1. TOP
  2. おもちゃ
  3. 昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

平成のおもちゃ(玩具)と言えばゲームが浮かび、ゲームと言えばスマホでアプリと反射的に思ってしまいますよね?


ですが今、昭和世代の玩具が、懐かしさも相まってじわじわときているのをご存知でしょうか?


それらは単純で、未熟で、本能的で、意外に手間暇がかかるものもありますが癒されます。


今日は昭和に発売され、当時、流行した玩具のゲームを年代順に集めてみました。



ダイヤモンドゲーム|株式会社ハナヤマ(昭和14年)



ダイヤモンドゲーム
出典:http://www.hanayamatoys.co.jp/product/category/game/game/king-diamond.html


元は1892年にドイツで生まれました。2~3人で行いキングが1つ。すべての駒をジャンプしながら移動させるゲームです。日本では昭和14年に(株)ハナヤマが家庭用ゲーム版として発売しました。


ダイヤモンドゲームはどこの家にもあったのではないでしょうか?コピットゲーム、ルートゲームなど裏表にゲームがあり、必要な小道具がセットになって一つの箱に入ってました。


私はもっぱら兄弟が相手ですが、お正月などは親戚やいとこ達も参戦。昭和のゲームの特徴でしょう。対戦相手には困りません。でも、駒が多いゲームなので、無くしてしまうと大変です。大抵、兄弟喧嘩になりゲームもできなくなるというオチでした。


野球ゲーム|エポック社(昭和33年発売)



野球ゲーム
出典:http://epoch.jp/ty/yakyuban/history_1970.html

1958年に初代が発売されました。高級家具職人の作でお人形はこけしだったそうです。当時、人気のテレビ番組は、プロレス・相撲・そして野球でした。野球は確かナイターとデイゲームがありました。


直球からカーブやシュートの変化球も投げられる野球ゲームは、大人から子供まで大人気!昭和44年にはアニメの巨人の星の消える魔球が一大ブームを巻き起こし、大ヒットとなりました。


昭和57年に発売の「巨人軍原選手のパーフェクト野球盤B型」はなんと人工芝で8年間のロングセラー商品になりました。この商品で遊んだ人は多いと思います。


野球ゲームは2014年まで作られましたが、今は製造していません。


ソフトグライダー|ツバメ玩具製作所(昭和35~45年)1960年代



プロペラ付ソフトグライダー
出典先HP:http://www.wetwing.com/tsubametoy/index.html


模型飛行機を代表するパーツ組み立て式の飛行機型玩具。素材は発泡スチロールです。翼の角度を微調整をすることで、安定して安全に飛ばして遊ぶことができます。


遊び方は2種類で、「手投げ式」は手で投げるだけ。「ゴムとばし式」はゴムでパチンコのように飛ばすことができます。どうやって面白く遊ぶかが勝負どころですね。「ゴムとばし式」の方は綺麗に一回転するので人気です。


昔、作って飛ばした記憶はありませんか?


とても軽くて小型なので体育館などの広い場所があれば屋内でも飛ばすこともできます。飛距離の競争はいかがでしょう。プロペラがクルクル回るってかわいいですよ。


ツイスター|タカラトミー(昭和41年)1966年


ツイスター タカラトミ55
出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/twister/

1965年にアメリカで生まれたパーティー向きのゲーム。スピナー(審判)の指示に従いマット上で手や足を置いていき、最後までバランスを崩さず倒れないことを競うゲームです。


多数でも遊べて、プレーヤーが無理な位置に手足を置く羽目になり、面白いポーズで必死にこらえる姿がパーティーを盛り上げるポイントですね。


このゲームをやった頃は子供でしたから体もくにゃくにゃでした。誰とくっつこうと、全く気にしなかったけれど、今なら、メンバーによっては嬉しかったり、断る口実を考えたりと大変かもしれません。


人生ゲーム|タカラトミー(昭和44年)1968年


人生ゲーム1968年初版
出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/whats/whats/index.html

人生ゲームの歴史は長く1860年にアメリカンドリームを象徴するゲームとして誕生し、世界中30か国で行われる人気です。日本では昭和43年「人生、山あり谷あり」のコピーテレビCMとともに発売されました。


「いざなぎ景気」の真っただ中。自分を表す自動車型のコマ、ボード上の立体的な山や建物、ドル札おもちゃ紙幣のやり取りしながら、さまざまな出来事をルーレットで進む「人生ゲーム」は子供だけでなく大人までも夢中になりました。


