1. TOP
  2. おもちゃ
  3. 80年代のおもちゃは女の子の夢がいっぱい!子供の頃に憧れたおもちゃ

80年代のおもちゃは女の子の夢がいっぱい!子供の頃に憧れたおもちゃ

80年代のおもちゃは、欲しいおもちゃがたくさんあって、誕生日とクリスマスにどれをお願いするか悩んだあの頃…。女の子のおもちゃも進化していくので、次から次へと欲しいものが変わる80年代でした。

リメイク版や進化したおもちゃを見ると、もう一度女の子だった頃に戻りたくなってしまいますよね。

 

昭和のおもちゃは次の記事に書いてあります!

>>>昭和のおもちゃで流行したものといえばコレ!懐かしのおもちゃをご紹介!

 

80年代はファミリー+大きな家が印象的!

80年代のおもちゃに、女の子の人形遊びに大きな家とキャラクターの家族までが登場し、にぎやかな家族ごっこをして遊んだ記憶があります。

 

こえだちゃんと木のおうち/タカラトミー

出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/images/419983_1.jpg


こえだちゃんと言えば、黄色い髪が特徴の女の子。実は、現在まで7代目のこえだちゃんがシリーズを支えてくれているのです。80年代は、2代目から4代目までのこえだちゃんでした。見た目はほぼ変わらないのですが、4代目のこえだちゃんだけは、髪の色がピンクだったのを覚えていますか?

友達の家に遊びに行くと必ずあるのが定番でした。木の緑の生い茂った部分が上に開き、お部屋が登場するドリームハウス。屋根裏部屋の窓があって、ブランコがある…。付属の人形が1体だけじゃないので、一人でも十分遊べて楽しかったことを思い出します。

 

シルバニアファミリー/エポック社

出典:http://image.rakuten.co.jp/mega-star/cabinet/mt/6/272977_3.jpg


本格的な家具に小物。当時は、おもちゃなのに高級感があるシルバニアファミリーが新鮮でしたよね。世界中で愛されているシルバニアファミリーは、1985年に日本デビューしました。

子供が遊ぶと言うよりも、大人の趣味として集める人も多かった気がします。好きな家具や人形を一つずつ買い揃えていくので、親のお手伝いをたくさんして、欲しい物を購入した人もいるのではないでしょうか。揃えていくと街並みが出来上がるのですが、途中で断念したことも懐かしい思い出です。

 

お出かけも一緒に…

女の子はお出かけする時も、ぬいぐるみや人形を持ち歩きたがりますよね。全部は持っていけないけれど、これだったら…と親が許可してくれたおもちゃを覚えているでしょうか。お店に置き忘れてよく泣いた思い出も蘇ります…。

 

リカちゃん人形/タカラトミー

出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/images/licca_img.jpg


リカちゃん人形は80年代のおもちゃ売り場の中で、女の子売り場にリカちゃんコーナーがあるほど、洋服もグッズも豊富にありました。現在でもリカちゃんブランドは、大人にも人気がありますよね。80年代は3代目と4代目のリカちゃんが印象に残っているのではないでしょうか。

時代に合わせて、身長や体型を変えて今に至っているそうです。初代よりも4代目のリカちゃんは2センチ高くなっていて、顔も小さくなっているのです。ヘアスタイルも、カーリーヘアからストレートへアと変わっていきアレンジも楽々。三つ編みとポニーテールが結んであげたくてリカちゃんに結んであげたのに、ぐちゃぐちゃにしか見えなかった悲しい思い出も…。

ライバルと呼ばれていたジェニーちゃんもいましたが、あなたはどちらが好きでしたか?

