャンとコリャリャンという手下もいます。

昭和42年放映と、戦後20年しか経っていないこともあり、「カラカサ零戦(ゼロセン)」や軍歌「同期の桜」などと一緒に現れたりします。

現代の3大アニメ監督も絶賛

庵野秀明(あんのひであき)氏はこう話す

庵野秀明氏

出典:http://jin115.com/archives/52049861.html

「ピュンピュン丸」のDVD化が決定したときに、日本の著名なアニメ&映像クリエーターたちも「待ちに待った!」という感想を述べています。子ども時代は、私たちと同じように「ピュンピュン丸」を楽しんで見ていたようですね。

「余計な邪心がなく、純粋な面白さを追求しているのが心地よい。昭和のエネルギーに満ちあふれており、理屈では味わえない原始的で感覚的な面白さがある。(中略)

シビレます。心洗われます。脳天に直撃です!」と、大絶賛。

樋口真嗣(ひぐちしんじ)氏も当時を語る

年齢的にはリアルタイム「ピュンピュン丸」だと思われる樋口氏。やはり再放送枠で見たようで、そのときの印象をこのように話しています。

「夏休みの宿題そっちのけで体験したピュンピュン丸。最初にして最高のテレビマンガ体験だった。

掛け値なしにくだらないギャグの数々に、オツムのネジをゆるめられた。

親にマンガやテレビを見すぎるとバカになると言われたが、後悔なんかしてないちゃんヨ~ン。」と。

「ピュンピュン丸」を再び見る方法

ネット動画で

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

そんな「ピュンピュン丸」ですが、今では放送できる言葉の枠を大幅に超えているため、なかなか放送しにくいのも事実……。

YouTubeやDailyMotionなどでは、閲覧できるものもあります。ただ基本的にこれらは違法アップロードなので、あまりおすすめできません。

DVDで大人買い

ピュンピュン丸

出典;Marsdesign

正当な方法で当時の映像を見る方法としては、DVD購入がお手軽で確実です。ネット通販なら、最短で当日から翌日には到着するかもしれませんよ。

大人になった今だから、ガッツリ大人買いして全巻そろえて、昭和の思い出にひたってみるのもよいかもしれませんよ。

◆Amazon→ピュンピュン丸

まとめ

とにかく50年も昔の日本のテレビ番組の黎明期に、こんな常識を超えたドタバタアニメがあったことに驚きです。

おそらく、今のアニメでもこれを超えるコメディアニメはないのでは?というくらいのインパクトの強い作品でした。

ピュンピュン丸の「~ちゃんよ」の口ぐせを言わなかった子どもも数知れず。財津一郎さんの歌マネであの主題歌を何度歌ったことか……。

現在は良い時代で、記憶の底にあった名作もDVDで手軽に見られるようになりました。もちろん、「ピュンピュン丸」もお手軽価格で登場しています。

ぜひ1枚からそろえて、マッタリと「子どもがえり」をしてみませんか?

昭和の少女漫画、ひみつのアッコちゃんや魔法使いサリーについての記事はこちら!

>>>昭和の少女漫画は今読んでも魅力的!懐かしの少女漫画特集

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

ピュンピュン丸

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Masayo*M

Masayo*M

ご覧いただきましてありがとうございます。
湘南在住のデザイナー&ライターです。昭和40年早生まれ。
得意分野は昭和初期〜40年代の風俗・文化・歴史・時事ネタです。
ディープな話題からポピュラーな流行まで、昭和の良さをみなさんにお届けさせていただきますね。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ムーミンがどうしても見たい!原作者からクレーム?昭和の名作アニメに隠された謎

  • 昭和レトロな町並みでタイムスリップ!今すぐ訪れたい幻風景の厳選情報

  • 懐かしいクイズ・ゲーム番組!昭和世代が興奮した視聴者参加型人気テレビまとめ

  • ピュンピュン丸のコメディセンスに脱帽!オツムのネジもゆるむ抱腹絶倒アニメの金字塔