1. TOP
  2. 昭和いろいろ
  3. 昭和の大事件?!弁当つまみ食い事件の真相をあばく!

昭和の大事件?!弁当つまみ食い事件の真相をあばく!

昭和の大事件といえば様々な凶悪な事件や事故など、時代ごとに記憶に残るものがずらりとあります。なぜそんなことが起こってしまったの?といつまでも心の中に傷が残るような悲しい事件もありました。そんな昭和の大事件のなか、もしかしたら知らない人も多いかもしれない「弁当つまみ食い事件」というのがあったのを覚えていますか。

ちょっとレアだけど昭和のレア事件として記憶に残っている人もいるでしょう。一体どんな事件だったのか、昭和の大事件?!にはちょっと及ばないかもしれませんが、かなりインパクトがあった「弁当つまみ食い事件」について振り返ってみましょう。

 

昭和の中学生については、こちらの記事に書いてあります。
>>>昭和の中学校の学生ってあの頃どんなことしてたか覚えてますか?

 

昭和59年に行った珍事件??

出典:http://www.motomachi-h.edu.city.hiroshima.jp/club%20web/H22/gakkouseikatsu/life/DSCF1147.JPG

この事件が起こったのは昭和59年9月30日、昭和ももう終わりを迎えるラストステージに入りかけたころ、東京都中野区の武蔵丘高校でクラスメートが友達の弁当をつまみ食いしたことで勃発した事件です。

高校生の頃の「早弁」は経験がある人は多いでしょう。3時間目~4時間目にかけてお昼休みまで持ちこたえられえない生徒が、教科書を机の上に立てて隠れるようにお弁当を食べていたあの頃。先生に見つからないようにわざと席を後部に移し、人目に触れないようドキドキマックスしたあの瞬間です。

この事件は昼休み前にA君がB君のお弁当を無断で食べて、この事実を聞いたB君の友だちC君がA君を殴ったというもの。この事件で弁当の持ち主のB君とA君を殴ったC君が3日間の自宅謹慎という処罰を受けることになってしまうのです。

 

A君はどうなったの??

出典:http://livedoor.blogimg.jp/kbnakagawa/imgs/f/1/f18649f0-s.jpg

でもこの自宅謹慎処分、事件の張本人のつまみ食いしたA君、処分はなく、つまみ食いしたのに逃げおおせた?かのように思われました。しかしこの処分に怒った数十人の生徒が処分撤回を求めて学校側に謝罪を要求し、なんと校舎をバリケード封鎖するという事態に発展したのです。

たかが弁当のつまみ食い、しかし学校中をあげての昭和の大事件となり当時はメディアで取りあげられるほどの話題に。バリケードは1日だけでなく、封鎖は10月3日~8日までの合計4日間。授業は中止になり全校集会が開かれたそうです。

弁当を食べた食べないということよりも、学校側からの不公平な処分。昭和59年と言えば昭和54年からスタートした学校ドラマがとても熱く、当時の高校生は学生運動的なメッセージを送りたかったのかもしれません。今思えば学生同士が一致団結して学校側と対決するなんて、本物の学園ドラマですよね。

 

結果は学校側の勝ち

出典:http://www.sopia.or.jp/n-asojh/wp-content/uploads/2016/05/IMG_4379.jpg

ちょっとした昭和の大事件、高校生の熱い戦いは一体どのような幕を閉じたのでしょうか。学校側とバリケード封鎖中の生徒は平和的に解決をしようとしたものの、学校側は生徒総会で話合うという展開で生徒側はかたくなに拒否をします。バリケード封鎖されたのは10月3日からで、封鎖3日目になる10月7日授業を中止して全校集会。翌日8日は生徒総会で事件を凍結して授業は再開されます。

10月12日は生徒総会で封鎖生徒たちが主張する処分の撤回要求は否決されてしまい、結果的に学校側が正しいということで終わってしまいました。やっぱり学校には逆らえないのか、がっかりした生徒もいたかもしれませんが、ことの始まりは食欲旺盛な高校生が巻き起こした弁当のつまみ食いがきっかけ。

昭和の大事件なみにきっとこの学校の生徒たちは記憶に残っているかもしれませんが、珍事件というか、かなり青春時代をエンジョイした事件かもしれません。

 

学校関連の昭和の大事件

出典:http://www.coara.or.jp/~showa/event/sotugyou/13/140228-7.JPG

学生にとっては昭和の大事件だったかもしれない弁当つまみ食い事件ですが、学園ドラマなどが社会現象となるほど当時はメッセージ力も強く、あの頃現役の学生だった人達はリアルなドラマを演じてくれてましたね。

弁当事件以外にも昭和の大事件なみにすごったのは、1969年に大阪で起こった高校卒業式大荒れ事件。たまにこのような出来事は今でも聞かれますが、昭和44年という時代ではかなりレアな事件だったのかもしれませんね。

この事件が起こったのは1969年2月25日、大阪府茨木と阪南の二つの高校の反日共系の学生が卒業式の自主運営、処分撤回をめぐり卒業式の会場となる場所や職員室をバリケード封鎖した事件です。

茨木高校は生徒は教室で校内放送のみで卒業式を行い、阪南高校は式を延期して実施。3月31日は弁当つまみ食い事件でのちに話題になる武蔵丘高校卒業式に機動隊が出動する騒ぎが起こるなど、なんと全国21都道府県で56校にも騒ぎが広がりました。ちなみに3月28日に武蔵丘高校は校舎占領という事件を起こした生徒5人を停学処分になっています。

 

昭和の大事件で学生運動を忘れてはいけない!

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/1ed/3273596/20150625_1134682.jpg

学生運動は明治時代からたびたび起きていましたが戦後不況により衰退。その後、農民運動や労働運動などの社会運動と連携して1922年に学連を設立。この時代から社会主義やマルクス主義が拡大して様々な学生運動が始まります。1960年以降では1980年4月に起こった清水谷公園での全国学生共同闘争が記憶に新しいでしょう。55大学より1000人が集結して、革マル以外の全党派が集まり集会が開かれました。

若者にとっては昭和の大事件で時代を変えるためにみんなが積極的に学生運動に参加し、そのなかには今では著名人となった人達も少なくありません。たとえば獨協大学全共闘に参加した根津甚八、信州大学全共闘議長を務めた猪瀬直樹、羽田闘争に参加した北野武など。個性的な著名人の方も多く昔から熱く自己表現されていたのでしょうね。

昭和の学生運動は平成になった現在は、最盛期の頃と比べるとかなり衰退しているといわれています。ごく一部で活動を活発化している学生運動もあるようですが、若者の思想は日本の将来には欠かせないものなのでしょう。

 

昭和の大事件は学生から発信されたメッセージがすごかった!

高校生の弁当つまみ食い事件をはじめ、普段のストレスやうっぷんを晴らすチャンスは思わぬところでやってきたようです。学生運動として歴史に残るものからちょっとレアな事件まで、昭和の大事件は学生が勉強だけでなく熱く頑張っていた事がわかります。

 

昭和の事件録については、こちらを読んでみてくださいね。
>>>昭和の事件録のまとめ!こんな大事件覚えてますか?

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のdiscoシーンは刺激を求める人のたまり場!!

  • 70年代のファッション映画ってとても素敵でエキセントリック!

  • 昭和の服といえばギンガムチェックが超イカしてたのはなぜ?

  • 昭和の風景でノスタルジックな世界に行ってみよう!今でも残るレトロな場所