1. TOP
  2. 昭和いろいろ
  3. 昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

昭和の子供達の夏休みはどんな感じだったのでしょうか。それぞれ違うとは思いますが、筆者が昭和の時代に体験したリアルな夏休みをご紹介します!

 

昭和の子供の遊びについては、こちらの記事でご紹介しています!

>>>ツッコミどころ満載!?昭和の子供の遊び!

 

筆者はどんな小学生だった!?

http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_6603.html

そもそも筆者はどんな小学生だったのか。

  • 地域のソフトボールチームに所属
  • 山の上にある団地に住んでいた
  • 性格は自己中心的
  • ファミコン大好き
  • 外遊びも結構好き
  • 足が速い
  • ドッジボール好き
  • 友達とは狭く深く付き合うタイプ
  • めんどくさい事は後回し
  • お小遣いは少なめ
  • 夜、外を一人で歩くのが極端に怖い

という感じでしょうか。どこにでもいる小学生だったと思います。今から考えると凄く生意気な子供だったとは思います。本人的には楽しく過ごしていました(笑)

 

リアルな夏休み体験

 

ラジオ体操やプール等、夏休みにはイベントもたくさん。一つ一つ見ていきましょう。

 

夏休み前日、パンパンの荷物を持ち帰る

夏休みのような大型の休みの前日には、学校に置いてある溜まりに溜まった荷物を持ち帰る事になります。本当はちょっとずつ持って帰っておけばいいのですが、筆者はめんどくさがりなので地獄を見ます(笑)しかも家が山の上にあったので、この大量の荷物を持って急な坂道を登らなければなりません。本当にしんどかったです(笑)

 

ラジオ体操に参加

http://www.town.oguni.yamagata.jp/news/2014/0731.html

早朝に起きてラジオ体操に参加します。いつもではありえないような時間から友達と顔を合わせる事が出来るので眠くてしんどかったですが楽しい要素もありました。スタンプカードにスタンプを押して貰いました。ラジオ体操で友達と会って遊ぶ用事を取り付けるのが日課でした。

 

校区外&家から出てはいけない時間

小学生の夏休みには色々な制限があります。まず校区外に出てはいけないという事。校区というのは、その学校の区域の事。簡単に言うと、あまり遠くに子供だけで行ってはいけないという事です。これを破り、目撃されると「地域別委員会」という会で”チクられる”事になります(笑)

子供だけでうろうろ出来る時間は確か10時から18時だったと思います。これも破ると地域別委員会でチクられる事になります(笑)

 

おばあちゃんの家に行く

https://www.youtube.com/watch?v=e8cM8u7wZoo

夏休みの恒例となっていたのはおばあちゃんの家に行く事。これは本当に楽しみで仕方ありませんでした。おばあちゃんはいつも瓶の三ツ矢サイダーや、たくさんの美味しいアイス等を大量に買って待っていてくれました。筆者はおばあちゃんっ子なので、そんな優しいおばあちゃんが大好きでした。

 

地区民プール

http://www.enjoytokyo.jp/amuse/spot/l_00025210/

学校のプールを開放してくれる日がありました。私服で水着を持っていって泳げるというもの。友達とプールの中にある白い大きめの錠剤のような物を集めました(笑)目を洗う専用の蛇口をひねると微調整が難しくて眼球にあの凄い勢いの水を当てるのが恐かったです!行きと帰り、いつもの急な坂道を歩く事になるので、結果、汗だくになって帰ってました。

 

あなたの知らない世界を見る

当時、あなたの知らない世界という怖いテレビ番組をよく見ていました。お昼の番組のコーナーだったような気がします。ビビリなのに、一生懸命見ていた覚えがあります。

 

笑っていいとも!を見る

https://www.youtube.com/watch?v=baF6aZwms_g

唯一堂々と笑っていいとも!を見る事が出来るのが夏休みです。増刊号はいつも見ていましたが、リアルタイムで見る喜びを噛み締めていました。

 

ファミコン三昧

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA

この頃の筆者の1番の幸せはクーラーが効いた部屋でコーラを飲みながらファミコンをする事でした。これ以上の幸せはこの世にないと思っていました(笑)

 

真っ黒になりながらセミを捕まえに行ったり冒険に出かける

http://harappa-daigaku.jp/archive/report/788/

友達と予定が合えばセミや昆虫を捕りに行ったり、冒険に出かけました。冒険は校区外のあまり行った事ない場所に友達と行きました。なんだか悪い事をしているようで少し大人になった気がしました。

 

あまりにも暇で自転車で徘徊

http://bigdaddyphoto2.blog100.fc2.com/blog-entry-208.html

友達と予定が合わない時は、やる事もないので一人で駄菓子屋さんでおやつを買って自転車でうろうろしたりしていました(笑)特に目的はないのですが、「あの公園に行ってみよう!」とか一人で目的を作って遊んでいました。寂しい日もありました(笑)友達に連絡してみればいいのですが、変に引っ込み思案な所もあって、友達の家に「遊ぼう」と電話をかける勇気がない日もあったんです。

そんな時は一人でウロウロして遊んでいる中で誰かと偶然会う事を願いました(笑)

 

夏休み最後の難関、宿題

めんどくさい事はなんでも後回しにしてしまう子供時代の筆者は夏休みの宿題はまさに地獄でした(笑)まず、絵日記もやってないので天気を調べる事から始めないといけません。もしくは天気の所を空けておいて友達に見せてもらうか。

その日何をやったかなんて覚えてないので、ある事ない事絵にしてました(笑)不思議と夏休みが終わる前にギリギリ終わってたような気がします。

 

時間だけはいくらでもあった夏休み

http://laniusbucephalus.blog49.fc2.com/blog-entry-104.html

上手く友達と予定を合わせて毎日を予定で埋めていけばよかったのかもしれませんが、そもそもそんなに友達が多い方ではなかったので限界があったのと、その日の気分で予定を決めたいという事もあって、比較的スカスカにしていました。大人になって気づきましたが、あんなに連続して何もやらなくていい事って人生で無いかもしれませんよね。

子供の時はお金はないけど時間は本当にたくさんあったと思います。それもこれも、親が学校に行かせてくれて自由な時間を作ってくれていたからなのだと今は思えます。大人になって一人暮らしをして、忙しい日々を過ごすと、ふと当時の懐かしい思い出が頭をよぎる事があります。

もう戻れない日々を嘆くより、あの楽しかった頃よりも今を充実させていこうというモチベーションに転化するようにしています(笑)夏の暑い日、濃い影を見つめながら駄菓子を食べていたあの頃に戻る事は出来ませんが、大切な思い出と共に”今”を精一杯生き、あの頃より楽しい日々を過ごす事は可能だと思っています。

あなたの夏休みはどんな感じでしたか?時には立ち止まってあの頃を振り返ってみると今の方が自由な事、あの頃の方が自由だった事、感じると思います。今ある幸せを大切にしながら現在の自分を構築してくれる要素となった昭和の時代に感謝しながら生きていけると素敵ですね。

 

昭和の懐かしい遊び特集は、こちらの記事をご覧ください!

>>>“昭和の懐かしい遊び特集”~「グリコ」「秘密基地」etcで遊んだ人、集まれ!~

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

てつてつ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

  • “ロッチ”偽物ビックリマンに子供が泣いた!?80年代の駄菓子屋付近で見かけた”コスモス”の嘘のようで本当の話

  • 愛しく懐かしい日々!昭和80年代生まれの筆者が過ごした子供時代

  • 昭和後期の子供が夢中になった懐かしいおもちゃ”ミニ四駆”