あれからの世界は、オイルショックや金融危機など、ゲームを越えた困難がありましたね。今の平成世代は、なにもない素の自分から夢を持ち続けることができるのでしょうか。


時代や環境は変わっても、当時、子供だった自分も、そしてこれから大人になる子供たちにも夢を探し求め、危険を避けながらゴールを目指す疑似体験。ただ楽しく、だけど考えて遊べるゲームですね。


テレビテニス|エポック社(昭和50年)1975年



エポック社テレビテニス
出典:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20120209/71/715681/1/476x357x56036b445189830ef578d077.jpg

1975年。テレビテニスは日本で初めて発売された家庭用テレビゲーム機です。ボールを弾き合う対戦ゲーム。この昭和の時代に、UHF電波を使ってワイヤレスで操作可能であったのが驚きです。
参考サイト:https://matome.naver.jp/odai/2133104841220177901


実は同じくらいの時期に、これに類似したものを兄の友人がテレビに取り付けてくれて、少しだけ遊んだことがありました。


その時の衝撃は今も鮮明です。だって、テレビの中のキャラクターを走らせたりボールをけらせたり自在に動かせるのですもの!当時、テレビは見るだけのもの。断じてこちらで動かせるものではありませんでした。


もう一度やってみたいと思ってました。その願いは8年後の1983年、任天堂がファミリーコンピューター(ファミコン)を発売して叶いました。あれはファミコンの原型だったんですね。



ネットを誰もが楽しめるところまで作り上げ、日本はすごいおもちゃゲームを開発しました。




黒ひげ危機一発|タカラトミー(昭和50年)1975年



黒ひげ危機一髪
出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/kurohige/products/


黒ひげ危機一発は昭和50年に発売されました。「ききいっぱつ」の漢字は「一髪」が正しいのですが、商品名は「一発」が正当です。縄で縛られ樽にいる黒ひげを仲間が助けるためひとりひとりナイフを刺して縄を切り、「黒ひげが飛び出したら勝ち」というゲームです。


1976年、フジテレビに『クイズ・ドレミファドン!』という番組があり、黒ひげ危機一発が、「飛び出したらボーナス没収」というルールで採用されていました。この事が「飛び出したら負け」のイメージを定着させてしまったようです。


やったことある人に質問です。まだ一度も黒ひげが飛び出したことがありません。これは運が良いのか悪いのかどちらでしょうか?


ウォターゲーム |タカラトミー(昭和51年) 1976年発売


出典:http://nendai-ryuukou.com/1960/toy.html

昭和51年に発売された癒し系ゲームです。


「輪投げ」はありますが、こういったふわんとした輪投げを覚えていますが?種類も豊富で、中には全部を完成できない難しいバージョンもあるようです。


オススメは「カエル」。ボタンを押すとカエルが上に動き、ボール(餌?)を子カエルに与えるというもの。なんともお顔がキュートです。


ボタンを押して空気で輪を飛ばし水中の棒にかけるのですが、結構難しくて、あまりに入らないと、無駄と知りつつ、つい本体を左右上下に揺すったりします。すると、せっかく苦労していれた別の輪がふわんと抜け出てしまうんですよね。


あくまでも癒しを求める人は、ゆる~い簡単にできるタイプをお選びいただくことをおすすめします。


ポカポンゲーム|エポック社(昭和51年)1976年



ポック社ポカポンゲーム3
出典:http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e217997755


これも同じく1976年にエポック社からの発売です。玩具ではあるけれども、つい向きになってしまいます。このゲームの説明もふるっていて、「ボタンを押してハンマーで相手の頭を飛ばした方が勝ちとなるゲームです」


これ、公式HPに記載されたコピーです。途中で殴られて首が横や後ろを向いてもまだ戦えます。それがまためちゃくちゃ笑えます。


同じくエポック社から「ドンケツ」というの商品が同時期に発売してます、お察し通り尻で「どん!」。相手が前のめりに倒れたら勝ちというゲームです。当時、このペアはイケイケどんどん人気者でした。


いかがでしたか?年齢も体格も体重も役職もなにも関係ない昭和のゲーム。ついつい力がはいって、おもちゃを壊しそうな勢いでボタンを押す人にならない程度に、懐かしいゲームをしてみてはいかがでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hasumi

hasumi

この人が書いた記事  記事一覧

  • 昭和のヒット玩具のゲーム特集!これぞレトロ!楽し癒しの世界

  • 懐かしい昭和の自動車!マイカーは夢とステータスだった

  • 懐かしいだけじゃない!昭和のイラストはかわいいの原点

  • 昭和のcm12選!懐かしいフレーズや音楽は当時の最先端だった