1. TOP
  2. CM
  3. 昭和のcm12選!懐かしいフレーズや音楽は当時の最先端だった

昭和のcm12選!懐かしいフレーズや音楽は当時の最先端だった

日本のテレビ放送は1953年のNHK放送がはじまりです。おなじ年に民報もでき、コマーシャルもはじまりました。当時は、すべての番組が生放送。トラブルが起きると「しばらくお待ちください」や、文字だけのcmフリップを出し、そのまま番組も終了ということもありました。


高度成長期に入るとスポンサーは「お茶の間」という大衆を強く意識するようになりました。「ごほんといえば龍角散」「くしゃみ3回ルル3錠」など耳に残るフレーズやコピー、そして音楽でインパクトのあるcmを作成するようになりました。


今回は昭和に放映され、誰もが観た懐かしいコマーシャル(cm)を年代別に集めてみました。


 

懐かしいクイズ・テレビ番組は次の記事に書いてあります。

>>>懐かしいクイズ・ゲーム番組!昭和世代が興奮した視聴者参加型人気テレビまとめ

 

昭和初期のcm 50~60年代


ポッカサッポロのリボン濃縮ジュース|1956年



出典:http://tn-skr2.smilevideo.jp/smile?i=14711289


大きな赤いリボンの女の子が陽気に鼻歌を歌っていると。

ママ「リボンちゃん! リボンジュースよ!」
リボン「な~に~?」
ママ「リボンジュースよ!リボンジュース!!!」
リボン「ふ~ん リ・ボ・ン」


「あ、知ってる」そう思った人はいませんか?テレビ放送がはじまった当初からのcmです。公式HPによると、商品のリボンジュースも100年以上続くブランド。カルピスのように5~6倍に薄めて飲む濃縮タイプで、お中元・お歳暮に重宝されたようです。リボンちゃんの喋り方もかわいい、癒し系のcm元祖ですね。


文明堂カステラ|1960年



出典:https://youtu.be/mJt2Y0DobQo


「カステラ一番 電話は二番 三時をおやつは文明堂」。

白い着ぐるみをきたタヌキ?5匹がこの歌にのり、ラインダンスで登場します。テンポのよい歌とは裏腹に危なっかしいダンスで行ったり来たりして、歌が終わると、前にばったり倒れ、シッポをふって幕が降りるといったもの。cmのミソは 横棒と糸で繋がった5匹の動きが、誰がやってもこうなるよね的で、なんともユーモラスなこと。愛らしく人気のcmでした。


ミツワ石鹸|1966年



出典:https://youtu.be/afh2jKeiDUk


「わ、わ、わ~わがみっつ」「みつわ、みつわ、みつわ~石鹸」。歌を歌いながら人形とは思えないキレのあるダンスを披露している楽しいcmです。1911年(明治44年)日本初の肝油ドロップを発売し、日本初の薬用石鹸「ミューズ」を作った会社です。残念ながら現在は廃業されてしまいました。


昭和中期のcm 70年代


OH!モーレツ(丸善石油)|1970年



出典:https://youtu.be/b5dgWaRsjI4


「OH!モーレツ!」。

網スピードで通り抜ける車にミニスカートを巻き上げられ、小川ローザが叫びます。丸善石油のハイオクガソリンのcmで、当時、「モーレツ」という言葉が社会現象になりました。また、子供が見る時間帯に女性のパンツを映すのは、とてもセンセーショナルでした。


婦人団体の人たちが大騒ぎもしましたが、cmに出演した小川ローザも、映像も清潔感があったため、放送禁止になることはありませんでした。それよりも、これ以降、不必要に裸の女性を起用するcmやドラマが増えた気がします。


ケンとメリーのスカイライン|1972年



出典:https://youtu.be/l5QQ5w5EUoU


「ケンとメリーの愛のスカイライン」。

音楽と映像と商品がこれ以上ないくらいの相乗効果を生んだcmでしょう。

若い2人はスカイラインに乗って旅をする。古い町並み。林の中や海辺。その姿を切り取る映像がまるで美しい物語のようでとても素敵でしたね。BUSSの「ケンとメリー~愛と風のように」が効果的に使われ、スカイラインとともに大ヒットしました。今でも二人がいった木を訪れる人がいますし、車は「ケンメリ」と呼ばれ人気です。


この木なんの木気になる木 (日立)|1973年



出典:https://youtu.be/WYNC8JzV5j8


「この木なんの木気になる木」

懐かしくて、ずっと聞いていたい日立のcmソングです。1973年モアナルア・ガーデンパークのモンキーポッドが「日立の樹」としてCMに登場しましたが、元はその歌の通り、大阪万博の時、「コンピューター社会」と「未来」をイメージした名前のないアニメの木だったそうです。


