1. TOP
  2. おもちゃ
  3. グラディウスは昭和のシューティングゲームの名作!

グラディウスは昭和のシューティングゲームの名作!

昭和のシューティングゲームといえばインベーダーゲームを思い浮かべる方が多いと思いますが、まだまだ名作のシューティングゲームは存在します。今回はファミコンの名作シューティングゲーム「グラディウス」をご紹介します。

 

ファミコンのアクションゲームについてはこちらの記事を見てみてくださいね。

>>>ワギャンランド等、あの頃夢中になったファミコンの懐かしいアクションゲーム!

 

グラディウスの概要

http://legendius.web.fc2.com/legend_of_gradius/consumer_gradius/famicom_gradius.html


1985年5月にアーケードで稼働、1986年4月にファミコンで発売されたソフトがグラディウスです。グラディウスは横スクロールのシューティングゲームです。

特徴としては敵を倒して手に入れる事が出来るアイテムを使用して任意の順番でパワーアップしていける点にあります。スピードは5段階までレベルアップしていく事が出来ます。

武器もパワーアップに選択肢があり”ダブル”を選ぶか”レーザー”を選ぶかで大きく戦略が変わってきます。全7ステージで構成されていて、モアイ等個性豊かな敵がいます。

 

キャッチコピーは「1.9.8.5. 宇宙ガ、マルゴト、ヤッテクル」です。あえてカタカナにする所が昭和のノリっぽくていいですね。

当時は淡々と進めていってとにかくボスを倒す!という目的だけを持って遊んでいましたが、亜時空星団バクテリアンと戦っていたようです。

子供だったのでろくに説明書も読まずに遊んでいたのでそのへんの細かい設定はあまり興味がありませんでした。

だから、バクテリアンと聞いて「あのグラディウスの!?」とはなりません。

 

スタート直後に最強になれる!?

裏技を使う事でスタート直後から最強装備で戦う事が出来るようになります。当時のファミコンソフトには隠し要素や裏技があって、それを子供同士共有していました。

この裏技はスタートボタンを押して「上上下下左右左右BA」の順番に入力、ポーズを解除する事で一気に最強装備になれるというものです。

当時この裏技をフル活用していました。バリアも装備に含まれるので数回敵の攻撃に当たっても死なないようになるので初心者にもオススメの裏技です。

コナミコマンドとも呼ばれています。

 

横スクロールシューティングを代表する作品

 

ファミコンソフトで1番に思い出す横スクロールシューティングはグラディウスと即答するくらい印象深い作品です。音楽や効果音も素晴らしいんですよね。世界観に入り込めるというか、今聴いても名作だなぁと思います。

スーパーマリオブラザーズ等で横スクロールのアクションゲームには慣れていましたが、グラディウスは強制スクロールです。

強制スクロールというのは、自分の意思に関係なく一定の速度で画面が前に進んでいき、それに合わせてプレイしていくスタイルのゲームの事です。

マリオだと自分の意思で右に行く事で画面自体も右にスライドしていきます。(マリオにも強制スクロールのステージはあります。)

しかし、グラディウスの場合は終始同じペースで画面が進み続けます。ステージの最後にはボスが待っていてそれを撃破するのも楽しい要素です。

 

飽きさせないくらいの難易度

http://legendius.web.fc2.com/legend_of_gradius/consumer_gradius/famicom_gradius.html


ファミコンのゲームは信じられない程難しい難易度の物も少なくありません。グラディウスは当時小学生だった自分が何度も練習してギリギリクリア出来るようになったというくらいの難易度で、絶妙だったと思います。

難しすぎてもやる気をなくしますし、簡単すぎると費用対効果という面で少し物足りなさを感じてしまいます。何度もプレイして敵のパターンを覚えて攻略していくのが楽しかったです。

 

ビックバイパーのデザインが格好いい

操作する機体がビックバイパーです。このデザインが格好良かったので世界観に入り込めました。ゲームのデザインが気に入らないと楽しさも半減してしまいます。

当時、飛行機とか宇宙といったものは特に好きだったので、このグラディウスというソフトを気に入りました。

火山が噴火したりモアイが攻撃をしてきたり不思議な場面もありますが、そこもグラディウスを個性的なゲームに昇華させている要素だと思います。

沙羅曼蛇やパロディウスにもビックバイパーは出てきます。コナミを代表するシューティングの自機として使われています。

 

グラディウス好きにオススメ!横スクロールシューティングゲーム

グラディウス好きが楽しめるソフトとして沙羅曼蛇があります。このソフトにもビックバイパーが登場しますが、グラディウスとはステージの世界観がちょっと違うので操作方法はほぼそのままで違った雰囲気を楽しむ事が出来ます。

沙羅曼蛇のファミコンカセットは半透明の仕様になっていて、当時凄く格好いいと思っていました。お気に入りのソフトです。

 

パロディウスというソフトも面白かったです。その名の通り、グラディウスのパロディゲームなのですが、使用できる機体も可愛らしく、グラディウスではありえないような敵が出てきます。

ちょっとふざけているような世界観で、いい感じのゆるさがたまりません。タコやペンギンを自機として使用出来るのも面白いところですね。

細かいところですが、ビックバイパーの名前がビッグバイパーになっていたりします。

 

1985年に発売されたファミコンソフト

グラディウスがアーケードに出てきた1985年に発売されたファミコンソフトをまとめてみました。

バルーンファイト

風船で空を飛んで戦うゲームですね。人気のソフトです。

アイスクライマー

2人プレイ可能なアクションゲームです。上を目指して滑る床に気をつけつつ登っていきます。

スペースインベーダー

スペースインベーダーも1985年に発売されています。グラディウスがファミコンで発売されたのは1986年ですが、1年しか違わなかったというのは正直驚きです。

キン肉マンマッスルタッグマッチ

子供の頃よく遊びました。キン消し(キン肉マン消しゴム)も流行ってましたよね。アニメも見ていました。ゲームではハメ技みたいなのがあって苦労しました。

 

レトロゲーム好きは是非!

https://www.youtube.com/watch?v=J_HIgcb0yQA


ファミコンやレトロなゲームを一通りやった人はグラディウスをやってないという事は多分ないとは思います。もしまだやってない方がいらっしゃれば是非やってみてください!

音楽が格好いいしゲーム自体も楽しめます!最近ではスマホでも高品質なゲームを遊ぶ事が出来ますが、昭和のゲームは今のゲームにはない”味”があります。

時には立ち止まって昔のゲームに熱中するのもいいですよね。

 

ファミコンのRPGゲームについては、こちらの記事でご紹介しています!

>>>懐かしい!あの頃遊んだファミコンの名作RPGソフト”ドラクエ”や”ファイファン”等

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

てつてつ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和の子供の夏休みはどんな感じだった!?リアル昭和小学生世代の筆者が語る!

  • “ロッチ”偽物ビックリマンに子供が泣いた!?80年代の駄菓子屋付近で見かけた”コスモス”の嘘のようで本当の話

  • 愛しく懐かしい日々!昭和80年代生まれの筆者が過ごした子供時代

  • 昭和後期の子供が夢中になった懐かしいおもちゃ”ミニ四駆”