1. TOP
  2. テレビ番組
  3. 1960年代に好きだったテレビドラマは?お色気?それともアクション?

1960年代に好きだったテレビドラマは?お色気?それともアクション?

昭和時代を懐かしく感じてみたい…。そんな望みを叶えてくれるもののひとつに「テレビドラマ」があります。そのタイトルを聞いただけで、自分が当時何歳くらいで何をしていたかが浮かび上がってくるのではないでしょうか。今回は、長い昭和の中でもちょうどお茶の間にテレビが普及し始め、放映されたドラマの数が増えた時代1960年代にスタートした人気ドラマをご紹介します!

現代のドラマは3ヶ月を1クールとするものがほとんどですが、1960年代は人気があれば何年も続いたものも少なくありませんでした。そのため、1960年代にヒットし、1974年くらいまで継続して放送されたものも含めてピックアップしています。ご自身の昔を思い出しながら、ご覧になってください。

 

1960年の名作邦画については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、チェックしてみてください。

>>>昭和の名作邦画Ⅱ 1960年代懐かしすぎっ!

 

【特別機動捜査隊/NET(テレビ朝日)】 
 1961年~1977年 22:00~23:00(58分)/水曜日

(出典:https://www.toeich.jp/program/1T0000000490/201702)

日本では初めてとなる1時間ものの連続ドラマで、視聴率は常時30%以上、15年半も続きました。放送回数は全801話。1時間ものの刑事ドラマの中ではもっとも多く放送されたという記録を誇る大人気番組で、波島進、中山昭二、青木義朗、里見浩太朗、亀石征一郎などが出演。ドラマの中では、当初は立石班だけでしたが、後に藤島班が設定され、班のローテーション、もしくは合同での捜査が描かれました。「警視303、直ちに現場へ急行せよ!」がこのドラマの名ゼリフとして有名です。

(一言コメント)父親が欠かさず見ていた記憶があります。最多放送の刑事ドラマは「太陽にほえろ!」かと思っていましたが違ったんですね…。

【女と味噌汁/TBS】 
1965年~1980年 21:00~21:54(54分)/日曜日

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=doUH2A9aHO0)

東芝日曜劇場の中で平岩弓枝脚本、石井ふく子プロデューサーの人気単発テレビドラマとしてシリーズ化され、1年の間に2~3回、15年間で合計38話放送されました。主役は、池内淳子、山岡久乃、長山藍子の3人。亡くなった母親の借金を背負った、池内扮する芸者「てまり」が主人公。そのてまりと、周りの男性たち、芸者たちとの人間模様が描かれました。

(一言コメント)「東芝日曜劇場」この枠、なつかしいですね。1956年からスタートしていましたが、しばらくは一話完結のドラマだったそうです。

【時間ですよ/TBS】 
1965年~1990年 日曜日

橋田寿賀子脚本、石井ふく子プロデューサーがつくったホームドラマで、銭湯松の湯を舞台に描かれました。十七代目中村勘三郎、森光子、中原ひとみが出演、1965年に東芝日曜劇場の単発ドラマとしてスタートし、3回放送されました。人情ドラマとしてお茶の間に大変好評だったため、1970年~シリーズ化。

(一言コメント)39年生まれの私の記憶にあるのは、1970年~スタートした堺正章、浅田美代子、天地真理出演の3回目のリバイバル。単発ドラマがあったとは…知りませんでした。挿入歌「赤い風船」「街の灯り」がなつかしい!ちなみに、最初からお決まりの女湯ヌードシーンがあったそうです。

【氷点/NET(テレビ朝日)】 
1966年~1969年 22:00 – 23:00日曜日

朝日新聞朝刊に連載された長編小説をドラマ化したもの。1963年に朝日新聞社が小説を募集した際に、当時無名だった三浦綾子が応募し入選。賞金が1000万円と高額であったことでも話題となりました。若尾文子、大楠道代(当時:安田道代)、山本圭、船越英二、森光子らが出演。継子に対する継母のいじめ、義兄妹同士の恋愛について描かれたこのドラマは、最終回42.7%(関東)という高視聴率を記録するほど異常なまでの人気を得ていました。

(一言コメント)氷点は、2時間ドラマでしか見た記憶がないので、このころのじっくり描いた連続テレビドラマでもう一度見てみたいものです。

【白い巨塔/NET(テレビ朝日)】 
1967年4月8日~同年7月1日: 22:00~23:00/土曜日
1967年7月7日~同年9月29日:21:00~21:56/金曜日

対象的な考え方の2人の医師を描く長編小説をドラマ化。サンデー毎日に連載された当初は、1963年9月号~1965年6月号までの掲載で第一審までで完結することになっていましたが、大反響となったため、1967年7月~1968年6月まで続編が描かれたとのこと。

これまでに、山崎豊子原作の白い巨塔は5回リメイクされ放送されていますが、この1967年放送のモノクロ作品が初回放送。財前五郎(第一外科助教授 → 教授)を佐藤慶が、里見脩二(第一内科助教授)を根上淳が、東貞蔵(第一外科教授)を山形勲が、鵜飼医学部長(第一内科教授・医学部長)を河津清三郎が、大河内教授を佐々木孝丸が演じました。