サントリーレッド~大原麗子|1977年



出典:https://youtu.be/kIK8qccltZg


「すこし愛してなが~く愛して」「ときどき隣においといて」

たった2つのコピーが大原麗子ワールドとサントリーレッドのドラマを10年以上、作り上げてしまいました。大原麗子は日本人形のように端正な顔立ちでしたが、それを超える魅力的な声の持ち主でした。低いハスキーボイスは、痺れるくらい素敵で、子供心に衝撃を受けました。


昭和後期のcm 80年代


禁煙パイポ|1982年



出典:https://youtu.be/-Fj5CcYWPMI


「私はコレで会社を辞めました」

最後の一人が小指を立てていうセリフが決め台詞となって、言葉の大ヒットになったcmです。禁煙パイポももちろん売れました。昭和はタバコがどこでも自由に喫煙できた時代でした。タバコの害を海外ほど気にせず、無頓着だった日本にも禁煙の波が押し寄せ始めた頃の商品です。でもまだ本気の禁煙をしない人の方が多かったですね。


ピッカピカの一年生(小学館)|1982年



出典:https://youtu.be/o73usy-oj1U


「ピッカピカの一年生」。

2人の新一年生がぶっつけ本番でカメラに向かって抱負を言った後に、このコピーがはいるcmです。

緊張のあまり、「僕のおばあちゃんとおじいちゃんは…牛です!」と叫ぶ子、励ましているのだろうか?一生懸命喋っている男の子の顔をずーっとなめている牛。元気なのはいいけど、でっかい声で、方言を喋るので何を言っているのかさっぱりわからない子などなど。どの子も微笑ましくて笑わずにいられない作品です。


TOTOウォシュレット|1982年



出典:https://youtu.be/858Dn5I5hLo


「お尻だって洗ってほしい」

戸川純のこのキャッチコピーはお茶の間に衝撃をあたえました。今でこそ世界中の人が欲しがって止まない日本のトイレ、ウォシュレット。しかし、放送当時は、食事をする時間帯に、排泄を想像させるcmはけしからんという批判も少なからず出ていたようです。


しかし、不思議ちゃんと言われていた女優の戸川純を起用し、テレビcmによる積極的な戦略と、日本人の清潔志向がマッチ。きめ細やかで確かな値打ち商品は、着実にウォシュレットのファンを増やし定着させていったのでしょう。


使い捨てカイロ 金鳥どんと|1983年



出典:https://youtu.be/tsJRcMcajb4


「ちゃっぷいちゃっぷい どんとぽっちい」

桂文珍と西川のりお演じる原始人が、雪の中で繰り返す金鳥「どんと」のフレーズです。アメリカの陸軍が足用に使っていたものを再開発。今では世界中に流通している人気商品。持ち運びができ、使いたい時に袋からだすだけ。張れば体全体を暖められる画期的な商品。「ちゃっぷい」。今でも寒い時つい言ってしまいます。


5時から男のグロンサン|1986年



出典:https://youtu.be/Ybih4Bm8yeI


「5時から男のグロンサン」。

高田純次さんが若いですね!中外製薬のグロンサンのcmです。5時を過ぎたらイキイキ元気になるサラリーマンを推奨するcmに彼はぴったりのキャストですね。なぜ5時かというと、当時は午前8時から午後5時までが働く時間だったからです。同じ時期のcmに、「24時間働けますか?」というリゲインもありました。同じ時代でも方向が違うことがよくわかりますね。


ウォークマン(ソニー)|1987年



出典:https://youtu.be/SlhIQYd-qAg


フレーズはありません。湖畔で目を閉じイヤホンをつけ直立不動で、音楽を聴いているサル。はじめてみた時、「本物?」と衝撃を受けた人もいたのではないでしょうか?


「全日本コマーシャル大賞」や「20世紀の殿堂入りCM」にも選ばれ、世界にも認められた素晴らしい作品です。彼の名前はチョロ松君。瞑想サルと呼ばれましたが、長時間の撮影で、うとうした状態だったそうです。


インパクトcmを上回るインパクト。それがウォークマンという商品です。


好きな音楽を歩きながら聞ける!今では当たり前でも、当時は思いもよらない画期的な発想でした。しかも音質が室内プレーヤーと遜色のなく良い!世界が感嘆する携帯プレーヤーを発売したソニーは、世界のソニーと呼ばれるようになりました。


ツィートは瞬時に爆発的に広がります。反面、大半は泡沫のように消え去ります。でもテレビコマーシャル(cm)は心に残ります。商品と映像と音楽。テレビならではの世界観が昭和のcmにはありました。

 

バタンキュー、もちのろんなどの昭和の死語が懐かしい!

>>>“昭和の死語”は永久に不滅です!~平野ノラも真っ青の古きことばたち~たえsあすあし

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hasumi

hasumi

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

  • 懐かしい昭和の自動車!マイカーは夢とステータスだった

  • 懐かしいだけじゃない!昭和のイラストはかわいいの原点

  • 昭和のcm12選!懐かしいフレーズや音楽は当時の最先端だった