1. TOP
  2. 昭和いろいろ
  3. 昭和のキャラクターベイちゃんとビーちゃんとのお別れ!

昭和のキャラクターベイちゃんとビーちゃんとのお別れ!

昭和のキャラクター、きっと皆さんが一度は目にしたことがあるベビースターラーメンの「ベイちゃんとビーちゃん」。チャイナ服を着た男女2人がにこやかに立つデザインのマークは、これを見ただけでベビースターラーメンだと気が付く人はとても多いでしょう。

子供の頃はベビースターラーメンをお菓子なのか、それともインスタントラーメンなのかいつも不思議に思いながら食べていましたが、長い間お世話になったベイちゃんとビーちゃんはすでに引退しているんです。

またひとつ私たちの子供の頃の思い出が消えてしまったようでショックですね。そこで早速ですが懐かしい昭和のキャラクター、ベイチャンとビーちゃんについて振り返ってみましょう。

 

懐かしいお菓子については、こちらの記事に書いてあります。
>>>懐かしいお菓子!お菓子屋さんで買ったあのおやつは今何処へ?!

 

ベビースターラーメンは昭和のおやつの王様だ!

出典:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/09/24/20170924ddm001010002000p/7.jpg?1

ベビースターラーメンはおやつカンパニーが製造販売するフライ麺風のスナックで、最近では蕎麦やうどん、焼きそば、パスタなどあらゆる麺系のスナックも登場しています。インスタントラーメンを砕いたようなスナック、生まれて初めて食べた時は、このまま食べても大丈夫?と不安になったことも。お湯を注いだらラーメンになるのか実験した経験がある人もいるでしょう。

このベビースターラーメン、1955年に世界発のインスタントラーメンを発売したけれど成功せず、営業的には失敗したという背景があります。子供むけのスナック菓子として作られたのが1959年のこと。ラーメンの製造工程ででるかけらの麺を従業員のおやつとして提供したところ、大好評で商品化して初代のお菓子が誕生しました。

人気もののスターになりたいという願いを込めて命名された「ベビースターラーメン」。コーンスナック系やポテトチップスのようなパンチはないけれど、なぜか忘れてはいけない存在として子供時代思い出には必ず登場するお菓子です。

 

初代のベビーちゃん

出典:http://genyaaa.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/wpid-dsc_2105.jpg

昭和のキャラクラーのベビーちゃんは販売開始した時から約30年間ほど続けて使われてきました。ベビーちゃんの正体は女の子で自分の顔サイズ以上の大きさのラーメンどんぶりを抱える姿は、ラーメンなのかお菓子なのかちょっと困惑するような印象を受けます。

顔だけがクローズアップされたデザインなので、女の子だったことを知らない人も多いでしょう。しかしこの昭和のキャラクター、よく見ると髪をしばり赤いリボンが付けられています。

ほっぺも赤く目には長いまつ毛も。オレンジを基調としたパッケージは当時1袋10円ほどで販売されていましたが、ベビーちゃんという女の子の可愛い笑顔は子供向けスナックにはピッタリのキャラクターだったかもしれませんね。

 

2代目ベイちゃんと交代!

出典:https://dime.jp/genre/files/2017/03/B-7.jpg

ベビーちゃんは長い間、昭和のキャラクターとして子供達に人気がありましたが、時代も変わり1988年に入るととうとう2代目と世代交代になってしまいます。

新しく登場したキャラクターはベイちゃん。同時期にベビースターラーメンはカレー味やみそ味がプラスされ、ラーメンの形状も色々なバリエーションが登場するようになります。

一口サイず、ドデカサイズなどあのチリチリ麺のベビースターも今風のスナックになってしまうと、まったく別の食べ物のように見えますよね。

そんな時代の流れに合わせて登場したベイちゃんは、パッケージデザインがリニューアルされてラーメンなのかスナックなのかわからない状態から、完全にスナックとしての存在価値をゲットしたといえるでしょう。

 

妹のビーちゃんが登場!

出典:https://www.oyatsu.co.jp/img/pc/enjoy/lastbay/mv_chara_02.png

ベビースターラーメンのキャラクター初代が登場した時は正式名称がなく、のちにベビーちゃんという名前が付けられましたが、2代目のベイちゃんが登場してからなにか物足りたいと感じた人もいたかもしれませんね。

そんな矢先に現れたのが、ベイちゃんの妹の「ビーちゃん」。二人合わせるとベビーちゃんになるというなんとも語呂合わせ的なアイデアでしたが、いつのまにかパッケージには女の子と男の子がセットになっていました。

昭和のキャラクターはお菓子から登場したものが色々ありましたよね。カールおじさん、ペコちゃん、コアラのマーチのコアラなど、何となく私たちの生活にいつの間に溶けこんでいくキャラクターたち。ベビースターラーメンも言われてみれば、なんて存在でベビーちゃんが登場していましたね。

 

ベイちゃんとビーちゃんが引退発表!

出典:https://www.j-cast.com/assets_c/2016/12/news_20161214192703-thumb-645xauto-100906.jpg

オレンジ色のパッケージに大胆に変わりデビューした二人。「約30年、僕たちも新しい時代へとバトンタッチしていくことに決めました」という引退コメントを発表したのは2016年のこと。ベイちゃんとビーちゃん兄弟は昭和のキャラクターとして皆さんのおやつ時間を楽しませてくれましたが、なんと引退してしまったのです。

チャイナ服を着た二人を見ると無性に食べたくなる不思議なインパクトがあり、ベビースターラーメンはおやつだけでなくおつまみとしても年齢層の幅広く愛されていましたよね。ベイちゃんの引退コメント、まるで有名芸能人のようでちょっとドキっとしましたが、時代の変化はキャラクターの交代にも大きな影響を与えるようですね。

 

新キャラクターは不思議な不思議な癒し系

出典:http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/20/taro_161220babystar01.jpg

知っている人は少ないかもしれませんが、昭和のキャラクター、ベイちゃんから新しいキャラクターへの引継ぎ式が2017年に開催されています。可愛いベイちゃんの後を引き継ぐ「ホシオくん」とう不思議なキャラ。合言葉は「キブンちょい上げ」というベビースターラーメンの存在感をそのままコンセプトにしたようなキャラ設定で、なんともわからないデザインが今までとは違ったインパクトを与えてくれます。

ベビースターラーメンってお腹いっぱいになるまで食べるスナックとは違い、ちょっと一口、気分転換に一口、という存在ですよね。新キャラクターもそんな意味を込めてデザインされたのか、今までとは違う魅力を持っています。星のマークが付いた帽子、くにゃっとしたスタイル、ご当地キャラのような不思議な癒し系としてこれからの活躍が注目です。

 

昭和のキャラクターも時代とともに成長していく!

ベビースターラーメンのベビーちゃん、ベイちゃん、ビーちゃん、そしてホシオくん。キャラを見ると時代がわかるのは、お菓子を楽しく食べられる魅力と言えるでしょう。

 

懐かしいチョコレートについては、こちらの記事を読んでみてくださいね!
>>>懐かしい!チョコレートはいつでも夢を与えてくれたお菓子

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のdiscoシーンは刺激を求める人のたまり場!!

  • 70年代のファッション映画ってとても素敵でエキセントリック!

  • 昭和の服といえばギンガムチェックが超イカしてたのはなぜ?

  • 昭和の風景でノスタルジックな世界に行ってみよう!今でも残るレトロな場所