(一言コメント)佐藤慶さんの財前先生と、根上淳さんの里見先生。このお二人の白い巨塔は、もっと重々しい雰囲気だったんでしょうね。

【コメットさん/TBS】 1967年~1968年
19:30~20:00(30分)/月曜日

(出典:http://textream.yahoo.co.jp/message/1835579/a1fca1a1fcbba3bepjsa5ka5ea1bca59a1a1a1fc/1/939)

宇宙からやってきた魔法使いのコメットさんが、次々に魔法で問題を解決するという内容の漫画(週刊マーガレット連載)を九重佑三子主役でドラマ化。ブラザー劇場の時間帯で放送されました。コメットさんはバトンを持って魔法を使い、住み込みで働くお手伝いさん。実写とアニメを合成して作成した箇所もあったそうです。第2期の大場久美子主演のコメットさんは、1978年~1979年に放送されています。

(一言コメント)九重佑三子さんのショートカットのコメットさん。なんとなく覚えています。お手伝いさんだったとは…。すっかり忘れていました。

【キイハンター/TBS】 
1968年~1973年 21:00~21:56(56分)/土曜日

http://blogs.yahoo.co.jp/dokin1218/40834894.html

大都会東京に設置された架空の国際警察特別室。室長の村岡(仲谷昇)の指令に従い、6人のキーハンター(丹波哲郎、野際陽子、川口浩、谷隼人、大川栄子、千葉真一)が悪と戦うストーリー。いつも最高のチームワークでドラマが展開され、ときにどんでん返しがあったり千葉真一のアクションがあったりと見どころ満載のドラマでした。全262話放送され、視聴率30%超。ハードボイルドの決定版といえるでしょう。

(一言コメント)土曜の夜はいつもテレビの前にかじりついて見ていた「キーハンター」。タイトルを聞いただけで、あのテーマソングが甦ってきます。歌い出しが「あ~あの日愛した人の~」という番組終了後に流れる野際陽子の『非常のライセンス』は今でも歌えます。とにかく、千葉真一のアクションがかっこよかったですね。

【プレイガール/東京12チャンネル】 
1969年~1974年 21:00~21:56/月曜日

https://www.toeich.jp/program/1T0000006101/201702

当時流行りのミニスカートを履いた国際秘密保険調査員の女性たちが、前蹴りなどの格闘技を繰り広げるお色気女性アクションドラマ(全287話)。沢たまき(オネエ)、蘭芳(ランファン)、緑魔子(マコ)、桑原幸子(ユッコ)、真理明美(アケミ)、范文雀 (ユーミン)、深田ミミ(ミミ)、戸川昌子(おっかさん)などが出演。パンチラシーン、水着姿、ヌードシーンなど、今ではあまり見られないお色気シーンが満載でした。

(一言コメント)親が見ているのをこっそり覗いて見ていた記憶が…。子ども心にも、お姉さまたちのお色気シーンにドキドキしていました。

子どものころに見たテレビドラマを、当時を振り返りながらご紹介しました。昭和39年生まれの私の場合、ちょうど0歳~5歳までの間に放送がスタートし9歳~10歳ごろまで続いたドラマも含まれていましたので、結構記憶に残っているものも多くあり、とにかく懐かしかったです。何十年も前に見たドラマであるにもかかわらず、印象に残っているワンシーンが意外にも鮮明に甦ってきたことに、自分でも驚いています。

また、シーンと一緒に主題歌や挿入歌のメロディーまでもが頭の中で鳴り始め、懐かしさを通り越してその時代のさまざまなことを思いだし、タイムスリップしてしまいました。

もともとドラマ好きな私は毎クールいろいろなドラマを見ているので、現代も心に残るよい作品が数多く登場していることを知っています。でも、最近のドラマは思い出せなくても、なぜか過去の古いドラマは甦ってくる…。それだけ子ども心に突き刺さる内容のものが多かった、もしくは、子どもの頃に見たからこそ新鮮で印象に残ったのかもしれません。

次回は、1970年代のヒットテレビドラマをご紹介しますので、ぜひご覧になってください。お楽しみに!

 

1960年代の米TVドラマについてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

>>>昭和あるある 米TVドラマ懐かしすぎ!1960年代

 

\ SNSでシェアしよう! /

showa-loveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

showa-loveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kyouka

kyouka

ライター歴15年。
東京オリンピックが開催された昭和39年生まれの女性フリーライターです。
昭和生まれの方々、そしてスマホ時代の若い世代にも”昭和”の魅力を伝えていきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「1970年代を代表する美人」誰を思い浮かべますか?~美しすぎた昭和の女優たち~

  • 『懐かしい給食』を食べたくなった人必見♪~あのメニューを味わえる場所へ!全国各地で味わえる通販も~

  • あなたの十八番はなんですか?~昭和のカラオケ名曲大集合!~

  • 昭和の香りが思いっきり漂う【商店街】~レトロ感満載の町並みにお連れします~