1. TOP
  2. 昭和いろいろ
  3. 昭和の事件録のまとめ!こんな大事件覚えてますか?

昭和の事件録のまとめ!こんな大事件覚えてますか?

昭和の事件を振り返ってみますと、とても凶悪な事件や政治がらみ、事故など新聞やラジオ、ニュースで騒がれたことが沢山あります。子供の頃に起きた昭和の事件だと記憶が曖昧なものも多く、大人になってから事件の全容を知ったものもありますよね。

そこで早速ですが、忘れかけている昭和の事件録をご紹介したいと思います。いつの時代も事件は毎日どこかで起こっています。平和な世の中を願うのは昔も今も共通することですね。

 

新宿西口バス放火事件

出典:http://hon.bunshun.jp/mwimgs/3/1/488/img_31b10a33f27de71f65b511ce29d5fc9c71065.jpg

昭55年におきた事件で、東京都新宿駅の西口にあるバースターミナルで路線バスが放火された事件です。死亡したのは6名、負傷者は14名。犯人の38歳の建設作業員の男は、社会に対する不満をぶちまける為にバスに放火をしたといわれています。

子供の頃から家庭環境に恵まれず大人になってからも、離婚後各地を転々としながら作業員として働く日々を送っていました。事件当日、この男は新宿の駅前広場で酒を飲んで酔っているところ、だれかに文句を言われたためにカッとなり犯行に及んだといわれています。

ストレスだらけの社会は今だけでなく昔からあること。カッとなってバスに放火するという短絡的な発想は普通の人達には全く理解できません。

 

神野寺トラ騒動

出典http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dr100/20120618/20120618201328.jpg:

たまにニュースで動物園のサルが逃げ出したなんて出来事を聞きますが、小動物ならまだしもトラが街の中を徘徊していたらとても怖いですよね。この事件は昭和54年に千葉県の真言宗智山派の寺院で飼育していたトラ3頭が逃げた事件。

1頭はただちに捕獲されたのですが、2頭がなかなか発見されずなんと27日間も捜査を続け、猟友会によって射殺されました。

民家で飼っている犬を食い殺すなど住人は恐怖の日々を過ごし、警察、消防団など延べ7700人を動員した過去に例がないほどの大騒動になりました。しかし動物愛護団体からは射殺という対応に批判があつまり、事件後に忌野清志郎が追悼コンサートを行うなど大変反響が多かった事件です。

 

森永ヒ素ミルク中毒事件

出典:http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/demo.JPG

昭和30年の事件で、西日本中心に森永の粉ミルクを飲んだ乳幼児が多数亡くなった出来事です。このタイプの事件を聞くと、誰かが毒を混入させたのでは?と思いますよね。森永のヒ素ミルク中毒は、メーカーの使用した第二燐酸ソーダで乳幼児がヒ素中毒になったことが原因。信頼して購入したものが体に有害なんてとても怖い事件ですよね。

この事件では130名以上の死者がでて日本政府も加わり事件の収束が図られました。しかし14年後、大学教授らを中心に被害者に後遺症がある可能性を指摘し、森永ミルク中毒の子どもを守る会が再び活動を再開。不買運動もはじまり裁判は昭和48年まで続きました。

今は食品の安全性が厳しくなっているので安心ですが、赤ちゃんの口に入るものでこんな怖い中毒になるなんて想像できませんね。

 

イエスの方舟事件

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/naniuji/20170128/20170128174754.jpg

1979年~80年にかけておきた信仰集団の事件。主催者の千石剛賢(せんごくたけよし)は家出をした若い男女の信者、独身も既婚者も合わせ一緒に共同生活を始めます。26名の信者の家族が捜索願を出しマスコミもこれに反応。若い女性を誘拐して集団で消える、と社会から強くバッシングを受けた事件です。

千石は1993年に福岡市の病院で78歳で亡くなりましたが、そのあとを継ぐ信者が駆け込み寺的な運用も行っています。この事件を題材にしたTBSの番組、ビートたけしが主演した「イエスの方舟」を見ると具体的な内容がわかりますので参考にしてくださいね。

 

ブルーボーイ事件

出典:https://pbs.twimg.com/media/CuDVvJOVMAQhluJ.jpg

ちょっとレアな昭和の事件で知らない方も多いかもしれません。ブルーボーイ事件は1964年に起こったもので、施術をした産婦人科医が麻薬取締法違反をきっかけに逮捕された事件です。有罪になった医師は戸籍上男性3人に対して、本来性同一性障害の診断で行う精神科的な診療を行わずに施術をしました。

優生保護法と別の麻薬取締法違反により逮捕され懲役2年、執行猶予3年の有罪。判決に関しては様々な意見もありましたが、性転換手術はいくつかの条件を満たさないといけないという点に焦点があつまりました。医師による事件は今の時代もあちこちで起こっていますが、医療がらみの事件はとても複雑なケースになることが多いですよね。

 

東京ゴミ戦争

出典:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/027/406/615/7959d50ccf.jpg?ct=ca55723501cb

1950年~70年の間に起きた東京都江東区と杉並区のゴミ処理と処分に関する紛争の事件。高度経済成長期を迎えた日本は、人口の多い東京を始め生活スタイルが一気に変化し、ものの大量消費や廃棄が当たり前になってしまいました。

江東区は明暦元年からゴミの最終処分場を提供していたのですが、処分が間に合わず収集車やダンプカーなど特別区で出される7割が江東区にやってくる始末。ゴミの処分量が増えたことにより火災やハエの発生、交通渋滞などが問題となっていました。

そんな背景で一時的なゴミ集積所となった杉並区の反対運動が広がり、江東区の道路でゴミ搬入を止めるなどの行動を起こします。74年に無事和解していますがゴミ問題はいまだに日本では真剣に取り組まれていますよね。

 

一億円拾得事件

出典:http://www.he-fumu.com/wp-content/uploads/2017/02/hisao-oonuki.jpg

自分の身にこんなことが起きたらどれほど夢のよう、と思った昭和の事件が1980年の現金一億円拾得事件。トラック運転手の大貫久男さんが東京都の銀座3丁目で風呂敷に入った現金1億円を発見し警察に届けたあの事件です。マスコミで話題になった大貫さんは防弾チョッキを着て生活するほど脅迫も多かったようですね。

あまりにも注目されすぎて普通の生活ができず、同じ年には勤務していた会社も退職しています。持ち主が現れず、半年後に全額の所有権を大貫さんが取得。この金額のうち、なんと所得税で3400万円を納付していたことをご存知でしたか?

マスコミで騒がれ一時、時の人となりましたがお金の持ち主が一体誰なのか、犯罪関連のお金、政界の裏金、企業の裏金など色々な憶測が飛び交いましたね。いきなり一億円を発見したら人生が180℃変わってしまうのはきっと間違いないでしょうね。

 

なんとなく覚えている事件からつい昨日のことような昭和の事件録

色々な事件がありましたが、昭和に起こったことってなぜかインパクトが強いですよね。いつまでも語り継がれる事件や事故、忘れかけた過去も日本の歴史の一部ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリコ

マリコ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 70年代のdiscoシーンは刺激を求める人のたまり場!!

  • 70年代のファッション映画ってとても素敵でエキセントリック!

  • 昭和の服といえばギンガムチェックが超イカしてたのはなぜ?

  • 昭和の風景でノスタルジックな世界に行ってみよう!今でも残るレトロな場所