 

おでかけワンワン/野村トーイ

出典:http://livedoor.blogimg.jp/usd_toys/imgs/9/6/9696cda0.JPG


おでかけワンワンのCMソングが子供の頃、頭から離れなくなっていた80年代。あの頃は子供番組も多く、おもちゃのCMもたくさん流れていましたよね。おもちゃ屋さんに行く度に、欲しくて親におねだりしたことがありましたが、同じような経験をした人もいるのではないでしょうか。

専用の箱に白い犬のぬいぐるみを持ち歩けるという、お世話セットつきのぬいぐるみですが、お世話大好きな女の子の心をしっかりと掴んでいたような気がします。

 

おえかきせんせい/タカラトミー

出典:https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/58c14ec1a7ffbaf9e0c2ee5524242af6acb16b0f.44.1.8.2.jpg


何度書いても不思議と消える「おえかきせんせい」。お絵かき大好きな女の子の必需品?と言うくらいの人気ぶりでしたよね。スタンプとタッチペンを使うことで、ホワイトボードに絵が書ける楽しさは、新しいお絵かき帳に絵を書くよりも面白かった印象があります。

遠くから車で親戚の子が遊びに来た時に、必ず持ってきたおもちゃでした。しかし、使いすぎると一部が消えなくなってしまうことも…。

 

大人の気分になれたおもちゃ

80年代のおもちゃには、女の子が大人になった気分で、タイプライターや編み機などの実用的なおもちゃも登場し、話題になりましたよね。しかし、使い方が難しくて子供だけで遊ぶのは、難易度が高かったおもちゃでした。

 

レターメイト/バンダイ

出典:http://kroco2.net/blog/wp-content/uploads/2014/11/CIMG6513.jpg


まさに時代を感じる「レターメイト」。

タイプライターで文字が打てることに感動しましたよね。手動式でも、文字が手書きとは違った形で表現できることが嬉しくて、ひたすら文字を打っていたことはありませんでしたか?用紙はもちろんですが、カーボン紙の替えが欲しかった人も多かったはず。

ミンキーモモやクリィーミーマミのレターメイトも販売されて、女の子の欲しいおもちゃリストに挙がっていました。

 

おりひめ/タカラトミー

出典:https://smlycdn.akamaized.net/data/product2/2/d582018a8dedffb06c0cc80c92e4aa4482406bcc_l.jpg


おもちゃのはずなのに、本格的な織り機でしたよね。簡単に織物が出来るのかと思っていたら…そんなことはなく、断念した思い出があります。大人でも難しい織り機のおもちゃではないでしょうか。

しかし、このおもちゃを使ってから、手芸に目覚めた女の子もいますよね。おもちゃと言っても、本格的な織物が出来た感動は、一生の宝物ですね。今でもオークションで探している大人女子も多いので、再販を希望する人は後を絶たないくらい、印象的に残ったおもちゃとして心の中に記憶されています。

 

ママとわたしのキャッシュレジスター/バンダイ

出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/94/d6/0d/94d60d9ebeb3bd30cb60a8ce3c23f861.jpg


大きくなったら、スーパーのレジの人になりたい!子供の頃に、スーパーのレジ担当の作業の素早さに、憧れたことはありませんでしたか?カゴに食品を綺麗に入れてくれて、素早くお金を数えてくれる…。

そんな夢をかなえてくれたのが、当時のレジのおもちゃでは最も画期的だった「ママとわたしのキャッシュレジスター」です。ピンクのパステルカラーが特徴のレジは、見た目も可愛くて、お気に入りのおもちゃでした。ままごとも、おもちゃのお金を用意してみたり…今でも振り返ると楽しかった思い出です。

 

80年代のおもちゃは女の子にとってかけがえのない宝物

あの当時は、おもちゃ屋さんが今よりたくさんあって、買い物に連れて行ってもらえるのが嬉しかったことを思い出します。少子化になっていき、今ではすっかり街並みも大人向けのお店ばかりなのが、時代の流れを感じますよね。

子供の頃に体験した出来事は、今でも忘れずに胸の中でキラキラ輝いています。あなたの一番の懐かしいおもちゃを思い出しながら、あの頃の無邪気な記憶を辿って、タイムスリップした気分になっていただけたら幸いです。

 

ダイヤモンドゲームやツイスターなどの昭和のゲームについての記事はコチラ!

>>>昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuriko

yuriko

この人が書いた記事  記事一覧

  • 80年代のジャンプを振り返ろう!今でも好きな週刊少年誌

  • 黄金バットの正体は…紙芝居から生まれたヒーローアニメ

  • 怪物くんは愉快ツーカイな仲間と友情が素敵なアニメ

  • ひみつのアッコちゃんの今も忘れない魔法のコンパクト!懐かしいキュートなアニメ